諫早茂図:佐賀藩の家老として長崎警備に尽力した人物

諫早茂図:佐賀藩の家老として長崎警備に尽力した人物

諫早茂図の生涯と功績

諫早茂図の生涯と功績

-諫早茂図の生涯と功績-

諫早茂図(いさはや しげず)は、肥前国佐賀藩の家老で、江戸時代中期に活躍した人物です。長崎警備に尽力し、藩政改革にも功績を残しました。

茂図は、寛永12年(1635年)、肥前国佐賀藩の家老・諫早茂晴の長男として生まれました。幼名は政右衛門。寛文10年(1670年)、父・茂晴の死去に伴い家督を継ぎ、諫早氏第15代当主となります。

茂図は、家督を継ぐとすぐに長崎奉行に任命され、長崎警備の任に当たりました。長崎は、江戸時代初期から外国との貿易が行われていた国際貿易都市であり、幕府は長崎の警備を重要視していました。茂図は、長崎警備を強化するため、長崎奉行所の体制を整備し、長崎近郊に軍備を整えました。

また、茂図は、藩政改革にも尽力しました。茂図は、藩の財政を立て直すため、倹約令を発令し、藩士の俸禄を削減しました。また、藩の産業を振興するため、殖産興業政策を推進しました。茂図の改革により、佐賀藩は、財政難を克服し、藩政が安定しました。

茂図は、元禄15年(1702年)に、68歳で死去しました。茂図の死後、佐賀藩は、藩政改革をさらに進め、九州屈指の大藩へと成長しました。

茂図は、長崎警備と藩政改革に尽力した、佐賀藩の名君として知られています。茂図の功績は、今日でも佐賀県民に語り継がれています。

文化元年のロシア使節レザノフの長崎来航と警備

文化元年のロシア使節レザノフの長崎来航と警備

-文化元年のロシア使節レザノフの長崎来航と警備-

文化元年(1804年)、ロシア使節レザノフが長崎に来ました。レザノフは、日本に交易を求めるために派遣された使節であり、長崎警備の責任者であった諫早茂図は、その対応に追われました。

レザノフは、部下と乗組員を連れて長崎に到着しました。諫早茂図は、レザノフを丁重に迎え、長崎奉行所での会見を行いました。レザノフは、日本に交易を求めましたが、諫早茂図は、日本の鎖国政策を理由にこれを拒否しました。

レザノフは、交易を求める交渉を続けるために、長崎に滞在しました。諫早茂図は、レザノフの動向を監視し、警備を厳重にしました。レザノフは、長崎に滞在中に、日本の風習や文化を学びました。また、日本の人々と交流を深めました。

しかし、レザノフの滞在は長くは続きませんでした。レザノフは、日本との交易が実現しないことを悟り、長崎を後にしました。諫早茂図は、レザノフの出発を見送り、長崎の警備を解きました。

レザノフの長崎来航は、日本に大きな影響を与えました。レザノフは、日本の鎖国政策を批判し、日本の開国を促しました。また、レザノフは、日本の風習や文化をヨーロッパに紹介しました。レザノフの長崎来航は、日本とロシアの関係に大きな影響を与えた出来事であり、諫早茂図は、その対応に尽力しました。

文化5年のイギリス軍艦フェートン号の不法侵入事件

文化5年のイギリス軍艦フェートン号の不法侵入事件

– 文化5年のイギリス軍艦フェートン号の不法侵入事件

文化5年(1808年)、イギリス軍艦フェートン号が長崎港に不法侵入した。この事件は、日本の鎖国政策を揺るがし、日本の近代化を促すきっかけとなった。

フェートン号は、オランダから奪取したフリゲート艦で、トーマス・サウスゲート提督が指揮していた。提督は、日本がオランダと通商していることを知り、日本にオランダの船舶を拿捕する許可を求めるために長崎港に寄港した。しかし、日本の幕府は、フェートン号の入港を拒否した。

提督は、幕府の許可なしに長崎港に侵入し、オランダ商館の船舶を攻撃した。この攻撃により、オランダ商館の船舶は全滅し、多くのオランダ人が殺害された。その後、サウスゲートは、フェートン号で長崎港を離れ、インドネシアのジャカルタに向かった。

フェートン号の不法侵入事件は、日本の鎖国政策を揺るがし、日本の近代化を促すきっかけとなった。事件後、幕府は、長崎港の警備を強化し、洋式軍艦の建造を始めた。また、日本の近代化を推進するため、蘭学の奨励や西洋文化の導入にも力を入れ始めた。

諫早茂図は、フェートン号の不法侵入事件が発生した当時、佐賀藩の家老として長崎警備を担当していた。茂図は、フェートン号の不法侵入事件を阻止できなかった責任を問われ、失脚した。しかし、茂図は、日本初の蒸気船の建造や洋式軍艦の建造に尽力し、日本の近代化に貢献した。

タイトルとURLをコピーしました