池坊専慶 – 草花の美を詰め込む立花の始祖

池坊専慶 – 草花の美を詰め込む立花の始祖

池坊立花の創始者

池坊立花の創始者

池坊立花の創始者

池坊専慶(いけのぼう せんけい)は、室町時代後期から戦国時代にかけての僧侶、華道家です。池坊立花の創始者として知られており、草花を洗練された形で表現する立花を考案しました。

専慶は、1495年に近江国(現在の滋賀県)で生まれました。幼い頃から仏教に親しみ、18歳の時に出家しました。その後、各地を巡りながら仏教の教えを学び、花をいけました。

1542年、専慶は京都の東福寺に招かれ、住職となりました。東福寺は、室町時代から戦国時代にかけて京都を代表する禅寺であり、多くの文化人が集まる場所でした。専慶は、東福寺で花をいけながら、立花の独自のスタイルを確立していきました。

立花とは、草花を立てて生ける花のスタイルです。立花は、平安時代から鎌倉時代にかけて誕生したとされ、室町時代には盛んに発展しました。専慶は、立花をより洗練された形で表現するために、新しい技法を考案しました。

専慶の立花は、草花を洗練された形で表現する点に特徴があります。専慶は、草花を細やかに観察し、その美しさを表現するために、独自の技法を考案しました。専慶の立花は、自然の美しさをそのままに表現したものであり、多くの人々を魅了しました。

専慶は、立花の独自のスタイルを確立しただけでなく、華道に関する書物も執筆しました。専慶の書物は、後世の華道家に大きな影響を与えました。専慶は、池坊立花の創始者としてだけでなく、華道の発展に大きく貢献した人物としても知られています。

金瓶での華道の披露

金瓶での華道の披露

-金瓶での華道の披露-

池坊専慶は、金瓶という金属製の瓶に花を生けて華道の披露を行いました。これは、それまで花瓶や壺などの陶器や磁器を使用していた華道界において、革新的な試みでした。金瓶は、銀瓶や銅瓶などとともに、花瓶として使用されていましたが、専慶が金瓶で華道の披露を行ったことは、華道界に大きな衝撃を与えました。

専慶が金瓶で華道の披露を行った理由は、金瓶の持つ華やかさと高級感を利用して、華道の美しさをより際立たせるためでした。金瓶は、華道の美しさを引き立てるのに最適な素材であり、専慶の華道の披露は、金瓶の美しさと華道の美しさが相まって、人々を魅了しました。

専慶の華道の披露は、人々から大きな反響を呼び、金瓶での華道は瞬く間に広まりました。金瓶での華道は、従来の華道とは異なる美しさがあり、多くの人々に愛好されました。専慶の華道の披露は、華道界に大きな変革をもたらし、現在でも金瓶での華道は、華道の一つのスタイルとして定着しています。

仏前供養から鑑賞用立花への展開

仏前供養から鑑賞用立花への展開

-仏前供養から鑑賞用立花への展開-

池坊専慶は、仏前供養のための立花を芸術の域に高め、鑑賞用立花として確立した人物です。立花とは、花や葉などの植物を花器に生けて飾る日本の伝統的な生け花の一種です。

立花は、仏教の儀式で使用される供花として始まり、やがて室町時代には、武家や公家などの上流階級の間で鑑賞されるようになりました。池坊専慶は、立花をより芸術的なものにするために、様々な工夫を凝らしました。

まず、専慶は、立花に使用する花や葉の種類を増やしました。それまでは、供花として使用されていた花や葉は限られていましたが、専慶は、より多くの花や葉を使用することで、立花の表現力を高めました。

また、専慶は、立花をより立体的に生けるようにしました。それまでは、立花は平面的に生けられていたことが多く、奥行きがあまりありませんでした。しかし、専慶は、立花をより立体的に生けることで、よりダイナミックな印象を与えるようにしました。

さらに、専慶は、立花に様々な花器を使用しました。それまでは、立花は決まった花器を使用することが多かったのですが、専慶は、様々な花器を使用することで、立花の表現力を高めました。

このように、池坊専慶は、立花に様々な工夫を凝らしたことで、立花をより芸術的なものにし、鑑賞用立花として確立しました。

池坊専慶の立花は、その美しさから、多くの人々に愛され、やがて、日本の伝統的な生け花として広く普及しました。現在でも、池坊専慶の立花は、多くの花道家に受け継がれており、日本の文化として大切にされています。

タイトルとURLをコピーしました