伊作勝久-応永の乱で活躍した薩摩の地頭

伊作勝久-応永の乱で活躍した薩摩の地頭

伊作勝久の生涯

伊作勝久の生涯

– 伊作勝久の生涯

伊作勝久(いさかかつひさ、生没年不詳)は、南北朝時代から室町時代初期の武将。薩摩国伊作荘の地頭。応永の乱で活躍した。

伊作氏は、伊作荘を本拠とした薩摩国の豪族。伊作勝久は、その伊作氏の当主であった。

応永6年(1399年)、鎌倉公方の足利満兼が室町幕府に対して挙兵した際に、伊作勝久は満兼に従った。応永7年(1400年)には、満兼の命を受けて、薩摩国守護の島津元久を攻めた。この戦いで勝久は、元久の弟である島津久豊を討ち取った。

その後、勝久は満兼の側近として活動した。応永9年(1402年)には、満兼の命を受けて、肥前国守護の少弐満貞を攻めた。この戦いで勝久は、満貞を破り、少弐氏を一時的に滅亡させた。

しかし、応永10年(1403年)に満兼が幕府軍に敗れて自害すると、勝久は薩摩国に帰国した。その後、勝久は薩摩国で地頭として活動を続け、応永33年(1426年)に死去した。

伊作勝久は、応永の乱で活躍した武将であり、薩摩国においても有力な地頭であった。勝久の死後、伊作氏は衰退したが、その子孫は薩摩国で活躍し続けた。

総州家島津氏と奥州家島津氏

総州家島津氏と奥州家島津氏

-総州家島津氏と奥州家島津氏-

伊作勝久は、南北朝時代から室町時代にかけての武将。薩摩国伊作庄の地頭であり、応永の乱では足利持氏に味方して活躍した。伊作勝久の出自については、総州家島津氏と奥州家島津氏という2つの説がある。

-総州家島津氏-

総州家島津氏は、肥後国菊池郡に拠った菊池氏の一族で、島津氏の祖である島津忠久が菊池氏から分かれて総州(現在の群馬県)に移住したことに始まる。総州家島津氏は、代々総州の守護を務めており、伊作勝久は総州家島津氏の第10代当主であった。

-奥州家島津氏-

奥州家島津氏は、陸奥国(現在の福島県)に拠った二階堂氏の一族で、島津氏の祖である島津忠久が二階堂氏から分かれて奥州に移住したことに始まる。奥州家島津氏は、代々奥州の守護を務めており、伊作勝久は奥州家島津氏の第9代当主であった。

-伊作勝久の出自をめぐる諸説-

伊作勝久の出自については、総州家島津氏と奥州家島津氏のどちらが正しいかという争いが長年続いている。総州家島津氏の説は、伊作勝久の所領である伊作庄が総州(現在の群馬県)に位置していること、伊作勝久の墓が総州にあることなどを根拠としている。一方、奥州家島津氏の説は、伊作勝久の父である島津忠兼が奥州の守護を務めていたこと、伊作勝久が応永の乱で足利持氏に味方したことなどを根拠としている。

-結論-

伊作勝久の出自については、総州家島津氏と奥州家島津氏のどちらが正しいかという定説はない。しかし、伊作勝久が薩摩国伊作庄の地頭であり、応永の乱で足利持氏に味方して活躍したことは確かである。

応永の乱と伊作城の陥落

応永の乱と伊作城の陥落

– 応永の乱と伊作城の陥落

応永の乱は、室町時代初期に日本各地で発生した内乱です。乱の原因は、室町幕府の権力争いと、各地の守護大名の反乱でした。応永の乱は、幕府軍と反乱軍の双方に多くの死者を出し、最終的に幕府軍が勝利して鎮圧されました。

薩摩の地頭であった伊作勝久も、応永の乱に参加しました。伊作勝久は、幕府軍に属し、反乱軍と戦いました。しかし、応永2年(1395年)、伊作勝久の居城である伊作城は、反乱軍によって攻め落とされました。伊作勝久は、伊作城を放棄して、薩摩国北部へと逃亡しました。

伊作城の陥落は、伊作勝久にとって大きな打撃となりました。伊作勝久は、伊作城を失ったことで、薩摩国における勢力を大きく失いました。また、伊作城の陥落は、幕府軍にとって大きな痛手となりました。伊作城は、薩摩国の中心的な城であり、幕府軍にとって重要な拠点でした。伊作城の陥落によって、幕府軍は薩摩国における優位を失いました。

伊作城の陥落は、応永の乱の戦局を大きく左右した出来事でした。伊作城の陥落によって、幕府軍は薩摩国における優位を失い、反乱軍は勢力を拡大しました。応永の乱は、幕府軍と反乱軍の双方に多くの死者を出し、最終的に幕府軍が勝利して鎮圧されましたが、伊作城の陥落は、応永の乱の戦局を大きく左右した出来事でした。

タイトルとURLをコピーしました