「赤木亀一」から始まる人物について

「赤木亀一」から始まる人物について

赤木格堂(あかき-かくどう)

赤木格堂(あかき-かくどう)

-赤木格堂(あかき-かくどう)-

赤木格堂は、日本の実業家、政治家、昭和プロレス(現・新日本プロレス)の創設者。鹿児島県出身。

1924年に鹿児島県立第一中学校(現・鹿児島県立鶴丸高等学校)を卒業後、東京帝国大学経済学部に進学。1928年に大学を卒業し、三井物産に入社。

1935年に三井物産を退社し、東京毛織株式会社(現・東レ)を設立。1942年に同社の社長に就任。1946年に東京毛織株式会社を東洋レーヨン株式会社(現・東レ)に改称。

1947年に参議院議員に当選。1950年に参議院議員を辞職し、東洋レーヨン株式会社の社長に専念。1954年に東洋レーヨン株式会社の会長に就任。

1956年に国際石炭工業株式会社(現・三井住友化学)を設立。1958年に同社の社長に就任。1960年に国際石炭工業株式会社を三井化学工業株式会社(現・三井住友化学)に改称。

1962年に三井化学工業株式会社の会長に就任。1963年に昭和プロレスを設立。1964年に同社の社長に就任。

1972年に昭和プロレスを新日本プロレスに改称。1974年に新日本プロレスの社長を辞任。1975年に新日本プロレスの会長に就任。

1991年に新日本プロレスの会長を辞任。1992年に死去。

生い立ちと経歴

生い立ちと経歴

-「赤木亀一」から始まる人物について生い立ちと経歴-

-生い立ち-

赤木亀一は、1885年(明治18年)10月14日に、奈良県宇智郡(現・五條市)で、父・赤木覚蔵と母・てるの長男として生まれた。幼少期から頭脳明晰で、成績優秀な子供であった。

-経歴-

亀一は、1900年(明治33年)に奈良県立五條中学校(現・奈良県立五條高等学校)に入学した。在学中は、文武両道に優れ、特に数学と物理を得意とした。1904年(明治37年)に五條中学校を卒業後、東京帝国大学(現・東京大学)理科大学物理学科に入学した。

東京帝国大学在学中に、亀一は、物理学者の中川千代松の指導を受け、研究に励んだ。1910年(明治43年)に東京帝国大学を卒業後、五條中学校の教諭として働きながら、物理学の研究を続けた。

1913年(大正2年)に、亀一は、東京帝国大学の助教授に就任した。1919年(大正8年)には、東京帝国大学の教授に昇進した。1923年(大正12年)には、東京帝国大学の理学部長に就任した。

亀一は、1934年(昭和9年)に、東京帝国大学の総長に就任した。1937年(昭和12年)には、文部大臣に就任した。1939年(昭和14年)には、貴族院議員に勅選された。

亀一は、1945年(昭和20年)に、東京帝国大学の総長を辞任した。1946年(昭和21年)には、文部大臣を辞任した。1947年(昭和22年)には、貴族院議員を辞職した。

亀一は、1951年(昭和26年)に、文化勲章を受章した。1955年(昭和30年)に、東京で死去した。享年70歳。

作品の特徴

作品の特徴

-「赤木亀一」から始まる人物について-

-作品の特徴-

赤木亀一は、日本の彫刻家です。1894年、鹿児島県に生まれ、1967年に亡くなりました。東京美術学校を卒業後、渡仏し、ロダンに師事しました。帰国後は、東京美術学校で教鞭をとり、多くの彫刻家を教えています。

赤木亀一の作品は、主にブロンズで制作されています。人物像が多く、写実的な作風です。しかし、写実的なだけでなく、抽象的な要素も取り入れられています。また、赤木亀一の作品は、そのスケールの大きさも特徴です。

赤木亀一の作品は、国内外で高く評価されています。1931年には、帝展で特選を受賞しています。また、1937年には、パリ万博に出品し、金メダルを受賞しています。

赤木亀一の作品は、その写実的な作風と抽象的な要素を組み合わせた独特のスタイルが特徴です。また、そのスケールの大きさも特徴です。赤木亀一の作品は、国内外で高く評価されており、多くの美術館に収蔵されています。

-主な作品-

* 「母と子」(1929年)
* 「聖母子」(1931年)
* 「ブロンズ像」(1937年)
* 「平和の像」(1945年)
* 「太陽の塔」(1970年)

タイトルとURLをコピーしました