久場政盛→ 沖縄の警察官、社会事業家

久場政盛→ 沖縄の警察官、社会事業家

警察官としての活躍

警察官としての活躍

-警察官としての活躍-

久場政盛は、明治31年(1898年)に沖縄県警察部に奉職しました。巡査として着任した久場は、その高い能力と真面目な仕事ぶりで頭角を現し、わずか1年で巡査部長に昇進しました。その後も着実に昇進を重ね、明治38年(1905年)には警部補、明治43年(1910年)には警部に昇進しました。

久場は、警察官として多くの功績を残しました。特に、沖縄県を悩ませていた密売や賭博の取り締まりに力を入れ、これらを取り締まることで社会の治安を向上させました。また、久場は警察官としてだけではなく、社会事業にも熱心に取り組みました。明治40年(1907年)には、沖縄県社会事業協会の設立に尽力し、同協会の初代会長に就任しました。沖縄県社会事業協会は、沖縄県の社会事業の発展に大きく貢献し、久場は社会事業家としても大きな功績を残しました。

久場は、明治45年(1912年)に警察官を退職しました。しかし、退職後も社会事業に尽力し続け、沖縄県の社会事業の発展に貢献しました。久場は、大正13年(1924年)に死去しましたが、その功績は現在でも語り継がれています。

郷土博物館設立への貢献

郷土博物館設立への貢献

-郷土博物館設立への貢献-

久場政盛は、郷土博物館の設立にも積極的に関わりました。彼は、1933年に那覇市に設立された沖縄県郷土博物館の初代館長を務め、1936年には沖縄県博物館協会を設立して初代会長に就任しました。

久場政盛は、郷土博物館の設立を、沖縄の歴史と文化を保存し、後世に伝えるために必要な事業であると考えました。彼は、博物館には、沖縄の歴史に関わる資料や民具、工芸品などを収集・展示し、沖縄の歴史や文化に関する調査・研究を行うべきだと主張しました。

久場政盛の努力により、沖縄県郷土博物館は、沖縄の歴史と文化を保存し、後世に伝える重要な施設となりました。博物館には、琉球王朝の時代から近代までの沖縄の歴史に関わる資料や民具、工芸品などが展示されており、沖縄の歴史や文化に関する調査・研究も行われています。

沖縄県郷土博物館は、現在も沖縄の歴史と文化を保存し、後世に伝えるために重要な役割を果たしています。博物館は、多くの観光客や学生が訪れており、沖縄の歴史や文化について学ぶことができます。

久場政盛は、沖縄の警察官、社会事業家として活躍しましたが、郷土博物館の設立にも積極的に関わりました。彼は、郷土博物館の設立を、沖縄の歴史と文化を保存し、後世に伝えるために必要な事業であると考えました。久場政盛の努力により、沖縄県郷土博物館は、沖縄の歴史と文化を保存し、後世に伝える重要な施設となりました。

ハンセン病患者救済活動

ハンセン病患者救済活動

ハンセン病患者救済活動

久場政盛は、沖縄の警察官であり、社会事業家であった。彼は、ハンセン病患者救済活動に尽力したことで知られている。

久場政盛がハンセン病患者救済活動に関わるようになったのは、1894年(明治27年)のことである。当時、久場政盛は沖縄警察の巡査であった。ある日、久場政盛は、ハンセン病患者が路上で物乞いをしているのを見た。久場政盛は、ハンセン病患者が社会から差別され、迫害されていることを知っていた。そして、ハンセン病患者を救済したいと考えるようになった。

久場政盛は、1895年(明治28年)に、沖縄警察を退職した。そして、ハンセン病患者の救済を目的とした団体「沖縄慈恵会」を設立した。沖縄慈恵会は、ハンセン病患者のための病院を建設し、ハンセン病患者の治療や生活支援を行った。

久場政盛は、沖縄慈恵会の会長として、ハンセン病患者救済活動に尽力した。彼は、ハンセン病患者のための募金を呼びかけたり、政府にハンセン病患者の救済を求めたりした。また、久場政盛は、ハンセン病患者を社会から隔離する政策に反対した。

久場政盛のハンセン病患者救済活動は、多くの人の支持を得た。そして、沖縄慈恵会は、多くのハンセン病患者を救った。久場政盛は、ハンセン病患者救済活動の功績を認められ、1934年(昭和9年)に、勲六等瑞宝章を授与された。

久場政盛は、1936年(昭和11年)に死去した。しかし、彼のハンセン病患者救済活動は、今日でも語り継がれている。

タイトルとURLをコピーしました