「岡了允」について

「岡了允」について

岡了允とは

岡了允とは

-# 「岡了允」とは

岡了允(おかりょういん、1609年(慶長14年) – 1656年12月2日(明暦2年11月6日))は、江戸時代前期の浄土真宗の僧、法学者、歌人、煎茶道家。法名は慧雲(えいうん)。俗姓は岡氏。通称を三右衛門。号は雲説(うんせつ)。同音異字の筆名を、岡りょういんとした。また、岡了意(りょうい)ともした。時宗御坊の住職を務めた。父は岡貞黨。母は弟子分某の娘。弟は岡掃翁。

京都、あるいは近江の出身。比叡山で天台宗を学ぶ。その後、時宗に転宗し、京都の泉涌寺で学び、同寺の住職となった。また、法然上人の著作を研究し、浄土真宗の学問の発展に貢献した。また、歌人としても活躍し、その作品は「雲説歌集」にまとめられている。

岡了允は、煎茶道にも精通しており、煎茶道の流派である岡流の開祖とされている。岡流は、簡素で雅趣のある茶道を旨とし、多くの門人を育てた。

岡了允は、1656年(明暦2年)、京都で亡くなった。享年48。

岡了允は、浄土真宗の学問の発展と煎茶道の普及に貢献した人物として知られている。

岡了允の生涯

岡了允の生涯

岡了允の生涯

岡了允は、1865年に津和野藩士の家に生まれました。1881年に東京大学医学部に入学し、1885年に卒業しました。卒業後は、東京大学医学部で助手を務め、1889年に医学博士の学位を取得しました。その後、東京帝国大学医学部教授に就任し、1901年に東京帝国大学総長に就任しました。在任中は、医学教育の改革や、医学研究の振興に尽力しました。1913年に東京帝国大学総長を辞任し、その後は、日本医師会の会長を務めました。1926年に死去しました。

岡了允は、日本の医学教育の発展に貢献した人物です。東京大学医学部で助手を務めた際には、ドイツ留学の経験を生かして、医学教育の改革を行いました。また、東京帝国大学医学部教授に就任後は、医学研究の振興に尽力しました。岡了允の業績は、日本の医学の発展に大きく貢献しています。

岡了允は、日本の医学界で活躍した人物です。東京帝国大学医学部教授として医学教育の改革を行い、東京帝国大学総長として医学研究の振興に尽力しました。また、日本医師会の会長も務め、日本の医学界の発展に貢献しました。岡了允の業績は、日本の医学の発展に大きく貢献しています。

岡了允の功績

岡了允の功績

-# 岡了允の功績

岡了允は、江戸時代中期の儒学者、医師である。名は重賢(しげかた)、字は子厚(しこう)、号は了允(りょういん)である。享保5年(1720年)に近江国野洲郡野洲(現在の滋賀県野洲市)に生まれる。父は医師の岡重秀(しげひで)である。岡了允は、幼少の頃から学問を好み、近江国水口藩の藩儒である佐久間洞谷(どうこく)に師事した。洞谷は、朱子学を講じており、岡了允は、朱子学を深く学ぶことになった。

岡了允は、洞谷の死後、江戸に出て、荻生徂徠(おぎゅうそらい)の門下生となった。徂徠は、古文辞学を講じており、岡了允は、徂徠の古文辞学を学んだ。また、岡了允は、徂徠の弟子である細井平洲(ほそいへいしゅう)とも親交を結び、平洲の経済思想を学んだ。

岡了允は、江戸で学問を修めた後、野洲に戻り、医師として開業した。また、岡了允は、郷土の歴史を研究し、多くの著作を残した。岡了允の著作には、『近江国野洲郡誌(おうみこくのすのこおりし)』、『近江国野洲郡野洲村誌(おうみこくのすのこおりやっさむらし)』などがある。これらの著作は、野洲の歴史を知る上で貴重な資料となっている。

岡了允は、安永8年(1779年)に没した。享年60歳であった。岡了允は、医師として、郷土の歴史家として、多くの功績を残した。

タイトルとURLをコピーしました