「恵美押勝」について

「恵美押勝」について

恵美押勝の生涯

恵美押勝の生涯

恵美押勝の生涯

恵美押勝は、奈良時代の貴族・政治家です。皇位継承問題に深く関わり、桓武天皇の即位に貢献しました。しかし、桓武天皇に疑われて失脚し、最期は自害に追い込まれました。

恵美押勝は、天平宝字2年(758年)に生まれました。父は恵美恵尺、母は藤原仲麻呂の娘である藤原媛子です。恵美押勝は、藤原仲麻呂の養子となり、藤原南家の一員として育ちました。

恵美押勝は、早くから聡明で、学問を好みました。また、弓馬の術にも長けていました。藤原仲麻呂の死後、恵美押勝は、桓武天皇の信任を得て、権勢を振るいました。

しかし、恵美押勝は、権勢を笠に着て、横暴な振る舞いをするようになりました。桓武天皇は、恵美押勝を疑い始め、延暦4年(785年)に恵美押勝を九州に流罪にしました。

恵美押勝は、九州に流罪された後も、桓武天皇に反抗する姿勢を崩しませんでした。桓武天皇は、恵美押勝の処刑を命じました。恵美押勝は、延暦13年(794年)に自害に追い込まれました。

恵美押勝の生涯は、権勢と野望に翻弄された生涯でした。恵美押勝は、桓武天皇の即位に貢献した功績を残しましたが、横暴な振る舞いによって失脚し、悲惨な最期を遂げました。

藤原仲麻呂との対立

藤原仲麻呂との対立

藤原仲麻呂との対立

聖武天皇の崩御後、孝謙天皇が即位し、藤原仲麻呂は右大臣に任ぜられました。仲麻呂は恵美押勝をライバル視し、両者の対立は激化していきました。

仲麻呂は、恵美を押勝を排除するために、恵美押勝の弟である藤原広嗣と結託しました。広嗣は、恵美押勝の失脚を目論んで、恵美押勝を廃位しようとしたため、恵美押勝は広嗣を討伐しました。

恵美押勝は、広嗣の乱を平定した後、仲麻呂を排除するために、仲麻呂の失脚を目論んで、仲麻呂を廃位しようとしたため、仲麻呂は恵美押勝を討伐しました。

恵美押勝は、仲麻呂を討伐した後、権力を掌握しましたが、わずか1年後に病死しました。仲麻呂は、恵美押勝の死後、権力を回復しましたが、恵美押勝の死後、恵美押勝の残党が反乱を起こし、仲麻呂は殺害されました。

恵美押勝と藤原仲麻呂の対立は、奈良時代の政情に大きな影響を与えました。両者の対立は、最終的に恵美押勝と藤原仲麻呂の死という悲劇的な結末を迎えることになりました。

恵美押勝の乱と最期

恵美押勝の乱と最期

-恵美押勝の乱と最期-

恵美押勝は、奈良時代の貴族・軍人。藤原不比等の次男で、藤原仲麻呂の弟。称徳天皇の寵愛を受け、右大臣にまで昇進した。しかし、称徳天皇の死後、光仁天皇が即位すると、恵美押勝は失脚した。

恵美押勝は、光仁天皇を廃位し、自身が天皇に即位することを企て、764年に挙兵した。しかし、光仁天皇の軍に敗れ、近江国で自害した。

恵美押勝の乱は、奈良時代末期に起こった最大の反乱である。この乱によって、藤原氏の権勢は衰退し、桓武天皇による平安京への遷都へとつながった。

恵美押勝は、野心家で、権力欲が強かったとされる。しかし、その一方で、優れた政治家でもあった。恵美押勝は、称徳天皇の寵愛を受け、右大臣にまで昇進した。これは、恵美押勝の政治的手腕の高さがあったからである。

しかし、恵美押勝は、光仁天皇の即位後、失脚した。これは、恵美押勝の権勢が強くなりすぎたことを光仁天皇が恐れたためである。恵美押勝は、光仁天皇を廃位し、自身が天皇に即位することを企て、挙兵した。しかし、恵美押勝は、光仁天皇の軍に敗れ、近江国で自害した。

恵美押勝は、野心家で、権力欲が強かったとされる。しかし、その一方で、優れた政治家でもあった。恵美押勝は、称徳天皇の寵愛を受け、右大臣にまで昇進した。これは、恵美押勝の政治的手腕の高さがあったからである。

タイトルとURLをコピーしました