「井沢宜庵」

「井沢宜庵」

幕末の医師,尊攘運動家の井沢宜庵

幕末の医師,尊攘運動家の井沢宜庵

– 「井沢宜庵」

-# 幕末の医師,尊攘運動家の井沢宜庵

井沢宜庵(いざわ よあん、1816年(文化13年) – 1867年(慶応3年)4月14日)は、幕末の医師、尊攘運動家。名は利器(りき)。号は東涯、松堂、桂庵。

1816年(文化13年)、越後国頸城郡高田村(現・新潟県上越市高田)に生まれる。父は蘭方医の井沢孟庵。1833年(天保4年)、18歳のときに江戸に出て、坪井信道、伊藤玄朴に蘭医学を学ぶ。1839年(天保10年)、24歳のときに帰郷し、高田で蘭方医を開業する。

1853年(嘉永6年)、ペリー来航を機に、攘夷運動に参加する。1854年(安政元年)、高田藩の藩主である榊原政礼に、攘夷建白書を提出する。1855年(安政2年)、藩の命で江戸に出て、蘭学塾を開設する。1858年(安政5年)、日米修好通商条約の調印に反対し、江戸城に乱入して、老中である間部詮勝に抗議する。

1860年(万延元年)、高田藩に帰郷し、尊攘運動を続ける。1864年(元治元年)、長州藩の奇兵隊に加わり、禁門の変に参加する。1866年(慶応2年)、薩摩藩の島津斉彬に、攘夷建白書を提出する。

1867年(慶応3年)、薩摩藩の兵とともに、江戸城に迫る。しかし、江戸城を目前に病に倒れ、4月14日に死去する。享年52。

井沢宜庵は、幕末の尊攘運動を代表する人物の一人である。攘夷を主張し、江戸城に乱入して抗議するなど、過激な行動をとったことで知られている。また、蘭学塾を開設するなど、蘭学の普及にも努めた。

頼山陽,篠崎小竹に儒学を学び,長崎で医学を修める

頼山陽,篠崎小竹に儒学を学び,長崎で医学を修める

-# 頼山陽,篠崎小竹に儒学を学び,長崎で医学を修める

井沢宜庵は、文化3年(1806年)に肥前国長崎(現在の長崎県長崎市)で生まれた。幼名は政次郎。父は医師の井沢玄道、母は遊女であった。宜庵は幼い頃から聡明で、5歳で論語を読み、8歳で詩を作るようになった。16歳で長崎の儒学者である頼山陽に入門し、儒学を学んだ。

その後、宜庵は江戸に出て、篠崎小竹に儒学を学び、さらに長崎に戻って医学を修めた。25歳で医師となり、長崎で開業した。宜庵は医師として活躍する傍ら、儒学の研究を続け、多くの著作を残した。

宜庵の最も有名な著作は、『医宗必読』である。この書は、中国の医学書を翻訳・解説したもので、日本の医学界に大きな影響を与えた。また、宜庵は『論語講義』『孟子講義』などの儒学の著作も残している。

宜庵は、嘉永6年(1853年)に48歳で亡くなった。宜庵の死後、彼の著作は多くの医師や儒学者に読まれ、日本の医学と儒学の発展に貢献した。

-# 井沢宜庵の生涯年表

* 1806年肥前国長崎で誕生
* 1822年頼山陽に入門し、儒学を学ぶ
* 1826年篠崎小竹に入門し、儒学を学ぶ
* 1831年医師となり、長崎で開業
* 1849年『医宗必読』を出版
* 1853年死去

天誅組の挙兵に協力し,敗れて吉野各地を転戦

天誅組の挙兵に協力し,敗れて吉野各地を転戦

-天誅組の挙兵に協力し,敗れて吉野各地を転戦-

天誅組の挙兵は、1863年8月に大和国(現在の奈良県)で起こった反幕府武装蜂起である。井沢宜庵は、この蜂起に参加し、軍監として活躍した。しかし、天誅組は幕府軍に敗れ、解散を余儀なくされた。井沢宜庵は、敗走後、吉野各地を転戦し、幕府軍と戦い続けた。

井沢宜庵は、1817年に大和国に生まれた。1846年に江戸に出て、昌平黌で学び、1853年に帰郷した。1858年には、日根野金三郎が率いる大和国藩兵の総督として、安政の大獄で捕らえられた吉田松陰を護送する任務に就いた。1860年には、大坂に出て、楠公義祭に参加した。1862年には、大和国藩兵の総督として、生麦事件でイギリス人を殺害した薩摩藩兵を鎮圧する任務に就いた。

1863年8月、天誅組が挙兵すると、井沢宜庵は軍監として参加した。天誅組は、大和国を制圧した後、京都へ向かったが、幕府軍に阻止された。天誅組は、解散を余儀なくされ、井沢宜庵は敗走した。

井沢宜庵は、敗走後、吉野各地を転戦し、幕府軍と戦い続けた。1864年3月、井沢宜庵は、幕府軍に捕らえられ、処刑された。

井沢宜庵は、天誅組の挙兵に際して、幕府軍と戦った勇敢な志士であった。その死は、日本の歴史に大きな影響を与えた。

タイトルとURLをコピーしました