「生駒利豊」

「生駒利豊」

織豊-江戸時代前期の武士

織豊-江戸時代前期の武士

生駒利豊

織豊-江戸時代前期の武士

生駒利豊(いこまとよとみ、天文14年(1545年) – 寛永9年7月20日(1632年9月4日)、88歳)は、織豊時代に活躍した武将。豊臣氏の家臣として、文禄・慶長の役や関ヶ原の戦いで功績を挙げた。また、江戸時代初期には、豊臣氏の旧臣として徳川氏に仕え、大名として活躍した。

生駒利豊の生涯

生駒利豊は、天文14年(1545年)に摂津国で生まれた。利豊の父、生駒秀行は、三好氏の一族であり、利豊も若い頃から三好氏に仕え、戦功を挙げた。

天正10年(1582年)に、本能寺の変が起こると、利豊は、羽柴秀吉の下に参じた。秀吉は、利豊の勇猛果敢な戦いぶりを気に入り、重臣として登用した。

天正13年(1585年)に、利豊は、四国征伐に従軍し、功績を挙げた。また、天正15年(1587年)には、九州平定にも従軍し、島津氏を降伏させるのに貢献した。

文禄・慶長の役に際して、利豊は、明国に渡海し、戦功を挙げた。また、関ヶ原の戦いにおいても、利豊は、西軍として参戦し、武功を挙げた。

しかし、関ヶ原の戦いで西軍が敗北すると、利豊は、徳川家康に降伏した。家康は、利豊の旧功を考慮して、改易を免れ、豊後国日出藩2万石の領主として封じた。

江戸時代初期には、利豊は、徳川氏に忠誠を尽くし、大名として活躍した。また、利豊は、文武両道に優れ、和歌や茶の湯にも通じていた。寛永9年(1632年)に、利豊は88歳で死去した。

生駒利豊の功績

生駒利豊は、織豊時代から江戸時代初期にかけて活躍した武将であり、数々の功績を残した。

利豊の功績のうち、最も有名なのは、関ヶ原の戦いで西軍として参戦し、武功を挙げたことである。利豊は、関ヶ原の戦いで奮戦し、東軍の猛攻を食い止めた。利豊の活躍は、西軍の敗北を招き、徳川家康の天下統一を決定づけた。

また、利豊は、文禄・慶長の役にも従軍し、戦功を挙げた。利豊は、明国に渡海し、明軍と戦った。利豊の活躍は、明軍の撃退に貢献し、豊臣秀吉の朝鮮出兵の成功に貢献した。

利豊は、武功だけでなく、文治でも活躍した。利豊は、和歌や茶の湯にも通じており、文武両道に優れた武将であった。利豊の文化的な功績は、後世の人々に称賛されている。

生駒利豊の死後、利豊の功績は、その子孫によって受け継がれた。利豊の子孫は、江戸時代を通じて大名として活躍し、幕末までその家系を続けた。

信長の家臣から始まり、名古屋城主徳川義直に仕える

信長の家臣から始まり、名古屋城主徳川義直に仕える

生駒利豊

信長の家臣から始まり、名古屋城主徳川義直に仕える

生駒利豊は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将、大名です。信長の家臣として仕え、後に徳川家康に仕えました。名古屋城主を務め、名古屋の発展に貢献しました。

生駒利豊は、永禄元年(1558年)に尾張国知多郡に生まれました。父は生駒家長の家臣・生駒家一で、母は信長の家臣・丹羽長秀の妹でした。利豊は幼い頃から信長に仕え、天正10年(1582年)の本能寺の変では、信長の嫡男・信忠と共に二条御所で自刃しました。

本能寺の変の後、利豊は徳川家康に仕え、天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いでは、家康の軍勢に加わって戦いました。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、東軍に属して戦功を挙げ、美濃国大垣藩5万石を与えられました。

慶長14年(1609年)に利豊は名古屋城の普請奉行に任じられ、名古屋城の築城に尽力しました。慶長19年(1614年)に名古屋城が完成すると、利豊は名古屋藩主となり、20万石を領有しました。利豊は名古屋城下に町屋や寺社を整備し、名古屋の発展に努めました。

元和2年(1616年)に利豊は死去しました。享年59歳でした。利豊の死後、名古屋藩は徳川頼宣が継ぎました。頼宣は名古屋城を居城とせず、伏見城に移りました。そのため、名古屋城は天守閣が未完成のまま放置され、荒廃していきました。

明治維新後、名古屋城は明治政府に接収されました。明治22年(1889年)に名古屋城は名古屋市に払い下げられ、公園として整備されました。昭和20年(1945年)の名古屋大空襲で名古屋城は焼失しましたが、昭和34年(1959年)に再建されました。名古屋城は現在、国の特別史跡に指定されており、名古屋市のシンボルとなっています。

96歳まで生きた長寿の武士

96歳まで生きた長寿の武士

– 「生駒利豊」

-# 96歳まで生きた長寿の武士

生駒利豊(1526年 – 1622年)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将である。筑前国福岡藩初代藩主。官位は従四位下・侍従。

利豊は、備中国に生まれる。父は生駒家正、母は高政の娘。幼名は小太郎。

1560年、生駒家正が毛利元就に仕えたことを機に、利豊も毛利氏に仕える。その後、毛利元就の三男・毛利輝元のもとで重臣として活躍し、播磨国姫路城の城代を務める。

1594年、豊臣秀吉の死後、輝元は九州に転封される。利豊も輝元に従い、筑前国福岡に領地を拝領する。

1600年、関ヶ原の戦いでは、西軍として参陣するが、戦後に徳川家康に降伏する。家康からは、筑前国福岡藩12万石を与えられ、大名となる。

1610年、徳川家康の命により、福岡に城を築く。福岡城は、現在の福岡市中央区にある。

1622年、利豊は96歳で死去する。利豊の死後、嫡男の生駒利勝が跡を継いだ。

利豊は、戦国時代から江戸時代初期にかけて、毛利氏、豊臣氏、徳川氏に仕えた武将である。96歳まで生きた長寿の武士としても知られている。

タイトルとURLをコピーしました