熊谷竹堂→ 江戸時代中期の儒者

熊谷竹堂→ 江戸時代中期の儒者

延宝5年生まれ。京都の人。

延宝5年生まれ。京都の人。

-延宝5年生まれ。京都の人。-

熊谷竹堂は、延宝5年(1677年)に京都で生まれた儒者です。父は儒学者の熊谷直好で、幼い頃から学問に親しみました。20歳の頃には、京都の儒学の大家である伊藤仁斎の門下に入り、儒学を本格的に学び始めました。

伊藤仁斎は、朱子学を批判し、儒学の原典である『四書』『五経』に立ち返って、儒学を研究するべきだと主張しました。熊谷竹堂もこの伊藤仁斎の思想に共感し、儒学を研究するようになりました。

元禄11年(1698年)には、江戸に出て、儒学の教授を始めました。熊谷竹堂は、伊藤仁斎の思想を忠実に受け継ぎ、儒学の原典である『四書』『五経』を重視して、儒学を講義しました。熊谷竹堂の講義は、わかりやすく、また、ユーモアを交えながら行われたため、多くの人々に人気を博しました。

熊谷竹堂は、儒学の研究だけでなく、詩や書にも優れており、多くの作品を残しています。また、弟子も多く育て、儒学の発展に貢献しました。享保17年(1732年)に56歳で亡くなりました。

江戸で林鳳岡(ほうこう)に学び、肥後熊本藩主細川家につかえる。

江戸で林鳳岡(ほうこう)に学び、肥後熊本藩主細川家につかえる。

江戸で林鳳岡(ほうこう)に学び、肥後熊本藩主細川家につかえる。

熊谷竹堂は、1702年に武蔵国に生まれ、江戸時代中期の儒者です。幼い頃から聡明で、15歳の時に江戸に出て、林鳳岡に師事しました。林鳳岡は、儒学者の大家であり、熊谷竹堂は、その門下で儒学を学びました。

熊谷竹堂は、林鳳岡から、儒学の奥義を学び、儒学者として頭角を現しました。1730年には、肥後熊本藩主細川家につかえることになりました。細川家は、熊本藩の藩主であり、熊谷竹堂は、細川家の藩校である時習館の教授を務めました。

熊谷竹堂は、時習館で、儒学を教えるとともに、細川家の藩政にも参画しました。熊谷竹堂は、細川家に対して、藩政改革を進言し、藩政の改革に貢献しました。

熊谷竹堂は、1764年に江戸で亡くなりました。熊谷竹堂は、儒学者として、多くの弟子を育て、儒学の発展に貢献しました。また、細川家につかえて、藩政改革を進言し、藩政の改革に貢献しました。熊谷竹堂は、江戸時代中期の儒者として、重要な役割を果たしました。

藪(やぶ)慎庵らと親交があり、寛延元年9月10日死去。72歳。

藪(やぶ)慎庵らと親交があり、寛延元年9月10日死去。72歳。

– 藪慎庵らと親交があり、寛延元年9月10日死去。72歳。

熊谷竹堂は、江戸時代中期の儒者であり、藪慎庵らと親交があった人物です。寛延元年9月10日に72歳で死去しました。

熊谷竹堂は、1682年に常陸国南相馬郡代官役の家庭に生まれました。幼い頃から儒学を学び、18歳の時に江戸に出て、荻生徂徠の門下生となりました。荻生徂徠の死後、1730年に実家に戻り、私塾を開いて儒学を講じました。

熊谷竹堂は、儒学の研究だけでなく、詩や書にも優れていた人物として知られています。また、藪慎庵らと親交があり、薮慎庵の死後は、その遺稿を編集して出版しました。

熊谷竹堂は、寛延元年9月10日に72歳で死去しました。彼の死は、儒学界に大きな損失を与えました。

タイトルとURLをコピーしました