江馬輝経-平氏の滅亡後、北条時政に養われ飛騨高原郷に逃れた鎌倉時代の武士

江馬輝経-平氏の滅亡後、北条時政に養われ飛騨高原郷に逃れた鎌倉時代の武士

江馬輝経の生涯

江馬輝経の生涯

-江馬輝経の生涯-

江馬輝経は、平安時代末期から鎌倉時代初期の武士。源平合戦では源氏方に属し、壇ノ浦の戦いなどに参加した。平氏の滅亡後、北条時政に養われ、飛騨高原郷に逃れた。

輝経は、飛騨で勢力を拡大し、飛騨守護職に任命された。また、飛騨の開発にも尽力し、多くの寺社を建立した。

輝経は、北条時政の死後、北条義時と対立し、1221年に義時の軍勢に攻め込まれ、自害した。享年53。

輝経は、飛騨の開発に貢献した名君として知られている。また、源平合戦で活躍した武将としても知られており、その生涯は多くの小説やドラマの題材となっている。

輝経の墓は、飛騨市にある江馬輝経墓所にある。墓所は、国の史跡に指定されており、毎年多くの観光客が訪れている。

輝経の生涯は、武士としての生き方や、飛騨の開発に貢献した人物として、多くの人に尊敬されている。

江馬輝経の功績

江馬輝経の功績

-江馬輝経の功績-

江馬輝経は、平氏の滅亡後、北条時政に養われ飛騨高原郷に逃れた鎌倉時代の武士です。彼は北条氏の家臣として活躍し、多くの功績を上げました。

その中でも特に有名なのが、承久の乱での活躍です。承久の乱は、1221年に起こった後鳥羽上皇と鎌倉幕府との間の争いです。この乱で、江馬輝経は北条氏の軍勢に加わり、後鳥羽上皇軍を破ることに貢献しました。また、彼は上皇の近臣である藤原親能を捕らえるなど、多くの武功を上げました。

承久の乱での活躍により、江馬輝経は北条氏から飛騨高原郷の領主として任命されました。彼は飛騨を治め、飛騨の開発に尽力しました。また、彼は飛騨に多くの神社仏閣を建立し、飛騨の文化の発展に貢献しました。

江馬輝経は、北条氏の家臣として、また飛騨の領主として、多くの功績を上げました。彼は鎌倉時代を代表する武将の一人です。

江馬氏の祖とされる伝説

江馬氏の祖とされる伝説

-江馬氏の祖とされる伝説-

江馬氏は、飛騨国高原郷(現在の岐阜県高山市)を拠点とした武士の一族です。その祖先は、平氏の滅亡後、北条時政に養われ、飛騨高原郷に逃れた江馬輝経であるとされています。

江馬輝経は、平清盛の弟である平頼盛の三男として生まれました。幼名は維衡(これひら)といい、平家一門の若武者として活躍しました。しかし、壇ノ浦の戦いで平家が滅亡すると、輝経は北条時政に保護され、飛騨高原郷に逃れました。

飛騨高原郷は、標高1,000メートル以上の山々に囲まれた寒冷地で、古くから木曽義仲や源頼朝の軍勢が通った道筋にあたっていました。輝経は、この地に居を構え、江馬氏を名乗りました。

江馬氏は、飛騨高原郷を拠点に、周辺の地域を支配しました。また、鎌倉幕府にも仕え、元寇の際には、幕府軍の一員として出陣しました。

江馬氏は、その後も飛騨高原郷を支配し続け、室町時代には守護大名として認められました。しかし、戦国時代になると、武田信玄や織田信長などの侵攻を受け、衰退しました。

江馬氏は、戦国時代の末期に滅亡しましたが、その子孫は各地に散らばり、江馬姓を名乗っています。また、飛騨高原郷には、江馬氏の居城跡や菩提寺などが残されており、江馬氏の歴史を今に伝えています。

タイトルとURLをコピーしました