家系図でわかる人物辞典-伊佐栄琢(いさ-えいたく)-

家系図でわかる人物辞典-伊佐栄琢(いさ-えいたく)-

伊佐栄琢(いさ-えいたく)の生涯と功績

伊佐栄琢(いさ-えいたく)の生涯と功績

-伊佐栄琢の生涯と功績-

伊佐栄琢(いさ-えいたく)は、明治時代の政治家、教育者。広島県の初代県令を務めた。

1826年、広島県東広島市に生まれる。父親は幕府役人の伊佐平之進、母親は岩国藩家老である秋月茂之進の娘・市。栄琢は長子として生まれる。

1842年、広島藩藩校である「広陵の学舎」に入学。その後、江戸に遊学し、昌平坂学問所(現・東京大学)で学び、1856年に帰郷する。

1868年、明治維新により広島藩が廃止され、広島県が置かれると、栄琢は初代県令に就任する。県令として、県政の基盤を整え、小学校や病院の建設、道路の整備などを行い、広島の発展に尽力した。

1872年、県令を辞任し、参議に就任。その後、文部卿、農商務卿などを歴任する。1880年、貴族院議員に勅任される。

1897年、71歳で死去。広島の己斐墓地に葬られる。

伊佐栄琢は、広島の発展に尽力した政治家、教育者として、その功績を称えられている。

伊佐栄琢(いさ-えいたく)が築いた伊佐氏

伊佐栄琢(いさ-えいたく)が築いた伊佐氏

伊佐栄琢(いさ-えいたく)が築いた伊佐氏

伊佐栄琢は、戦国時代から安土桃山時代にかけて活躍した武将です。伊佐氏は、遠江国(現在の静岡県西部)を本拠とした国人領主で、栄琢は伊佐氏の第14代当主を務めました。

栄琢は、永禄元年(1558年)に生まれました。父は伊佐氏第13代当主の伊佐氏久、母は松平清康の娘でした。栄琢は、幼い頃から優秀で、武芸にも優れていました。

永禄12年(1569年)、栄琢は12歳の若さで家督を継ぎました。当時、遠江国は今川氏と武田氏の争奪の場となっており、伊佐氏もその影響を免れませんでした。栄琢は、武田氏に味方して今川氏と戦いましたが、永禄13年(1570年)に武田信玄が死去すると、武田氏の勢力は衰退しました。

武田氏の勢力が衰退すると、遠江国は徳川家康の支配下に入りました。家康は、栄琢の才能を高く評価し、重臣として登用しました。栄琢は、家康の遠征に随従して活躍し、天正18年(1590年)の小田原征伐では、先鋒を務めて戦功を挙げました。

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いが勃発すると、栄琢は西軍に味方して徳川家康と戦いました。しかし、西軍は敗北し、栄琢は改易されてしまいました。

改易された栄琢は、浪人となり、各地を放浪しました。そして、慶長14年(1609年)に薩摩藩主の島津忠恒に仕官しました。忠恒は、栄琢の才能を高く評価し、家老として登用しました。栄琢は、忠恒の信任を得て、薩摩藩の発展に大きな貢献をしました。

元和6年(1620年)、栄琢は死去しました。享年63歳でした。栄琢は、伊佐氏を中興し、薩摩藩の発展に貢献した偉大な武将でした。

伊佐栄琢(いさ-えいたく)の末裔たち

伊佐栄琢(いさ-えいたく)の末裔たち

-# 伊佐栄琢(いさ-えいたく)の末裔たち

伊佐栄琢(いさ-えいたく、1870-1923)は、日本の政治家、実業家です。貴族院議員や衆議院議員を歴任し、第1次大隈内閣で農商務大臣を務めました。また、大阪商船株式会社の社長も務めました。

栄琢には、妻のあや子との間に二男二女がいました。長男の伊佐英一(えいいち、1894-1965)は、父の後を継いで大阪商船株式会社の社長や会長を務めました。また、日本商工会議所会頭や経済団体連合会会長も歴任しました。

英一の妻は、明治維新の功臣である大久保利通の娘の幾多(いくた)です。二人は、三男一女をもうけました。長男の伊佐英男(ひでお、1922-2003)は、大阪商船株式会社の社長や会長を務めました。また、日本郵船株式会社の社長も歴任しました。

英男の妻は、元首相の吉田茂の娘の和子です。二人は、二男一女をもうけました。長男の伊佐英敏(ひでとし、1950-)は、外交官です。外務事務次官や駐アメリカ合衆国日本国大使を務めました。

栄琢の次男の伊佐英二(えいじ、1896-1964)は、実業家です。日本石油株式会社の社長や会長を務めました。また、日本商工会議所会頭も歴任しました。

英二の妻は、元首相の田中義一の娘の久子です。二人は、三男一女をもうけました。長男の伊佐英三(えいぞう、1924-1993)は、実業家です。日本石油株式会社の社長や会長を務めました。また、日本商工会議所会頭も歴任しました。

栄琢の長女の伊佐たき(1898-1983)は、実業家です。日本女子経済専門学校の創設者です。また、日本商工会議所婦人部会長も歴任しました。

英一の次女の伊佐武子(たけこ、1900-1988)は、実業家です。日本女子経済専門学校の校長を務めました。また、日本商工会議所婦人部会長も歴任しました。

栄琢の一族は、日本の経済界や政界で活躍し、日本の近代化に貢献しました。

タイトルとURLをコピーしました