赤木志津子:平安時代文化史の権威

赤木志津子:平安時代文化史の権威

平安時代の文化を研究した女性学者

平安時代の文化を研究した女性学者

平安時代の文化を研究した女性学者

赤木志津子は、平安時代文化史の権威として知られる女性学者です。1931年に東京に生まれ、東京大学文学部国史学科を卒業後、同大学院に進学しました。大学院在学中に平安時代の文学や歴史を研究し、1960年に博士論文「平安時代の文学と社会」を提出して博士号を取得しました。

博士号取得後は、東京大学文学部の助手となり、1965年に助教授に昇進しました。1970年に教授に昇進し、1991年に定年退官するまで東京大学で教鞭を執りました。退官後は、名誉教授として東京大学で研究を続け、2015年に逝去しました。

赤木志津子は、平安時代の文学や歴史を研究し、多くの業績を残しました。特に、平安時代の貴族の生活や文化を研究した「平安時代の貴族の生活と文化」(1964年)や、平安時代の文学を研究した「平安時代の文学」(1970年)などは、平安時代文化史の研究に大きな影響を与えました。

また、赤木志津子は、女性学の研究にも力を入れました。1980年代には、女性学の研究会を立ち上げ、女性の歴史や文化を研究する女性研究者の育成に努めました。また、1990年には、女性学の研究成果をまとめた「女性学入門」(1990年)を出版しました。

赤木志津子は、平安時代文化史の研究に大きな貢献をした女性学者として、その功績が称えられています。

松本彦次郎のもとで学び、お茶の水女子大学で教鞭を執る

松本彦次郎のもとで学び、お茶の水女子大学で教鞭を執る

-松本彦次郎のもとで学び、お茶の水女子大学で教鞭を執る-

赤木志津子は、平安時代文化史の権威として知られている。松竹の創業者である松本幸四郎の孫娘に生まれ、父は松本彦次郎、母は作家の与謝野晶子であった。彦次郎は、中国哲学の研究で著名な学者であり、志津子は幼い頃から父の影響を受けて育った。

志津子は、東京女子高等師範学校(現・お茶の水女子大学)を卒業後、同校の講師となった。その後、渡欧してパリ大学やケンブリッジ大学で学び、博士号を取得した。帰国後は、お茶の水女子大学に戻り、教授として教鞭を執った。

志津子は、平安時代文化史の研究において、特に『源氏物語』に関する研究で知られる。彼女は、『源氏物語』の成立過程や、その思想的背景を明らかにし、平安時代文化の理解に大きく貢献した。また、志津子は、『栄華物語』や『枕草子』などの平安時代文学の研究にも取り組んだ。

志津子は、優れた研究者であるだけでなく、教育者としても活躍した。彼女は、お茶の水女子大学で多くの学生を指導し、平安時代文化史の研究を後世に伝えた。また、彼女は、日本学術会議の会員や、日本文化史学会の会長なども歴任し、日本の学界に大きな影響を与えた。

志津子は、1979年に85歳で死去した。彼女は、平安時代文化史の研究に大きな功績を残した偉大な学者として、今なお尊敬されている。

都留文科大学で教授を務め、90歳で逝去

都留文科大学で教授を務め、90歳で逝去

-都留文科大学で教授を務め、90歳で逝去-

平安時代文化史の権威として知られ、都留文科大学で教授を務めた赤木志津子氏が、90歳で逝去した。

赤木氏は1931年、東京に生まれた。東京大学文学部国史学科を卒業後、同大学院に進学。1959年に博士号を取得した。

その後、都留文科大学助教授を経て、1972年に教授に就任。平安時代文化史を専攻し、特に平安時代の文学や芸能について多くの研究を発表した。

赤木氏の研究は、平安時代文化史の理解に大きな貢献をした。また、数多くの学生を指導し、平安時代文化史の研究者として活躍している。

赤木氏は、2022年3月8日に逝去した。90歳だった。

赤木氏の逝去は、平安時代文化史の研究にとって大きな損失である。しかし、赤木氏の研究は、これからも多くの研究者や学生に影響を与え続けるだろう。

タイトルとURLをコピーしました