一「江村如圭」(⇒江村如亭)

一「江村如圭」(⇒江村如亭)

江村如圭-幕臣

江村如圭-幕臣

-江村如圭-幕臣と生き方-

-幕臣時代を経て、やがて開国の策を提言-

一「江村如圭」(⇒江村如亭)は、「幕臣」として幕府に仕え、やがて開国の策を提言した人物である。

江村如圭は、1820年に江戸に生まれた。1840年に幕府の昌平黌に入学し、蘭学や儒学を学ぶ。1845年に、幕府の勘定奉行に任命される。

当時、日本は鎖国政策をとっており、外国との貿易は禁止されていた。しかし、アヘン戦争などで外国の勢力が日本に迫りつつあった。江村如圭は、日本が鎖国政策を続けることは不可能だと考え、開国の策を提言した。

江村如圭の開国の策は、幕府に受け入れられ、1854年に日米和親条約が締結された。この条約により、日本は鎖国政策を放棄し、外国との貿易が解禁された。

江村如圭は、開国の功績が認められ、1855年に、幕府の老中に任命される。老中として、江村如圭は、幕府の財政改革や軍制改革を進めた。

1860年に、桜田門外の変で失脚。1861年に、赦免される。1862年に、幕府の勘定奉行に復帰。

江村如圭は、1864年に死去した。享年44歳。

-まとめ-

江村如圭は、幕臣として、開国の策を提言し、日本近代化に貢献した人物である。江村如圭の功績は、今もなお、日本人に語り継がれている。

幕府足軽-江村如圭

幕府足軽-江村如圭

-幕府足軽-江村如圭-

江村如圭は、江戸時代前期に活躍した足軽であり、剣術家であった。号は如圭。諱は保重。通称は源助。

如圭は、甲斐国(現・山梨県)に生まれた。若い頃に江戸に出て、幕府の足軽となった。足軽として働きながら、剣術を学び、やがて免許皆伝となった。

如圭は、剣術の腕前が高く、数々の試合で勝利を収めた。また、剣術の指南も行い、多くの弟子を育てた。如圭の弟子には、柳生宗厳、中山博之、小野忠明、福永忠左衛門などがいる。

如圭は、寛永21年(1644年)に没した。享年63。

如圭は、幕府の足軽でありながら、剣術の達人として知られた人物である。如圭の剣術は、後世の剣術家にも大きな影響を与えた。

-如圭の剣術-

如圭の剣術は、一刀流を基礎としたものであった。一刀流は、宮本武蔵が創始した剣術であり、当時最も流行していた剣術の一つであった。

如圭は、一刀流の技をさらに研究し、独自の剣術を編み出した。如圭の剣術は、速さと正確さを兼ね備えたものであり、また、相手の隙をついて攻撃する技に優れていた。

如圭の剣術は、数々の試合で勝利を収め、多くの弟子を育てた。如圭の弟子の中には、柳生宗厳、中山博之、小野忠明、福永忠左衛門など、後の剣術界で活躍する人物が数多く含まれている。

-如圭の功績-

如圭は、幕府の足軽でありながら、剣術の達人として知られた人物である。如圭の剣術は、後世の剣術家にも大きな影響を与えた。

如圭の功績は、以下の通りである。

* 幕府の足軽でありながら、剣術の達人として知られた人物である。
* 一刀流を基礎とした独自の剣術を編み出した。
* 数々の試合で勝利を収め、多くの弟子を育てた。
* 弟子の中には、柳生宗厳、中山博之、小野忠明、福永忠左衛門など、後の剣術界で活躍する人物が数多く含まれている。

維新後-江村如圭

維新後-江村如圭

-維新後~江村如圭-

江村如圭は、明治維新後、多くの藩士たちと同じように、生活に困窮しました。そこで、彼は一時、書道と絵画の教師をして生計を立てていました。しかし、その生活は長くは続かず、やがて彼は故郷の薩摩に帰郷しました。

故郷に戻った江村如圭は、私塾を開いて、書道と絵画を教えました。また、彼は薩摩藩の重臣である島津久光の支援を受け、薩摩藩の藩校である造士館の書道教授として招かれました。

造士館で書道教授として働いていた頃、江村如圭は、薩摩藩の藩主である島津斉彬に書道を指導しました。島津斉彬は、江村如圭の書道を非常に気に入り、彼に「如亭」という号を授けました。これが、江村如亭という名前の由来です。

江村如亭は、その後、薩摩藩の重臣である西郷隆盛や大久保利通と親交を深め、薩摩藩の政治にも関わるようになりました。維新後は、明治政府に出仕し、元老院議官や枢密顧問官などの要職を歴任しました。

江村如亭は、書道家としてだけでなく、政治家としても活躍した偉人です。彼の書道は、明治維新後、日本書道の発展に大きな影響を与えました。また、彼の政治活動は、明治政府の近代化に大きく貢献しました。

タイトルとURLをコピーしました