戦国時代を駆け抜けた武将、久野宗能

戦国時代を駆け抜けた武将、久野宗能

久野宗能の生涯

久野宗能の生涯

– 久野宗能の生涯

久野宗能は、戦国時代後期に活躍した武将です。美濃国加茂郡久野城(現在の岐阜県加茂郡坂祝町)を本拠地とし、織田信長や徳川家康らと戦いました。

宗能は、久野盛政の長男として天文11年(1542年)に生まれました。幼名は与十郎。永禄2年(1559年)に父が死去すると家督を継ぎ、久野城主となりました。

宗能は、美濃国守護代斎藤氏に従属していましたが、永禄10年(1567年)に斎藤氏を滅ぼした織田信長に臣従しました。信長は、宗能に美濃国の加茂郡と土岐郡を与え、家老として取り立てました。

宗能は、信長の家臣として各戦地に転戦し、功を上げました。元亀元年(1570年)には、姉川の戦いで浅井・朝倉連合軍を破り、天正2年(1574年)には長篠の戦いで武田氏を破りました。

天正3年(1575年)、信長は、越前国の一向一揆を鎮圧するために軍勢を派遣しました。宗能もこの軍勢に参陣しましたが、一向一揆の猛攻を受けて戦死しました。享年34。

宗能の死後、久野氏は衰退し、最終的には改易されました。しかし、宗能の功績は永く語り継がれ、現在でも岐阜県加茂郡坂祝町には宗能を祀る神社が残っています。

– 久野宗能の逸話

久野宗能は、戦国時代を駆け抜けた武将であり、その生涯には多くの逸話が伝えられています。

その中で、最も有名な逸話が「宗能の三献」です。

ある日、宗能は信長の酒宴に招かれました。宗能は、信長の勧めもあって三献も酒を飲みました。すると、宗能は突然立ち上がり、信長に一騎打ちを申し入れました。

信長は、酔っ払った宗能を相手にせずにその場を収めました。しかし、宗能はその後も信長に一騎打ちを申し入れ続けました。

ついに、信長は宗能の申し入れを認め、両者は一騎打ちを行うことになりました。

一騎打ちの場所は、清須城の近くの野原でした。宗能と信長は、馬に乗って向かい合い、槍を構えました。

両者は、一進一退の攻防を続けました。しかし、次第に宗能が優勢になりました。宗能は、信長の馬の足を切り落とし、信長を落馬させました。

信長は、馬から降りて、宗能に切りかかろうとしました。しかし、宗能はすかさず槍を突き出し、信長の胸を貫きました。

信長は、絶命しました。

この逸話は、宗能の武勇と気迫を物語っています。宗能は、信長に一騎打ちを申し入れ、見事に討ち取ったのです。

この逸話は、現在でも岐阜県加茂郡坂祝町に残る「宗能の三献」という地名の由来となっています。

久野宗能の功績

久野宗能の功績

久野宗能の功績

1. 畿内において鍵を握る大坂を巡り、激しく争われた「天王寺の戦い」において功績を挙げる。
2. 播磨国に加封され、その地域において守護代として統治する。
3. 正親町天皇に認められ、当時権勢を誇っていた細川政権より、近江国守護に任命される。
4. 戦火で荒廃していた大津城を修築し、湖上交通の要地として機能させる。
5. 江口の戦いで織田信長に臣従する。
6. 信長に対して、謀反を起こした本願寺と講和の仲介役となる。
7. 信長が本能寺の変で自害した後は、豊臣秀吉に仕え、伊勢国津城城主となる。
8. 関ケ原の戦いにおいては西軍に属し、負傷するものの、徳川家康から所領安堵を認められる。
9. 大坂夏の陣において、大坂城にて幕府軍と激しく激突、奮戦するも、敵将・藤堂高虎に討たれる。

久野宗能は、戦国時代の動乱期にあって、各地で功績を挙げた武将でした。その武勇と統治能力は、織田信長や豊臣秀吉、徳川家康といった天下人からも認められていました。

天王寺の戦いでの活躍や、大津城の修築、伊勢国津城城主としての功績などは、宗能の優れた軍事的能力と統治手腕をよく示しています。また、本願寺との講和の仲介役を務めたことは、宗能の外交能力の高さもうかがわせます。

関ケ原の戦いでの西軍への参加や、大坂夏の陣での奮戦は、宗能の忠義心と武勇を物語っています。宗能は、戦国時代の動乱期にあって、一武将として数々の武功を挙げ、乱世を生き抜いた人物でした。

久野宗能の逸話

久野宗能の逸話

-久野宗能の逸話-

-*非凡な戦略家-*

久野宗能は、優れた戦略家として知られています。彼の最も有名な逸話は、弘治2年(1556年)の江北の戦いで、朝倉軍3万人を相手に2千の兵で勝利を収めたというものです。この戦いで、宗能は朝倉軍を奇襲し、大混乱に陥れたことで知られています。
また、永禄11年(1568年)の織田信長による越前侵攻の際に、朝倉軍の総大将として信長軍を相手に善戦を繰り広げ、信長に「日本一の兵法者」と評されたという逸話も残っています。

-*用の美徳-*

久野宗能は、清廉潔白さと忠義の士として知られています。弘治3年(1557年)に朝倉義景から越前一乗谷の城代に任じられた際、宗能は「私はこの城に私物の持ち込みは一切しない」と宣言し、城内に私物や贅沢品を一切持ち込まなかったという逸話が残っています。
また、永禄3年(1560年)に朝倉義景が越後の上杉謙信に敗れた際、宗能は朝倉義景を諫めて和睦を勧め、朝倉家の窮地を救ったという逸話も残っています。

-*豪胆で勇敢な武将-*

久野宗能は、豪胆で勇敢な武将としても知られています。永禄12年(1569年)の姉川の戦いで、宗能は織田信長率いる大軍を相手に奮戦し、討死するまで戦い続けました。この戦いで、宗能は「日本一の兵法者」と評された織田信長を相手に互角に戦ったことで知られており、その武勇は後世に語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました