九戸政実-戦国時代の武将

九戸政実-戦国時代の武将

九戸政実の生涯

九戸政実の生涯

-九戸政実の生涯-

九戸政実は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。南部氏の家臣であり、九戸城を本拠地とした。通称は九戸弾正。

政実は、南部晴政の三男として生まれた。早くから武勇に優れ、晴政の信任を得て重臣に抜擢される。永禄11年(1568年)、晴政の嫡男・晴継が死去すると、政実は晴継の遺児・信直を擁立して家督を継がせ、実権を握った。

信直が成人すると、政実は隠居して九戸城に退いた。しかし、信直は暗愚無能で、南部氏は急速に衰退していった。天正18年(1590年)、豊臣秀吉の奥州仕置により、信直は改易され、政実は再び南部氏を率いることとなった。

政実は、南部氏の再興に尽力し、領内の復興と軍備の強化に努めた。慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いでは、徳川家康に味方して功績を挙げ、陸奥国盛岡藩10万石の領主となった。

慶長19年(1614年)、政実は死去した。享年67。

政実は、戦国乱世を生き抜いた名将であり、南部氏の再興に貢献した名君である。

大崎・葛西一揆と九戸政実

大崎・葛西一揆と九戸政実

– 大崎・葛西一揆と九戸政実

大崎・葛西一揆とは、天正18年(1590年)に奥州(現在の東北地方北部)で起こった一揆である。一揆の首謀者は、大崎氏の家臣である葛西高清と九戸政実である。

一揆のきっかけとなったのは、豊臣秀吉による奥州仕置である。奥州仕置とは、秀吉が奥州の諸大名に対して行った領地削減と改易である。これにより、大崎氏と葛西氏は所領を大幅に削減され、家臣たちの多くが失業した。

失業した家臣たちは、葛西高清と九戸政実に蜂起を促した。葛西高清と九戸政実は、秀吉の圧政に不満を抱いていたため、一揆に参加することを決意した。

一揆は、天正18年(1590年)2月に勃発した。一揆軍は、秀吉の奥州仕置を実行した諸将を襲撃し、次々と勝利を収めた。しかし、秀吉は、一揆を鎮圧するために、大軍を奥州に派遣した。

一揆軍は、秀吉の軍勢に敗れ、葛西高清と九戸政実は自害した。一揆は、わずか3ヶ月で鎮圧された。

大崎・葛西一揆は、秀吉の奥州仕置に対する不満が爆発したものである。一揆は、秀吉の権力の強さを示す事件となった。

九戸城の落城と政実の最期

九戸城の落城と政実の最期

九戸政実-戦国時代の武将

九戸城の落城と政実の最期

九戸政実は、戦国時代の武将である。南部氏の一族であり、南部晴政の重臣として活躍した。しかし、晴政の死後、南部氏の家督を巡る争いに巻き込まれ、豊臣秀吉の仲介で和睦が成立した。しかし、その後も南部氏内部の争いが続き、政実は豊臣氏に反旗を翻した。しかし、豊臣軍に敗北し、九戸城は落城した。政実は自害して果てた。

九戸城の落城は、南部氏衰退の始まりとなった。南部氏はこの戦いで多くの家臣を失い、豊臣氏の支配下に入った。豊臣氏は南部氏を改易し、南部氏は滅亡した。

政実の死は、戦国時代の終わりを告げる事件となった。政実は、戦国時代の最後の武将の一人であり、彼の死をもって戦国時代は終焉した。

政実の最期については、様々な説がある。最も有名な説は、政実が自害して果てたという説である。この説は、政実が自らの刀で腹を切ったという記録が残っていることから有力視されている。

また、政実は豊臣軍に捕らえられ、処刑されたという説もある。この説は、政実が豊臣軍に連行されたという記録が残っていることから有力視されている。

しかし、政実の最期については、現在でもはっきりとしたことはわかっていない。

タイトルとURLをコピーしました