生駒吉乃 – 戦国時代の女性

生駒吉乃 – 戦国時代の女性

生駒吉乃の生涯

生駒吉乃の生涯

生駒吉乃の生涯

生駒吉乃は、戦国時代の女性で、織田信長の妹として知られています。1533年に尾張国で生まれ、1549年に山内一豊に嫁ぎました。一豊とは、3人の子供をもうけましたが、1570年に一豊が戦死すると、子供たちを連れて尾張国に戻りました。
その後、吉乃は信長の養子となった織田信忠に嫁ぎました。信忠とは、2人の子供をもうけましたが、1582年に本能寺の変で信忠が自害すると、吉乃は子供たちを連れて浪人となりました。

浪人時代には、さまざまな苦労をしましたが、やがて豊臣秀吉に仕えるようになりました。秀吉からは、加賀国の大名を与えられ、前田利家の養女となりました。1610年に利家が死去すると、吉乃は加賀国の統治者となりました。

吉乃は、加賀国を治めるにあたり、藩政の改革を行いました。また、加賀藩の文化の発展にも貢献し、茶道や能楽を奨励しました。1618年に死去するまで、加賀国を治め続けました。

吉乃は、戦国時代の女性の典型であり、その生涯は、戦国時代の女性の生き方を物語っています。また、吉乃は、加賀藩の基礎を築いた名君としても知られており、その功績は、現在でも高く評価されています。

生駒吉乃の家族

生駒吉乃の家族

生駒吉乃の家族

生駒吉乃は、戦国時代の女性で、織田信長の正室でした。彼女には、信長との間に、信忠、信雄、信孝の3人の息子がいました。また、彼女は、信長の弟である信行の正室でもありました。

生駒吉乃の父は、生駒氏当主の生駒親正で、母は、斎藤氏の娘でした。彼女は、1544年に生駒氏当主の生駒親正の娘として生まれました。1564年に、織田信長の正室となり、1565年に、長男の信忠が生まれました。1567年に、次男の信雄が生まれ、1571年に、三男の信孝が生まれました。

生駒吉乃は、1582年に本能寺の変で信長が亡くなった後も、信忠や信雄、信孝を支えていました。しかし、1583年に、信忠が賤ヶ岳の戦いで柴田勝家に敗れて戦死し、1586年に、信雄が豊臣秀吉に降伏し、1590年に、信孝が小田原征伐で戦死しました。

生駒吉乃は、1601年に、58歳で亡くなりました。彼女は、信長やその子供たちと一緒に、京都の建仁寺の塔頭である功運院に葬られました。

生駒吉乃の死

生駒吉乃の死

– 生駒吉乃の死

生駒吉乃は、戦国時代の女性です。織田信長の家臣である生駒家門の娘として生まれ、1564年に16歳で織田信長に嫁ぎました。信長との間に、信忠、信雄、信孝、徳姫、永姫という5人の子供をもうけました。

1582年6月2日、本能寺の変で信長が自害すると、吉乃は二条城に幽閉されました。1583年1月28日、二条城に火が放たれ、吉乃は焼死しました。

吉乃の死には諸説ありますが、最も有力な説は、明智光秀が信長の遺児を皆殺しにするために二条城に火を放ったというものです。また、吉乃が自害したという説や、家臣に殺されたという説もあります。

吉乃の死は、戦国時代の悲劇の一つと言われています。彼女は、信長の死とともに、その生涯を閉じました。

吉乃の死後、信長の遺児たちは、各地に分散しました。信忠は本能寺の変で自害し、信雄は尾張に逃れました。信孝は京都で自害し、徳姫は豊臣秀吉に嫁ぎました。永姫は、北条氏政の息子である北条氏直に嫁ぎました。

吉乃の死は、戦国時代の終わりを告げる事件の一つと言われています。彼女の死とともに、織田信長の時代は終わりを告げ、豊臣秀吉の時代が始まりました。

タイトルとURLをコピーしました