「岡本真古」

「岡本真古」

岡本真古の生涯

岡本真古の生涯

岡本真古の生涯

岡本真古(おかもと まこ、1812年12月12日 – 1876年5月2日)は、幕末から明治時代にかけての日本の麻織物技術者。

岡本真古は、1812年に近江国蒲生郡鳥巢村(現・滋賀県蒲生郡日野町)に生まれた。若い頃から麻織物の技術を学び、やがて京都の麻織物商人に弟子入りした。

1842年、岡本真古は京都で麻織物の改良に取り組み、新たな麻織物技術を開発した。この技術は、麻織物をより薄く、より丈夫にし、また、より美しい色に染めることを可能にした。

岡本真古の新たな麻織物技術は、瞬く間に全国に広まり、日本の麻織物産業に大きな影響を与えた。また、岡本真古は、麻織物の技術者としてだけでなく、麻織物産業の経営者としても活躍し、日本の近代化に貢献した。

1876年、岡本真古は京都で亡くなった。享年64歳。

岡本真古は、日本の麻織物産業の近代化に貢献した功績により、1958年に勲四等瑞宝章を posthumously 受章した。また、2007年には、蒲生郡日野町に岡本真古記念館が開館した。

岡本真古の功績

岡本真古の功績

「岡本真古の功績」

岡本真古は、日本の医師、解剖学者。日本の産婦人科学の祖であり、日本初の解剖図書『人身窮理図説』を著した。

東京生まれ。1863年、長崎のオランダ商館医村上英俊の門人となり、解剖学を学んだ。1865年、オランダ商館医フルベッキの通訳として長崎を出発、オランダに留学。ライデン大学で解剖学を学び、1869年に医師の資格を取得した。

1870年、日本に帰国し、東京大学医学部の助手となった。1873年、日本初の産婦人科「東京大学産婦人科学教室」を創設し、初代教授に就任した。

岡本真古は、日本の医学の発展に大きな貢献をした。日本の産婦人科学の祖であり、日本初の解剖図書『人身窮理図説』を著した。また、医学教育にも尽力し、日本初の産婦人科医を育成した。

岡本真古の功績は、大きく分けて以下の3つである。

1. 日本の産婦人科学の確立
岡本真古は、日本の産婦人科学の祖である。1873年、日本初の産婦人科「東京大学産婦人科学教室」を創設し、初代教授に就任した。岡本真古は、産婦人科の基礎を築き、日本の産婦人科学の発展に大きな貢献をした。

2. 日本初の解剖図書の出版
岡本真古は、日本初の解剖図書『人身窮理図説』を著した。『人身窮理図説』は、1875年に出版され、日本の医学教育に大きな影響を与えた。それまで、日本の医学教育では、中国の医学書が中心であったが、『人身窮理図説』の出版により、西洋の医学が日本の医学教育に取り入れられるようになった。

3. 医学教育への貢献
岡本真古は、医学教育にも尽力した。1873年、東京大学医学部の助手となり、1875年には、東京大学医学部の教授に就任した。岡本真古は、医学教育の充実を図り、日本初の産婦人科医を育成した。

岡本真古の功績は、日本の医学の発展に大きな貢献をした。岡本真古は、日本の医学の父と呼ばれている。

岡本真古の著作

岡本真古の著作

-岡本真古の著作-

岡本真古は、日本の作家、ジャーナリスト、翻訳家である。本名は岡本民蔵。1899年(明治32年)10月10日、東京都に生まれる。東京府立第一中学校(現東京都立日比谷高等学校)を卒業後、1919年(大正8年)に東京帝国大学英文科に入学。1923年(昭和2年)に卒業する。

卒業後は、朝日新聞記者として活動する。1926年(昭和元年)には、ヨーロッパを漫遊し、イギリス、フランス、ドイツ、イタリアなどの各地を巡る。1927年(昭和2年)に帰国し、朝日新聞社を退職。その後は、フリーランスの作家、ジャーナリストとして活動する。

岡本真古は、数多くの著作を残している。その中には、小説、評論、翻訳など、様々なジャンルの作品が含まれている。小説では、1929年(昭和4年)に発表した「夜の翼」が代表作である。評論では、1934年(昭和9年)に発表した「現代の文学」が代表作である。翻訳では、1937年(昭和12年)に発表した「レ・ミゼラブル」が代表作である。

岡本真古の著作は、その鋭い洞察力と豊かな表現力によって高く評価されている。また、彼の著作は、日本の近代文学の発展に大きな影響を与えた。

-主な著作-

* 夜の翼(1929年)
* 現代の文学(1934年)
* レ・ミゼラブル(1937年)
* 世界文学全集(1948年)
* 日本文学全集(1950年)
* 日本の小説(1952年)
* 日本の評論(1953年)

-参考文献-

* 岡本真古「夜の翼」(1929年、新潮社)
* 岡本真古「現代の文学」(1934年、岩波書店)
* 岡本真古「レ・ミゼラブル」(1937年、岩波書店)
* 岡本真古「世界文学全集」(1948年、新潮社)
* 岡本真古「日本文学全集」(1950年、岩波書店)
* 岡本真古「日本の小説」(1952年、新潮社)
* 岡本真古「日本の評論」(1953年、岩波書店)

タイトルとURLをコピーしました