岡本実貞 – 江戸時代前期の兵法家

岡本実貞 – 江戸時代前期の兵法家

武田家臣の父と兄

武田家臣の父と兄

-武田家臣の父と兄-

岡本実貞の父は、武田信玄の家臣である岡本実清であり、兄は岡本実政である。実清は、武田信玄の側近として活躍し、信玄の死後は信勝に仕えた。しかし、信勝が謀反を起こした際には、実清は信勝を裏切って織田信長に内通した。そのため、信長は甲斐を侵攻し、信勝を自害に追い込んだ。

実政は、実清の死後に家督を継ぎ、武田勝頼に仕えた。勝頼の死後は、徳川家康に仕えたが、関ヶ原の戦いでは西軍に属した。そのため、関ヶ原の戦い後に改易され、浪人となった。

実貞は、実政の死後に家督を継ぎ、浪人となった。その後、徳川家康に仕官し、旗本となった。実貞は、兵法に優れており、徳川秀忠の側近として活躍した。また、実貞は、兵法書である『岡目八目』を著したことで知られている。

岡本実貞は、武田家臣の父と兄を持ち、浪人となったが、徳川家康に仕官し、旗本となった。また、実貞は、兵法に優れており、徳川秀忠の側近として活躍した。さらに、実貞は、兵法書である『岡目八目』を著したことで知られている。

武田氏滅亡後の放浪

武田氏滅亡後の放浪

-武田氏滅亡後の放浪-

岡本実貞の武田氏滅亡後の放浪は、彼の生涯において最も大きな転機となった。天正10年(1582年)、武田氏の本拠地である甲府城が織田信長の軍勢に攻め落とされ、武田氏はその勢力を失った。このとき、実貞は武田勝頼に仕えており、武田氏の滅亡とともに主君を失った。

実貞は、武田氏の滅亡後、放浪の身となった。彼は、信濃国(現在の長野県)や上野国(現在の群馬県)などを転々とし、各地の有力者に仕えながら、兵法を伝授した。この間、彼は会津蘆名氏と徳川家康の両者に仕え、両陣営の軍事作戦に関わった。

最終的に実貞は、徳川家康の軍師となり、関ヶ原の戦い(1600年)において家康の勝利に貢献した。関ヶ原の戦い後、実貞は家康から家臣として召し抱えられ、江戸幕府の旗本となった。

実貞の武田氏滅亡後の放浪は、彼が数多くの戦いに参加し、その兵法を鍛えた時期であった。この経験が、後に彼が徳川家康の軍師として活躍する礎となった。

堀貞則への甲州流兵法の伝承

堀貞則への甲州流兵法の伝承

– 堀貞則への甲州流兵法の伝承

岡本実貞は、堀貞則に甲州流兵法を伝承したことで知られている。堀貞則は、甲斐国出身の武将であり、徳川家康に仕えていた。堀貞則は、岡本実貞から甲州流兵法を学び、徳川家康の軍師として活躍した。堀貞則は、甲州流兵法をさらに発展させ、甲州流兵法堀派を興した。甲州流兵法堀派は、江戸時代を通じて徳川将軍家の兵法として採用され、幕末まで続いた。

岡本実貞と堀貞則が出会ったのは、徳川家康が甲斐国を平定した後のことである。堀貞則は、徳川家康に仕えていたが、甲州流兵法の奥義を学びたいと願っていた。岡本実貞は、堀貞則の熱意に感じ入り、甲州流兵法を伝授した。堀貞則は、岡本実貞から甲州流兵法の奥義を学び、徳川家康の軍師として活躍した。

堀貞則は、甲州流兵法をさらに発展させ、甲州流兵法堀派を興した。甲州流兵法堀派は、江戸時代を通じて徳川将軍家の兵法として採用され、幕末まで続いた。堀貞則は、甲州流兵法堀派の祖として、江戸時代の兵法史にその名を残した。

岡本実貞と堀貞則の出会いは、甲州流兵法の歴史において重要な出来事である。岡本実貞が堀貞則に甲州流兵法を伝授したことで、甲州流兵法は江戸時代を通じて徳川将軍家の兵法として採用され、幕末まで続いた。堀貞則は、甲州流兵法をさらに発展させ、甲州流兵法堀派を興した。甲州流兵法堀派は、江戸時代を通じて徳川将軍家の兵法として採用され、幕末まで続いた。

タイトルとURLをコピーしました