岡本大八 – 江戸時代前期の武士

岡本大八 – 江戸時代前期の武士

岡本大八とは

岡本大八とは

-岡本大八とは-

岡本大八(おかもと だいはち)は、江戸時代前期の武士です。通称は源助。元和元年(1615)に駿河国有渡郡にて生まれる。父は岡本四郎左衛門。母は本多氏。妻は本多忠政の娘、於亀。子は岡本太郎左衛門、岡本小太郎、岡本久右衛門、岡本金兵衛。

寛永10年(1633)に徳川将軍家のお伽衆になりました。寛永19年(1642)に徳川家光に出仕し、最初は書院番に任じられました。正保2年(1645)に小姓組番頭となり、慶安2年(1649)に大番頭になりました。承応2年(1653)に小納戸頭となり、万治元年(1658)には側衆となりました。

明暦2年(1656)に江戸城の松の廊下で、家光の長男である徳川家綱と、家綱の弟である徳川綱重の間で争いが起こりました。この時に大八は、家綱を擁護し、綱重を攻撃しました。この功により、家綱から褒美を賜りました。

寛文3年(1663)に大八は、老中となりました。寛文8年(1668)に死去し、享年54歳。築土八幡神社に葬られました。

大八は、徳川家に忠実に仕えた武士でした。家綱と綱重の争いでは、家綱を擁護し、綱重を攻撃しました。この功により、家綱から褒美を賜りました。老中として、徳川家の政治を支えました。

キリシタン大名からの賄賂発覚

キリシタン大名からの賄賂発覚

-キリシタン大名からの賄賂発覚-

ある日、岡本大八はキリシタン大名から賄賂を受け取っているという告発を受けました。告発者は大八とキリシタン大名の密会の様子を目撃したと主張しており、大八は賄賂を受け取ってキリシタンの布教を黙認していると非難していました。

大八は告発を否定しましたが、幕府は調査団を派遣して調査を開始しました。調査団はキリシタン大名が賄賂を贈ったことを認める証言を入手し、大八も賄賂を受け取ったことを認めざるを得なくなりました。

賄賂発覚により、大八は幕府から厳しく処罰されました。彼は切腹を命じられ、その家系は断絶となりました。キリシタン大名も改易され、その領地は幕府に没収されました。

この事件は、幕府がキリシタンに対して厳格な姿勢をとっていたことを示しています。幕府はキリシタンの布教を禁じており、キリシタンに対して厳しい処罰を科していました。この事件は、幕府がキリシタンに対して厳しく برخوردしていたことを示す一例です。

獄中での長崎奉行殺害の企てと処刑

獄中での長崎奉行殺害の企てと処刑

– 小見出し「獄中での長崎奉行殺害の企てと処刑」

岡本大八は、江戸時代前期の武士で、長崎奉行所与力・岡本大八郎の嫡男として生まれました。
大八は、幼い頃から剣術や弓術に優れ、1638年に長崎奉行所与力に任じられました。
長崎奉行所与力として、大八はキリシタンを取り締まる任務に就き、多くのキリシタンを逮捕・処刑しました。

1640年、大八は長崎奉行の娘であるお玉と結婚しました。
お玉は、キリシタンであり、大八はキリシタンを迫害したことで、キリスト教徒からの恨みを買いました。

1641年、大八はキリシタンの反乱を鎮圧するために、九州の島原に派遣されました。
島原の乱は、大八が率いる幕府軍が勝利し、キリシタンは弾圧されました。

しかし、大八は島原の乱で、キリシタンの拷問や処刑に携わったことで、精神を病んでしまいました。
1642年、大八は長崎奉行所に投獄され、1643年に獄中で長崎奉行を殺害しようとして処刑されました。

大八の死後、彼の遺体は長崎の刑場にさらされました。
大八の死は、キリシタン弾圧の犠牲者となった一人として、語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました