伊作宗久-鎌倉-南北朝時代の武将

伊作宗久-鎌倉-南北朝時代の武将

伊作宗久の生涯

伊作宗久の生涯

-伊作宗久-

– 伊作宗久の生涯
伊作宗久は、鎌倉時代末期から南北朝時代初期にかけての武将である。伊作氏の出身であり、伊作家貞の子として生まれたとされる。幼名は猿丸といい、後に宗久と改名した。

鎌倉幕府の御家人として活躍し、元寇では蒙古軍を相手に奮戦した。また、南北朝の内乱では北朝に属し、足利尊氏を支えた。

伊作宗久の最も有名な軍功は、1333年の霊山合戦である。この合戦で、宗久は1,000騎の軍勢を率いて、楠木正成の軍勢を破った。楠木正成は、この合戦で戦死した。

伊作宗久は、1336年に死去した。享年34歳。

– 伊作宗久の評価

伊作宗久は、武勇に優れた武将として知られている。また、忠義心の厚い人物としても評価されている。しかし、宗久は、残虐な人物としても知られている。宗久は、敵を捕らえては、残忍な方法で殺害したと伝えられている。

伊作宗久は、日本の歴史上、大きな役割を果たした人物である。宗久の功績は、今日でも高く評価されている。

伊作宗久の功績

伊作宗久の功績

伊作宗久の功績

伊作宗久は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した武将です。伊予国伊予郡伊予荘(現在の愛媛県伊予市)の豪族・伊予掾宗久の子として生まれました。

宗久は、若くして鎌倉幕府に仕え、元寇の際には、御家人として従軍して武功を挙げました。その後、鎌倉幕府が滅亡すると、南朝に仕え、九州各地を転戦しました。

宗久の功績で最も有名なのは、1336年(建武3年)に九州探題として九州に下向し、菊池武敏・阿蘇惟直ら南朝方の武将を降伏させたことです。この功績により、宗久は九州探題に任命されました。

九州探題となった宗久は、九州各地を巡視して、南朝方の勢力を抑え、九州の安定に尽力しました。また、宗久は、九州の豪族と連携して、北朝方の武将である鎮西探題・少弐頼尚を討伐しました。

この功績により、宗久は、南朝より肥後守に任命され、九州の統治を委ねられました。宗久は、九州の安定と南朝勢力の拡大に尽力し、南朝政権の有力な武将として活躍しました。

しかし、1348年(貞和4年)に宗久は、北朝方の武将・細川頼之に攻められて、戦死しました。宗久の死後、九州の南朝方の勢力は衰退し、北朝方の勢力が強まっていきました。

宗久は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて、九州の安定と南朝政権の拡大に尽力した武将でした。宗久の功績は、九州の歴史において重要な役割を果たしており、現在でもその功績を称える人々がいます。

伊作宗久の人物像

伊作宗久の人物像

-# 伊作宗久の人物像

伊作宗久は、鎌倉時代から南北朝時代にかけての武将であり、伊作氏の当主であった。伊作氏は、奈良時代から続く名族であり、宗久の父である伊作宗親は、鎌倉幕府の御家人として活躍した。宗久は、父の後を継いで伊作氏の当主となり、鎌倉幕府に仕えた。

宗久は、鎌倉幕府の重臣として活躍し、元弘の乱では、倒幕軍として戦った。倒幕軍は、鎌倉幕府を滅ぼすことに成功し、建武の新政が樹立された。宗久は、建武の新政にも仕え、足利尊氏に従って各地を転戦した。

しかし、尊氏が室町幕府を開いた後は、宗久は室町幕府に仕えなかった。宗久は、尊氏の弟である足利直義に従って、南朝に仕えた。宗久は、南朝のために戦い、九州や中国地方を転戦した。

宗久は、南朝のために戦い続け、正平23年(1368年)に戦死した。宗久は、南朝の忠臣として後世に語り継がれている。

宗久は、武勇に優れた武将であっただけでなく、和歌や連歌にも通じた文化人でもあった。宗久は、多くの和歌や連歌を詠み、その作品は現在でも高い評価を受けている。

宗久は、鎌倉時代から南北朝時代にかけての激動の時代を生き抜いた武将であり、その生涯は多くの逸話に彩られている。宗久は、南朝の忠臣として後世に語り継がれているだけでなく、その武勇と文化人としての才能も高く評価されている。

タイトルとURLをコピーしました