久保山愛吉

久保山愛吉

第五福竜丸無線長として水爆実験に遭遇

第五福竜丸無線長として水爆実験に遭遇

-第五福竜丸無線長として水爆実験に遭遇-

久保山愛吉さんは、1954年3月1日、第五福竜丸の無線長として、ビキニ環礁でアメリカが行った水爆実験に遭遇しました。

第五福竜丸は、マグロ漁のため、ビキニ環礁の東方約160キロの海域で操業していました。
3月1日午前10時20分頃、「轟音と共に太陽がギラリと光り、あたかも空が真っ赤に裂けたようだった」と久保山さんは証言しています。

第五福竜丸は、水爆実験による放射線を浴び、乗組員23人が被曝しました。久保山さんは、被爆後も無線長として働き続け、3月14日に第五福竜丸は鹿児島県枕崎市に帰港しました。

しかし、久保山さんは、被爆の影響で白血病を発症し、1954年9月23日に亡くなりました。享年40歳でした。

久保山さんの死は、水爆実験の危険性を世界に知らしめることとなりました。そして、1963年に調印された部分的核実験禁止条約は、水爆実験の実施を制限する画期的な条約となりました。

久保山さんは、水爆実験の犠牲者であり、核兵器廃絶運動の先駆者として、その功績を称えられています。

「死の灰」を浴びて被爆

「死の灰」を浴びて被爆

– 久保山愛吉

-# 「死の灰」を浴びて被爆

久保山愛吉さんは、1914年に広島県三原市に生まれました。1945年8月6日、広島市に原爆が投下されたとき、久保山さんは広島市中区の事務所で働いていました。原爆の閃光とともに、久保山さんは事務所の窓ガラスが割れて飛び散るのを目にしました。すぐに外に出ると、辺りは一面の火の海で、人々は泣き叫んで逃げ惑っていました。

久保山さんも逃げ惑いましたが、原爆の爆風で吹き飛ばされ、瓦礫の下敷きになってしまいました。しばらくして、久保山さんは瓦礫の中から助け出されましたが、全身にやけどを負い、両目も見えなくなっていました。

久保山さんは、広島市内の病院に入院しましたが、やけどがひどすぎて、医師は久保山さんの命を助けることができませんでした。久保山さんは、原爆投下からわずか2週間後、20歳の若さで亡くなりました。

久保山さんは、原爆の「死の灰」を浴びて被爆したため、全身にやけどを負い、両目を失明しました。久保山さんの死は、原爆の恐ろしさと、戦争の愚かさを物語っています。

久保山さんの遺族は、久保山さんの死後、久保山さんの遺骨を広島市内の原爆死没者慰霊碑に納めました。そして、毎年8月6日には、久保山さんの遺族は原爆死没者慰霊碑を訪れ、久保山さんの死を悼んでいます。

久保山さんの死は、原爆の恐ろしさを物語るとともに、戦争の愚かさを物語っています。私たちは、久保山さんの死を教訓に、二度と戦争を起こさないようにしなければなりません。

原水爆禁止運動のきっかけとなった死

原水爆禁止運動のきっかけとなった死

-# 久保山愛吉

— 原水爆禁止運動のきっかけとなった死

久保山愛吉(くぼやま あいきち、1900年(明治33年)1月1日 – 1954年(昭和29年)9月23日)は、日本の漁師。ビキニ環礁で行われたアメリカ合衆国の水爆実験により被曝し、帰国後まもなく死亡した。

1954年3月1日、静岡県焼津市の鰹節問屋「久保山商店」の社長である久保山は、鮪21匹を購入するために焼津漁港へ出向いた。そこで、久保山はアメリカ海軍がビキニ環礁で行う予定の水爆実験の危険性を知らせるビラを受け取った。久保山はビラを読んだ後、水爆実験に抗議するために、実験海域に漁船を進めることを決意した。

3月12日、久保山は31人の乗組員を乗せた第5福竜丸に乗り込み、ビキニ環礁に向けて出港した。3月24日、第5福竜丸は実験海域の約160キロメートルまで接近し、水爆実験を目撃した。翌日、第5福竜丸は放射性物質に汚染された雨に襲われ、乗組員たちは被曝した。

4月14日、第5福竜丸は焼津漁港に帰港した。乗組員たちは放射線障害を発症し、久保山もまた、脱毛、吐き気、下痢に苦しんだ。9月23日、久保山は急性放射線症候群により死亡した。久保山の死は、日本国内に大きな衝撃を与え、原水爆禁止運動の高まりにつながった。

久保山の死は、原水爆禁止運動のきっかけとなっただけでなく、日本の核兵器政策にも大きな影響を与えた。1956年、日本政府は「原子力基本法」を制定し、核兵器の保有・製造を禁止した。また、日本政府は、核兵器の製造・保有を禁止する国際条約である「核兵器禁止条約」にも加盟している。

久保山の死は、核兵器の恐ろしさを世界に知らしめた。久保山の死によって、核兵器の廃絶を求める運動は世界中に広がり、今日に至るまで続いている。

タイトルとURLをコピーしました