石川章長 – 江戸時代前期の武士

石川章長 – 江戸時代前期の武士

石川氏家中の家老として活躍

石川氏家中の家老として活躍

石川章長 – 江戸時代前期の武士

石川章長は、江戸時代前期の武士です。

豊後国(現在の大分県)の戦国大名である大友宗麟に仕えていましたが、宗麟の死後に豊臣秀吉の配下となりました。秀吉の死後は、徳川家康に仕えて関ケ原の戦いで活躍しました。

石川章長は、その後、石川氏家中の家老として活躍しました。

家老とは、大名家の家政を預かる役職であり、家老としての石川章長は、石川氏の領地の行政や軍事を担当していました。

石川章長は、家老として石川氏の発展に尽力し、石川氏の領地を拡大しました。

また、石川章長は、武勇にも優れており、戦いで活躍しました。

石川章長は、石川氏家中の家老として活躍し、石川氏の発展に貢献しました。

石川章長は、その後、大名に昇進し、豊後国日田藩の藩主となりました。

石川章長は、日田藩の藩主として、領地の行政や軍事を担当し、日田藩の発展に尽力しました。

石川章長は、日田藩の藩主として、1620年に死去しました。

石川章長は、江戸時代前期の武士であり、石川氏家中の家老や日田藩の藩主として活躍しました。

万石格となり、姓を石河に改める

万石格となり、姓を石河に改める

– 石川章長 – 江戸時代前期の武士

-# 万石格となり、姓を石河に改める

石川章長は、江戸時代前期に活躍した武士。徳川家康に仕え、その功績により万石格となり、姓を石河に改めた。

章長は、1551年(天文20年)に愛知県新城市に生まれた。父は石川康正、母は鵜殿氏長女。章長は、幼い頃から武芸を学び、15歳で元服した。

1567年(永禄10年)、章長は織田信長に仕えた。信長の家臣として、各地の戦いに従軍した。その後、信長が本能寺の変で死去すると、章長は徳川家康に仕えた。

家康に仕えた章長は、その功績により、1590年(天正18年)に武蔵国豊島郡谷原に1万石を与えられた。また、1600年(慶長5年)の関ヶ原の戦いでは、東軍として参戦し、勝利に貢献した。

関ヶ原の戦いの後、章長は、家康から上総国市原郡鶴牧に1万石を与えられた。また、1603年(慶長8年)に家康が征夷大将軍となると、章長は従五位下侍従に叙任された。

1607年(慶長12年)、章長は、家康から姓を石河に改めることを許された。石河氏は、章長の曾祖父である石河康光の代に、石川氏に改姓していた。章長は、石河氏の名跡を継ぐことになったのである。

章長は、1614年(慶長19年)に死去した。享年64歳。法名は、永安寺殿道誉真巌宗清居士。

宝永5年5月4日に死去

宝永5年5月4日に死去

宝永5年5月4日に死去

石川章長は、宝永5年5月4日に62歳で死去した。死去の場所は、現在の東京都文京区湯島にある法輪寺である。法輪寺は、石川章長の菩提寺であり、石川章長の墓所も同寺にある。石川章長の死因は、老衰であるとされている。

石川章長の死後、石川家は断絶した。石川章長には男子がなかったためである。石川章長の養子である石川章盈は、石川章長の死後、石川家の家督を継いだ。しかし、石川章盈もまた男子がなかったため、石川家は断絶した。

石川章長の死は、江戸時代前期の武家社会に大きな影響を与えた。石川章長は、徳川家康の重臣であり、徳川家光の側近であった。石川章長の死は、徳川家康と徳川家光の死後、徳川家光の重臣である酒井忠勝が権力を握るきっかけとなった。

石川章長の死は、江戸時代前期の政治情勢に大きな影響を与えた。石川章長の死は、徳川家康と徳川家光の死後、徳川家光の重臣である酒井忠勝が権力を握るきっかけとなった。酒井忠勝は、武断派の重臣であり、石川章長の死は、江戸時代前期の政治情勢をより武断的なものにした。

石川章長の死は、江戸時代前期の文化にも大きな影響を与えた。石川章長は、茶道や書道に優れていた。石川章長の死は、江戸時代前期の文化がより質素なものになるきっかけとなった。

タイトルとURLをコピーしました