「久保田長朝」

「久保田長朝」

江戸時代後期に生きた農民久保田長朝

江戸時代後期に生きた農民久保田長朝

江戸時代後期に生きた農民久保田長朝

久保田長朝(1770~1830)は、江戸時代後期に生きた農民であり、当時の農村社会の生活や風習を記録した「北越雪譜」の著者として知られています。

長朝は、現在の新潟県に位置する越後国頸城郡雁子村(現在の小千谷市)で、農家の長男として生まれました。家は代々庄屋を務めており、長朝自身も若くして庄屋を引き継ぎました。

長朝は、農村の生活や風習に強い関心を持ち、それらを記録するようになりました。1801年に完成させた「北越雪譜」は、農村の年中行事、農業技術、民俗、生活習慣などを詳細に記録した貴重な資料として、現在でも高く評価されています。

「北越雪譜」は、長朝の鋭い観察眼と、農村社会への深い愛情が込められた作品であり、江戸時代後期の農村社会を知る上での必読書となっています。長朝は、農民でありながら、その優れた文章力と観察眼によって、当時の農村社会を後世に伝える貴重な記録を残した偉大な人物です。

長朝は、「北越雪譜」の執筆以外にも、農村の発展のために尽力しました。1810年には、灌漑施設の整備を行い、村の農地の生産性を向上させました。また、1815年には、村の学校である「雁子義校」を創設し、村の子供たちに教育の機会を提供しました。

長朝は、農民でありながら、その優れた才能と努力によって、当時の農村社会の発展に貢献した偉大な人物です。「北越雪譜」は、長朝の農村社会への深い愛情と、その優れた観察眼が込められた作品であり、江戸時代後期の農村社会を知る上での必読書となっています。

名目銀の取り締まりと租税軽減に尽力

名目銀の取り締まりと租税軽減に尽力

-名目銀の取り締まりと租税軽減に尽力-

久保田長朝は、寛政の改革を主導した老中であり、名目銀の取り締まりと租税軽減に尽力しました。

名目銀とは、幕府が鋳造した金銀貨幣のことで、その価値は金銀の含有量ではなく、幕府の信用によって保証されていました。しかし、名目銀の鋳造が進むにつれて、金銀の含有量が低下し、その価値が下落しました。そのため、物価の上昇や経済の混乱が生じるようになりました。

久保田長朝は、名目銀の取り締まりに取り組み、その鋳造を制限し、金銀の含有量を引き上げました。また、租税軽減を実施し、庶民の負担を軽減しました。

久保田長朝の改革により、物価の上昇は抑えられ、経済の混乱も収束しました。また、租税軽減により、庶民の生活は改善しました。

久保田長朝の改革は、幕府の財政を安定させ、江戸時代の経済発展の基礎を築きました。

紛争調停や新田開発で村民を救済

紛争調停や新田開発で村民を救済

-「久保田長朝」-

-紛争調停や新田開発で村民を救済-

久保田長朝は、江戸時代前期の武士、医者、儒学者、農政家です。1603年に越中国砺波郡林村(現在の富山県砺波市)に生まれ、1684年に82歳で亡くなりました。

長朝は、幼い頃から学問を好み、16歳で江戸に出て、儒学を学びました。その後、医術を学び、医師として開業しました。

1637年、長朝は、砺波郡の郡代に任命されました。郡代は、郡の行政を司る役職であり、長朝は、郡内の紛争の調停や、新田の開発などを行いました。

長朝は、郡代として、郡内の紛争を公平に調停し、村民の信頼を得ました。また、長朝は、郡内の新田を開発し、村民の生活を向上させました。

長朝は、郡代を辞任した後も、村民のために働き続けました。1661年、長朝は、砺波郡の豪族である菅沼氏と、村民の間の紛争を調停しました。この紛争は、数十年間続いており、村民は、菅沼氏によって、過酷な労働を強いられていました。

長朝は、菅沼氏と村民の間の交渉を行い、村民の労働条件の改善を勝ち取りました。また、長朝は、菅沼氏に、村民に対して、年貢を減免することを約束させました。

長朝の活躍により、砺波郡の村民は、菅沼氏の圧政から解放され、生活が向上しました。長朝は、村民から「長朝様」と呼ばれ、尊敬されました。

長朝は、1684年に82歳で亡くなりました。長朝の死後、長朝の功績を称えて、砺波郡に「久保田長朝翁顕彰碑」が建立されました。

タイトルとURLをコピーしました