「江馬義知」 (1725-1804)

「江馬義知」 (1725-1804)

江馬義知の生涯

江馬義知の生涯

– 江馬義知の生涯

江馬義知は、1725年に甲斐国(現在の山梨県)で生まれました。幼少の頃から聡明で、14歳の時には江戸に遊学し、儒学を学びました。また、武術にも優れていました。

20歳の時には、甲斐藩の藩主である柳沢吉里の側近となり、藩政改革に尽力しました。1761年には、藩主の命により、甲斐国一帯の測量を行い、その成果は「甲斐国郡中絵図」として出版されました。また、1771年には、藩校である「甲府学問所」を開設しました。

1778年には、柳沢吉里の隠居に伴い、甲斐藩の藩主となりました。藩主としては、江戸幕府の財政再建に尽力し、1787年には、幕府の勘定奉行に任命されました。また、1792年には、老中となって、幕政を主導しました。

江馬義知は、1804年に江戸で死去しました。享年79歳でした。江馬義知は、甲斐国を治めた名君として知られ、その功績は現在も語り継がれています。

江馬義知の功績

江馬義知の功績

江馬義知の功績

江馬義知は、江戸時代中期の医師であり、オランダ医学を日本に導入した先駆者の一人である。また、日本の医学教育の近代化にも貢献した。

江馬義知の功績は、大きく分けて以下の4つである。

1. オランダ医学の日本への導入
江馬義知は、平賀源内とともにアムステルダム大学に留学し、オランダ医学を学んだ。帰国後は、日本でオランダ医学を普及させるために尽力し、オランダ医学の書物を翻訳したり、オランダ医学の講義を行ったりした。

2. 日本の医学教育の近代化
江馬義知は、日本の医学教育の近代化にも貢献した。江馬義知は、西洋医学の教育機関である医学館を設立した。医学館は、日本の近代医学教育の礎となった。

3. 幕府の医学顧問としての活躍
江馬義知は、幕府の医学顧問として活躍した。江馬義知は、幕府の医療政策に影響を与え、幕府の医療制度の整備に貢献した。

4. 江戸東京大学医学部の設立に貢献
江馬義知は、江戸東京大学医学部の設立に貢献した。江馬義知は、江戸東京大学医学部の前身である医学所の設立に尽力し、江戸東京大学医学部の発展に貢献した。

江馬義知は、日本の医学の発展に大きな貢献をした。江馬義知の功績は、今日でも高く評価されている。

江馬義知の人物像

江馬義知の人物像

「江馬義知」 (1725-1804)

江馬義知の人物像

江馬義知は、江戸時代中期から後期にかけて活躍した本草学者、蘭学者、医家である。播州三木(現在の兵庫県三木市)で生まれ、大阪で学び、後に江戸に遊学し、本草学や蘭学を学ぶ。その後、三木に戻り、私塾を開き、多くの弟子を育てた。

江馬義知は、本草学の分野では、多数の著作を残している。その中でも代表的なのが「草木図説」である。この書物は、本草学の書物としては、日本初の本格的な図入り解説書であり、多くの植物を図示し、その薬効や用途を解説している。また、蘭学の分野では、オランダの医学書を翻訳し、西洋の医学を日本に紹介した。

江馬義知は、本草学や蘭学の分野で大きな功績を残したが、それ以外にも、俳諧や和歌にも優れ、多くの作品を残している。また、書道にも堪能で、その書は「江馬流」と呼ばれ、多くの門人を輩出した。

江馬義知は、本草学や蘭学、俳諧、和歌、書道など、幅広い分野で活躍した江戸時代を代表する学者・文人であり、その業績は今日でも高く評価されている。

江馬義知の主な著作

草木図説 (1783年)
薬品集成 (1784年)
薬品珍言 (1784年)
天然麻疹鑑 (1795年)
医学私言 (1799年)
漢方医鑑 (1800年)
江馬流書法 (1803年)

タイトルとURLをコピーしました