岡本清福 – 大正から昭和時代初期の軍人

岡本清福 – 大正から昭和時代初期の軍人

岡本清福の生い立ちと経歴

岡本清福の生い立ちと経歴

-岡本清福の生い立ちと経歴-

岡本清福は、1898年(明治31年)7月27日、広島県賀茂郡今津町(現呉市)に生まれた。広島県立広島中学校(現広島県立広島国泰高等学校)を卒業後、陸軍士官学校に進み、1919年(大正8年)に卒業。歩兵第61連隊に配属され、シベリア出兵に参加した。

1922年(大正11年)、陸軍大学校に入校。1924年(大正13年)に卒業し、歩兵第62連隊中隊長に就任。1927年(昭和2年)、陸軍省軍務局付となり、軍政を担当した。1929年(昭和4年)、歩兵第63連隊長に就任。1931年(昭和6年)、歩兵第64連隊長に就任し、満州事変に参加した。

1932年(昭和7年)、陸軍省軍務局軍事課長に就任。1934年(昭和9年)、歩兵第65連隊長に就任。1935年(昭和10年)、陸軍省人事局長に就任。1937年(昭和12年)、歩兵第66連隊長に就任し、日中戦争に参加した。

1938年(昭和13年)、陸軍省軍務局長に就任。1939年(昭和14年)、支那派遣軍参謀長に就任。1940年(昭和15年)、陸軍省次官に就任。1941年(昭和16年)、陸軍大臣に就任。1942年(昭和17年)、大日本帝国陸軍元帥に昇進。

1945年(昭和20年)、終戦後、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)に逮捕され、東京裁判でA級戦犯として起訴された。1948年(昭和23年)、絞首刑に処された。

岡本清福の軍歴

岡本清福の軍歴

岡本清福の軍歴

岡本清福は1883年(明治16年)に愛媛県松山市に生まれた。幼い頃から軍人に憧れ、1906年(明治39年)に陸軍士官学校を卒業して陸軍少尉に任官された。その後、歩兵第10連隊に配属され、日露戦争に従軍した。日露戦争では、旅順攻囲戦に参加し、勇敢に戦い、勲三等双光旭日章を受章した。

日露戦争後は、陸軍大学校に学び、1915年(大正4年)に陸軍大佐に昇進した。その後、歩兵第7連隊長、歩兵第19旅団長などを歴任し、1927年(昭和2年)に陸軍少将に昇進した。1932年(昭和7年)には、歩兵第11師団長に就任し、満州事変に出動した。満州事変では、ハルビン攻略戦に参加し、功績を上げて勲二等瑞宝章を受章した。

1934年(昭和9年)には、陸軍中将に昇進し、参謀本部付となり、1935年(昭和10年)には、陸軍次官に就任した。陸軍次官としては、軍備拡張計画を推進し、日中戦争勃発に備えた。1937年(昭和12年)には、陸軍大将に昇進し、参謀総長に就任した。参謀総長としては、日中戦争の作戦を指揮し、中国軍を相手に勝利を重ねた。

1939年(昭和14年)には、大本営陸軍部総長に就任し、日中戦争の終結と太平洋戦争の開戦に備えた。1941年(昭和16年)には、太平洋戦争が勃発し、岡本清福は、大本営政府軍総司令官として、太平洋戦争の作戦を指揮した。太平洋戦争では、日本軍は緒戦で勝利を収めたが、その後、米軍の反撃に遭い、敗走を続けた。1945年(昭和20年)には、終戦を迎えた。

終戦後は、公職追放となり、1948年(昭和23年)に死去した。

岡本清福の最期

岡本清福の最期

-岡本清福の最期-

岡本清福は、1932年(昭和7年)2月26日に勃発した二・二六事件で、首相官邸を襲撃した陸軍将校グループの一人でした。事件後、岡本は逮捕され、死刑判決を受けました。1933年(昭和8年)8月18日、岡本は陸軍刑務所で刑を執行されました。享年36歳でした。

岡本の死刑は、二・二六事件に関与した陸軍将校グループの中で最も早く執行されたものでした。これは、岡本が事件の指導者の一人とみなされていたためであり、また、彼が事件後に天皇を非難する発言をしたためでもありました。

岡本の死刑は、当時の世論に大きな衝撃を与えました。岡本は、二・二六事件の首謀者としてではなく、天皇を非難した人物として死刑に処されたとみなされたからです。このため、岡本の死刑は、天皇制に対する反感が高まる一因となりました。

二・二六事件は、日本の近代史において重要な事件ですが、岡本の死刑もまた、日本の近代史における重要な出来事のひとつだと言えます。

タイトルとURLをコピーしました