岡村利平 – 飛騨の歴史をまとめた郷土史家

岡村利平 – 飛騨の歴史をまとめた郷土史家

医師から政治家そして郷土史家:岡村利平の軌跡

医師から政治家そして郷土史家:岡村利平の軌跡

– 岡村利平 – 飛騨の歴史をまとめた郷土史家

-# 医師から政治家そして郷土史家岡村利平の軌跡

岡村利平は、1874年に飛騨高山市に生まれました。幼い頃から歴史に興味を持ち、地元の図書館に通っては歴史書を読み漁りました。

大学卒業後は医師となり、高山市内の病院で勤務しました。医師として働きながら、郷土史の研究を続け、飛騨の歴史に関する講演会や執筆活動などを行いました。

1947年に高山市議会議員に当選し、その後、高山市長、岐阜県議会議員という重要な役職を歴任しました。政治家としての活動と並行して、郷土史の研究と執筆活動を続け、多くの著作を残しました。

岡村利平の最大の功績は、飛騨の歴史をまとめた『飛騨の歴史』を著したことでしょう。『飛騨の歴史』は、飛騨の古代史から近代史までを網羅した初めての通史であり、その功績は高く評価されています。

岡村利平は、1983年に90歳で亡くなりました。しかし、岡村利平の郷土史研究の成果は今も受け継がれ、飛騨の歴史を学ぶ人々に大きな影響を与えています。

-# 岡村利平の業績

岡村利平の主な業績は次の通りです。

* 飛騨の歴史に関する講演会や執筆活動
* 飛騨高山市議会議員・高山市長・岐阜県議会議員などの公職に就く
* 『飛騨の歴史』など郷土史に関する著作を残す
* 飛騨歴史研究会の設立
* 飛騨古文書学会の設立
* 飛騨博物館の設立

岡村利平は、飛騨の歴史の研究と普及に尽力した郷土史家として、今も多くの人々に尊敬されています。

飛騨山川:岡村利平の代表作

飛騨山川:岡村利平の代表作

-飛騨山川岡村利平の代表作-

岡村利平は、飛騨の歴史や文化を研究し、数多くの著作を残した郷土史家です。中でも、代表作として知られるのが『飛騨山川』です。

『飛騨山川』は、飛騨の自然や歴史、文化などを網羅的にまとめた大著です。全6巻からなり、第1巻から第4巻は飛騨の自然、第5巻は飛騨の歴史、第6巻は飛騨の文化について書かれています。

この本は、岡村利平が長年にわたって飛騨を歩き回り、資料を収集して執筆したものです。その内容は、飛騨の自然の美しさや豊かさ、飛騨の歴史や文化の奥深さを余すところなく伝えています。

『飛騨山川』は、飛騨を知るための必読書として、現在でも多くの読者から愛されています。また、飛騨の自然や歴史、文化を研究する上でも、貴重な資料となっています。

岡村利平は、『飛騨山川』以外にも、多くの郷土史に関する著作を残しています。その代表作としては、飛騨の民俗や伝説をまとめた『飛騨民間伝承集』、飛騨の地名を研究した『飛騨地名考』、飛騨の宗教や文化を研究した『飛騨信仰史』などがあります。

岡村利平の著作は、飛騨の歴史や文化を研究する上での貴重な資料となっています。また、飛騨の自然の美しさや豊かさ、飛騨の歴史や文化の奥深さを伝える文学作品としても、多くの人々に愛されています。

岡村文庫:岡村利平が遺した貴重な資料

岡村文庫:岡村利平が遺した貴重な資料

-# 岡村文庫岡村利平が遺した貴重な資料

岡村利平は、飛騨の歴史をまとめた郷土史家で、その功績は飛騨地方で高く評価されています。岡村利平が遺した資料は、飛騨の歴史を知る上で貴重な資料となっており、岡村文庫として飛騨高山図書館に所蔵されています。

岡村文庫には、岡村利平が収集した書籍や資料、岡村利平自身が執筆した原稿や日記など、約2万点が含まれています。書籍や資料には、飛騨地方の歴史に関する書籍や文書、飛騨地方の民俗や文化に関する資料などが含まれています。岡村利平が執筆した原稿や日記には、飛騨地方の歴史に関する研究成果や、岡村利平の日常の様子が記録されています。

岡村文庫は、飛騨の歴史を知る上で貴重な資料となっており、多くの研究者が利用しています。また、岡村文庫は、飛騨地方の歴史や文化に興味のある一般の方にも開放されており、多くの人が利用しています。

岡村文庫は、岡村利平が遺した貴重な資料であり、飛騨の歴史を知る上でなくてはならないものです。岡村文庫は、飛騨高山図書館で所蔵されており、誰でも利用することができます。

以下は、岡村文庫に所蔵されている資料の一部です。

* 飛騨の国史
* 飛騨の民俗
* 飛騨の文化
* 岡村利平の研究ノート
* 岡村利平の日記
* 岡村利平の書簡
* 岡村利平の写真

岡村文庫は、飛騨の歴史を知る上で貴重な資料となっており、多くの研究者が利用しています。また、岡村文庫は、飛騨地方の歴史や文化に興味のある一般の方にも開放されており、多くの人が利用しています。

タイトルとURLをコピーしました