諫早茂敬-、肥前諫早(長崎県)領主

諫早茂敬-、肥前諫早(長崎県)領主

肥前諫早(長崎県)領主諫早茂敬

肥前諫早(長崎県)領主諫早茂敬

肥前諫早(長崎県)領主諫早茂敬

諫早茂敬(1569年 – 1618年)は、肥前諫早(長崎県)の領主。諫早家11代当主。

諫早茂敬は、1569年に諫早当主・諫早直之の長男として生まれる。幼名は太郎。

1580年に父が死去すると、家督を継いで諫早家11代当主となる。

1584年に豊臣秀吉に拝謁し、5,000石の所領を与えられた。

1587年に九州平定に参加し、肥後の国人一揆を鎮圧する功績を挙げた。

1590年に小田原征伐に参加し、北条氏を滅亡させる。

1592年に朝鮮出兵に従軍し、釜山の戦いで功績を挙げた。

1598年に肥前国諫早城の築城を命じられ、1602年に完成させる。

1600年の関ヶ原の戦いでは、西軍に属して戦ったが、敗北して改易となった。

1603年に徳川家康に許され、諫早氏の所領は2,000石に減らされた。

1618年に死去。享年50。

諫早茂敬は、戦国時代から江戸時代初期にかけて活躍した武将である。朝鮮出兵や関ヶ原の戦いに参加し、武功を挙げた。また、諫早城の築城を命じ、諫早氏の所領を安定させた。

島原の乱鎮圧と原城攻略

島原の乱鎮圧と原城攻略

-島原の乱鎮圧と原城攻略-

島原の乱は、1637年(寛永14年)10月25日から1638年(寛永15年)4月15日まで、肥前国島原半島(現在の長崎県島原市)で起こった一揆である。乱の首謀者は、元島原藩主の松倉重政に仕えていた天草四郎時貞(アマクサシロウトキテ)であった。

乱のきっかけは、松倉重政が島原藩主の在任中に、重税やキリシタン弾圧を行ったことである。重政の圧政に苦しんだ島原の民衆は、天草四郎時貞を担いで蜂起した。

乱は、島原半島一帯に広がり、幕府軍と一揆軍が激しく戦った。幕府軍は、熊本藩主の細川忠利、佐賀藩主の鍋島勝茂、大村藩主の大村純忠らを総大将として派遣し、一揆軍を鎮圧しようとした。

一揆軍は、原城に立てこもり、幕府軍の攻撃に抵抗した。原城は、島原半島の南端にある標高100メートルの山城で、天然の要害であった。

幕府軍は、原城を包囲し、総攻撃をかけた。一揆軍は、幕府軍の攻撃に耐えきれず、1638年(寛永15年)4月15日に降伏した。

島原の乱は、幕府の威信を傷つける大事件となった。幕府は、乱の責任者を処罰し、キリシタン弾圧を強化した。

諫早茂敬は、島原の乱鎮圧の功績により、幕府から褒賞を受けた。茂敬は、1639年(寛永16年)に肥前諫早藩の初代藩主となった。

通商を求めて長崎に来航したポルトガル船の警戒

通商を求めて長崎に来航したポルトガル船の警戒

諫早茂敬-、肥前諫早(長崎県)領主

通商を求めて長崎に来航したポルトガル船の警戒

15世紀末、ポルトガル船が長崎に来航し、通商を求めてきました。当時、長崎は肥前(現在の長崎県)諫早茂敬の領地であり、茂敬はポルトガル船の来航を警戒しました。茂敬は、ポルトガル船が日本のキリスト教化を企んでいるのではないかと疑い、ポルトガル船の入港を禁止しました。

茂敬のポルトガル船に対する警戒は、ポルトガル船が日本にキリスト教を布教しようとしているという噂に基づいていました。ポルトガルは、15世紀にアフリカやアジアに植民地を建設し、キリスト教の布教も積極的に行っていました。茂敬は、ポルトガル船が長崎に来航する目的は、通商ではなくキリスト教の布教にあるのではないかと疑ったのです。

茂敬の警戒は、ポルトガル船の行動によって裏付けられました。ポルトガル船は、長崎に来航するとすぐに、キリスト教の布教を始めました。ポルトガル船の乗組員は、日本の商人や漁師にキリスト教の教えを説き、キリスト教の書物を配りました。茂敬は、ポルトガル船の布教活動を知ると、すぐにポルトガル船の入港を禁止しました。

茂敬のポルトガル船に対する警戒は、日本におけるキリスト教の布教を阻止する目的がありました。茂敬は、キリスト教の布教が日本の伝統的な宗教や文化を破壊するのではないかと考えていました。茂敬は、ポルトガル船の入港を禁止することで、日本のキリスト教化を防ごうとしたのです。

茂敬のポルトガル船に対する警戒は、日本におけるキリスト教の布教を阻止する目的がありました。茂敬は、ポルトガル船の入港を禁止することで、日本のキリスト教化を防ごうとしたのです。

タイトルとURLをコピーしました