「岡本宣就」 – 16世紀に活躍した多才な兵法家

「岡本宣就」 – 16世紀に活躍した多才な兵法家

上泉流兵法の達人

上泉流兵法の達人

-「上泉流兵法の達人」-

岡本宣就は、上泉流兵法の達人であり、16世紀に活躍した多才な兵法家でした。上泉流兵法は、戦国時代の剣豪である上泉信綱が創始した兵法で、武道の形や戦術などを学ぶことができます。岡本宣就は、上泉信綱の直弟子であり、上泉流兵法の奥義を究めたといわれています。

上泉流兵法の達人である岡本宣就は、剣術のみならず、槍術、馬術、弓術など、様々な武術にも精通していました。また、戦略家としても優れており、戦場での勝利に貢献したといわれています。

岡本宣就は、戦国時代を代表する兵法家として、その名が広く知られています。彼の武勇伝は、現在でも多くの人々に語り継がれています。

-岡本宣就の生涯-

岡本宣就は、1545年に播磨国で生まれました。播磨国は、現在の兵庫県南西部に位置する地域で、古くから武術が盛んな地域でした。岡本宣就は、幼い頃から武術を学び、上泉流兵法の奥義を究めたといわれています。

岡本宣就は、1573年に上泉信綱の直弟子となりました。上泉信綱は、戦国時代の剣豪として知られており、上泉流兵法の創始者です。岡本宣就は、上泉信綱から直接指導を受け、上泉流兵法の奥義を学びました。

岡本宣就は、1582年に本能寺の変で織田信長が亡くなると、豊臣秀吉に仕えました。豊臣秀吉は、岡本宣就の武勇を高く評価し、彼を重用しました。岡本宣就は、豊臣秀吉のもとで多くの戦いに参加し、戦功を挙げました。

岡本宣就は、1615年に大坂冬の陣で豊臣秀頼が滅亡すると、浪人となりました。その後、岡本宣就は各地を放浪し、武術を教えながら生活しました。岡本宣就は、1633年に89歳で亡くなりました。

岡本宣就は、戦国時代を代表する兵法家として、その名が広く知られています。彼の武勇伝は、現在でも多くの人々に語り継がれています。

近江彦根藩主・井伊直孝に仕えた軍師

近江彦根藩主・井伊直孝に仕えた軍師

-近江彦根藩主・井伊直孝に仕えた軍師-

岡本宣就は、戦国時代から江戸時代初期にかけて活躍した兵法家です。近江彦根藩主・井伊直孝に仕え、軍師として活躍しました。

宣就は、永禄6年(1563年)に近江国坂田郡岡本村(現・滋賀県長浜市)に生まれました。幼少期から兵法を学び、15歳で井伊直政に仕えました。直政の死後は、直孝に仕え、軍師として活躍しました。

宣就は、兵法に優れており、数々の戦いで功績を挙げました。特に、関ヶ原の戦いでは、直孝の軍勢を率いて東軍に勝利し、徳川家康の天下統一に貢献しました。

宣就は、兵法家としてだけでなく、詩歌や書道にも通じており、多才な人物でした。また、人格者としても知られており、多くの人々に敬愛されました。

宣就は、寛永10年(1633年)に71歳で亡くなりました。

和歌・茶道・画など多才な文化人

和歌・茶道・画など多才な文化人

-和歌・茶道・画など多才な文化人-

岡本宣就は、兵法だけでなく、和歌、茶道、画など、多方面にわたる才能を発揮した文化人でもあります。

和歌では、1558年に『新古今和歌集』を刊行し、また『百人一首』を編纂したことで知られています。『新古今和歌集』は、平安時代末期の歌人である藤原定家が編纂した『古今和歌集』に続く勅撰和歌集であり、当時の歌壇に大きな影響を与えました。『百人一首』は、平安時代から鎌倉時代にかけての歌人100人の和歌を一首ずつ収めたもので、現在でも広く親しまれています。

茶道では、1568年に『茶道大成記』を刊行し、また茶道に欠かせない道具である茶釜や茶碗の制作にも携わりました。『茶道大成記』は、茶道の歴史や作法などをまとめた書物であり、茶道の発展に大きく貢献しました。

画では、1573年に『画道大成記』を刊行し、また絵画の制作にも取り組みました。『画道大成記』は、絵画の歴史や技法などをまとめた書物であり、絵画の発展に大きく貢献しました。

岡本宣就は、兵法だけでなく、和歌、茶道、画など、多方面にわたる才能を発揮した文化人でした。彼の才能は、日本文化の発展に大きく貢献し、現在でもその功績を称えられています。

タイトルとURLをコピーしました