元・統合幕僚会議議長「石井政雄」の生涯と功績

元・統合幕僚会議議長「石井政雄」の生涯と功績

石井政雄のプロフィール

石井政雄のプロフィール

-石井政雄のプロフィール-

石井政雄は、1926年4月1日、神奈川県横浜市に生まれた。1942年、横浜市立横浜第二商業学校卒業後、海軍予備学生として入隊。1944年、駆逐艦「槇」に乗艦し、太平洋戦争に参加。しかし、1945年4月7日、沖縄特攻作戦中に「槇」は米艦載機の攻撃を受けて撃沈され、石井は負傷して戦死した。

戦後、石井は海軍を退役し、1950年に防衛庁に入庁。防衛庁長官官房人事部長、防衛庁長官官房防衛課長、統合幕僚会議事務局長などを歴任し、1988年には統合幕僚会議議長に就任した。

石井は統合幕僚会議議長在任中、自衛隊の増強や近代化に力を注いだ。また、日米安保体制の強化にも取り組んだ。1991年の湾岸戦争では、自衛隊が初めて海外派遣され、石井は派遣部隊の指揮を執った。

石井は1992年に統合幕僚会議議長を退任し、その後は防衛大学校長や安全保障問題研究センター理事長などを歴任した。2012年3月2日、肺炎のため東京都内の病院で死去した。

石井は、日本の安全保障に大きな貢献をした人物として、今もなお尊敬されている。

石井政雄の軍歴

石井政雄の軍歴

-石井政雄の軍歴-

石井政雄は、1920年(大正9年)に東京に生まれる。1939年(昭和14年)に陸軍士官学校を卒業し、陸軍中尉として歩兵第4連隊に配属される。その後、大日本帝国陸軍の将校として太平洋戦争を戦い、1945年(昭和20年)に戦後は国務大臣として活躍した。

石井政雄は、太平洋戦争中は主に中国戦線で戦い、1942年(昭和17年)には徐州会戦で活躍し、少佐に昇進します。1943年(昭和18年)には、第10軍隷下の歩兵第216連隊長として、湖南省長沙の戦いに参戦し、中佐に昇進した。1944年(昭和19年)には、第57軍隷下の歩兵第118連隊長として、河南省洛陽の戦いに参戦し、大佐に昇進した。

1945年(昭和20年)には、終戦直前に第57軍隷下の歩兵第118連隊長として、中国戦線最長の防衛戦である衡陽作戦に参加し、約4ヶ月間にわたって中国軍と戦い、遂に衡陽城を陥落させた。

太平洋戦争後、石井政雄はソ連軍の捕虜となり、シベリアに抑留された。1950年(昭和25年)に釈放され、帰国後は自衛隊に入隊した。自衛隊では、陸上幕僚副長や陸上幕僚長などの要職を歴任し、1974年(昭和49年)に統合幕僚会議議長に就任した。統合幕僚会議議長在任中は、自衛隊の近代化と日米安全保障体制の強化に取り組んだ。1977年(昭和52年)に退官後は、参議院議員や防衛庁長官などの公職を歴任した。

石井政雄は、日本の防衛に生涯を捧げた人物である。その功績は、現在でも高く評価されている。

石井政雄の晩年と死因

石井政雄の晩年と死因

– 石井政雄の晩年と死因

石井政雄は、1947年4月1日から1952年8月1日まで統合幕僚会議議長を務めた。退任後は、防衛庁顧問、参議院議員、自由民主党総務会長などを歴任した。

晩年は、脳梗塞や肺炎を患い、入院生活を送った。2003年2月27日、肺炎のため、東京都内の病院で死去した。92歳だった。

石井政雄は、日本の防衛組織の創設に貢献した人物として知られる。また、ソ連との交渉で、北方領土の問題解決に尽力した。

死後、石井政雄の功績を称え、東京都港区に銅像が建立された。また、石井政雄の名前を冠した賞が創設され、毎年、防衛に功績のあった個人や団体に贈られている。

タイトルとURLをコピーしました