江本義数 – 微生物学者として法隆寺金堂焼損壁画を救った男

江本義数 – 微生物学者として法隆寺金堂焼損壁画を救った男

微生物の研究に生涯を捧げた江本義数

微生物の研究に生涯を捧げた江本義数

-微生物の研究に生涯を捧げた江本義数-

江本義数は1893年、福井県大飯郡常神村(現・大飯郡高浜町)に生まれた。幼い頃から微生物に興味を持ち、中学卒業後は京都帝国大学農学部に進学した。大学卒業後は京都府立医科大学教授に就任し、微生物の研究に没頭した。

江本の研究は、微生物が人間の健康に及ぼす影響や、微生物による感染症の予防など、多岐にわたった。1929年には、微生物による食中毒の原因を解明し、食中毒予防のための対策を講じた。また、1935年には、結核菌の培養方法を開発し、結核の診断と治療に貢献した。

江本の研究は、微生物学の発展に大きく貢献した。1949年には、京都大学名誉教授に就任し、1957年に文化勲章を受章した。1965年に死去するまで、微生物の研究に生涯を捧げた。

江本の功績は、微生物学の発展にとどまらない。1949年、法隆寺金堂の壁画が焼損した際に、江本は微生物の研究を生かして壁画の修復に貢献した。また、1951年には、日本微生物学会を設立し、微生物学の普及に努めた。

江本義数は、微生物学の発展に貢献した偉大な科学者である。微生物を研究することで、人間の健康を守り、文化財を保存し、微生物学の発展に寄与した。

法隆寺金堂焼損壁画の微生物調査と修復

法隆寺金堂焼損壁画の微生物調査と修復

– 法隆寺金堂焼損壁画の微生物調査と修復 –

法隆寺金堂は、奈良県奈良市にある法隆寺の金堂であり、聖徳太子の死後、その功績を称えて建てられた。飛鳥時代末期の670年に完成し、現存する世界最古の木造建築物として知られている。金堂は、1949年1月26日に火災が発生し、内部の壁画や仏像などが焼失した。この火災は、線香の火の不始末によるものとされている。

焼損した壁画は、その後、東京国立博物館に移され、修復作業が行われた。修復作業は、1953年から1955年まで行われ、壁画は原状に復元された。しかし、壁画にはまだ微生物がおり、それが壁画を傷つけていることがわかった。

そこで、微生物学者である江本義数は、壁画の微生物調査を行い、微生物を駆除するための方法を開発した。江本義数は、1955年に、壁画の微生物調査を開始した。この調査の結果、壁画には、細菌、カビ、藻類など、さまざまな微生物が生息していることがわかった。これらの微生物は、壁画の顔料を分解したり、壁画にシミを作ったり、壁画を腐食させたりしていた。

江本義数は、壁画の微生物を駆除するため、殺菌剤や抗菌剤を使った方法を開発した。この方法によって、壁画の微生物を駆除することができた。江本義数の研究は、壁画の修復に大きな貢献をした。

江本義数は、1913年に、愛媛県に生まれた。1936年に、東京帝国大学(現在の東京大学)を卒業した。その後、東京帝国大学農学部で助教授を務めた。1949年に、法隆寺金堂の火災が発生した際、東京国立博物館の依頼を受けて、壁画の微生物調査を行い、微生物を駆除するための方法を開発した。1955年に、壁画の修復が完了した。1981年に、江本義数は、東京大学名誉教授に就任した。1999年に、江本義数は、85歳で死去した。

日本変形菌原色図譜

日本変形菌原色図譜

-日本変形菌原色図譜-

江本義数は、微生物学者であり、法隆寺金堂焼損壁画を救った男として知られています。彼はまた、日本変形菌原色図譜を著し、日本の変形菌研究に大きな貢献をしました。

日本変形菌原色図譜は、1990年に江本義数と藤井宗一によって著された図鑑です。この図鑑は、日本で見られる変形菌110種を収録しており、それぞれの写真や解説が掲載されています。

日本変形菌原色図譜は、日本の変形菌研究のバイブルとも呼ばれる重要な図鑑です。この図鑑は、研究者や学生のみならず、一般の愛好家にも親しまれています。

江本義数は、微生物学者として法隆寺金堂焼損壁画を救った男として知られています。しかし、彼はまた、日本変形菌原色図譜を著し、日本の変形菌研究に大きな貢献をした人物でもあります。

日本変形菌原色図譜は、江本義数の変形菌研究の集大成ともいえる作品です。この図鑑は、日本の変形菌研究の発展に大きく貢献しました。

タイトルとURLをコピーしました