鞍作徳積:飛鳥時代の僧侶

鞍作徳積:飛鳥時代の僧侶

鞍作徳積とは

鞍作徳積とは

-鞍作徳積とは-

鞍作徳積(くらつくのりづみ)は、飛鳥時代の僧侶である。飛鳥時代の摂政・蘇我馬子の弟、蘇我石川麻呂の子。甥に蘇我入鹿、蘇我石川郎女らがいる。遣隋使として隋に留学し、帰国後は蘇我氏の一員として、物部氏による仏教排斥(物部守屋)に抵抗する。仏教を保護して、三論宗を伝えて、日本仏教の発展に貢献した。

鞍作徳積は、587年(崇峻天皇2年)に生まれた。蘇我石川麻呂の子で、蘇我馬子の甥にあたる。鞍作氏は、武具や装身具を作る氏族で、徳積も武具を作る職人に属していた。

徳積は、若い頃から仏教に傾倒し、598年(推古天皇6年)に遣隋使として隋に留学した。隋では、仏教を学び、三論宗の僧侶となった。604年(推古天皇12年)に帰国した後、蘇我氏の一員として、物部氏による仏教排斥(物部守屋)に抵抗した。

606年(推古天皇14年)、物部守屋は、仏教を保護していた聖徳太子の邸宅を焼き討ちにする。徳積は、この事件を機に、仏教を保護するため、三論宗の寺院を建立する。また、仏教の教義を説くなどして、仏教の普及に努めた。

622年(推古天皇30年)、徳積は、63歳で死去した。徳積の死後、三論宗は、日本仏教の発展に大きな役割を果たすことになった。

僧都とは

僧都とは

-僧都とは-

僧都とは、日本の古代において、僧侶に与えられた僧階の一つである。僧階は、僧侶の位階を示すもので、奈良時代から平安時代にかけて、僧侶の社会的地位を定めるために制定された。僧都は、僧階の中で、僧綱(僧侶の統括機関)を構成する僧侶に与えられる位であり、僧綱を構成する僧侶の中でも、最上位の位である。

僧綱を構成する僧侶は、僧正、僧都、律師の三名である。僧正は、僧綱の長であり、僧都は、僧正の補佐役である。律師は、僧綱の事務を担当する僧侶である。僧都は、僧正の補佐役としての役割を果たすほか、僧綱の事務にも携わる僧侶である。

僧都は、僧階の中で、僧正に次ぐ位であり、僧綱を構成する僧侶の中でも、最上位の位である。僧都は、僧正の補佐役としての役割を果たすほか、僧綱の事務にも携わる僧侶である。僧都は、僧綱を構成する僧侶として、僧侶社会において重要な役割を果たした。

鞍作徳積の業績

鞍作徳積の業績

鞍作徳積の業績

鞍作徳積は、飛鳥時代の僧侶であり、飛鳥寺や興福寺などの建立に尽力した人物として知られています。また、仏教の普及にも貢献し、多くの弟子を育て上げています。

鞍作徳積の最大の功績は、飛鳥寺と興福寺の建立です。飛鳥寺は、日本最初の仏教寺院として知られており、飛鳥時代の政治の中心地であった飛鳥に建てられました。興福寺は、飛鳥寺の別院として建てられ、後に奈良に遷都された際に奈良の都に移されました。

鞍作徳積はまた、仏教の普及にも貢献しました。鞍作徳積は、飛鳥寺や興福寺で仏教の教えを広め、多くの人々を仏教に帰依させました。また、鞍作徳積は、仏教の経典を翻訳し、仏教の教えを日本に根付かせることに努めました。

鞍作徳積は、飛鳥時代の仏教界において重要な人物であり、その業績は今日でも高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました