人名辞典-「卜部兼頼」

人名辞典-「卜部兼頼」

卜部兼頼の生涯と業績

卜部兼頼の生涯と業績

-卜部兼頼の生涯と業績-

卜部兼頼は、平安時代前期の貴族・陰陽師・天文博士・歌人です。卜部氏は、代々陰陽師を務めた家系で、兼頼は貞観2年(860年)に卜部高継の子として生まれました。兼頼は、幼い頃から陰陽道を学び、文章生に補せられた後、陰陽頭に任じられました。また、天文博士も兼任し、暦の作成や天体の観測を行いました。

兼頼は、陰陽師として多くの功績を残しました。貞観19年(877年)に起こった日光の蝕の際、兼頼は正確にその日時を予測し、朝廷の賞賛を受けました。また、兼頼は、貞観8年(866年)に渤海使が来朝した際、その一行の通訳を務めました。兼頼は、渤海語を流暢に操り、渤海使との交渉に貢献しました。

兼頼は、歌人としても優れた才能を発揮しました。兼頼は、古今和歌集の撰者の一人で、その中に40首の歌が収められています。兼頼の歌は、優美で叙情的な作風が特徴です。

兼頼は、延喜20年(920年)に亡くなりました。兼頼は、陰陽師として、天文博士として、歌人として、平安時代前期に活躍した優れた人物でした。

兼頼は、陰陽師として、多くの功績を残しました。貞観19年(877年)に起こった日光の蝕の際、兼頼は正確にその日時を予測し、朝廷の賞賛を受けました。また、兼頼は、貞観8年(866年)に渤海使が来朝した際、その一行の通訳を務めました。兼頼は、渤海語を流暢に操り、渤海使との交渉に貢献しました。

兼頼は、歌人としても優れた才能を発揮しました。兼頼は、古今和歌集の撰者の一人で、その中に40首の歌が収められています。兼頼の歌は、優美で叙情的な作風が特徴です。

兼頼は、延喜20年(920年)に亡くなりました。兼頼は、陰陽師として、天文博士として、歌人として、平安時代前期に活躍した優れた人物でした。

「旧事本紀」の書写

「旧事本紀」の書写

卜部兼頼は、9世紀初頭に活躍した日本の平安時代の官僚・学者。卜部氏の宗家である卜部茂貞の子として、山城国(現在の京都府)に生まれる。若い頃から学問を好み、大学寮で儒教や史学を学ぶ。808年に文章生となり、810年に従七位下左少史に任じられる。814年に文章博士となり、816年に従五位下右少弁に昇進。820年に従五位上左中弁に任じられ、823年に参議に昇進した。

卜部兼頼は、『旧事本紀』の書写にも携わっている。『旧事本紀』は、仁徳天皇から履中天皇までの天皇の事績を記した歴史書で、620年に編纂された。しかし、その後、散逸してしまい、9世紀初頭にはその存在すら知られていなかった。821年、卜部兼頼は『旧事本紀』の写本を発見し、これを書写して朝廷に献上した。この書写本は、現在、内閣文庫に所蔵されている。

『旧事本紀』の書写は、卜部兼頼の学問への熱心さと、日本の歴史に対する理解の深さを示すものである。この書写本は、日本の歴史研究に欠かせない貴重な資料となっており、卜部兼頼の功績をたたえるものとなっている。

『旧事本紀』は、卜部兼頼の書写によって、再び世に出るようになった。しかし、この書写本は、その後、散逸してしまい、平安時代末期には再びその存在が知られなくなった。14世紀初頭、吉田兼倶が『旧事本紀』の写本を発見し、これを書写して朝廷に献上した。この書写本は、現在、神宮文庫に所蔵されている。

吉田兼倶の書写本は、『旧事本紀』の唯一の写本として、日本の歴史研究に欠かせない貴重な資料となっている。卜部兼頼と吉田兼倶の功績は、日本の歴史研究に大きく貢献しており、その功績は永遠に語り継がれるであろう。

石清水八幡宮への指南

石清水八幡宮への指南

– 石清水八幡宮への指南

卜部兼頼が石清水八幡宮に対して指南を行ったのは、1305年(永仁3年)のことである。この時、兼頼は石清水八幡宮の祭祀を司る卜部氏の当主であり、また、朝廷の勘申役を務めていた。

兼頼が指南を行った背景には、石清水八幡宮が衰退していたという事情があった。石清水八幡宮は、平安時代には朝廷や貴族の崇敬を集めた有力な神社であったが、鎌倉時代以降は、その勢力が衰退していた。その原因としては、鎌倉幕府による寺社勢力の抑制政策や、京都の遷都などがあげられる。

兼頼は、石清水八幡宮の衰退を憂慮し、その再興を図るために指南を行った。指南の内容は、石清水八幡宮の祭祀を整備し、社殿を修築し、神職の待遇を改善するなど、多岐にわたった。

兼頼の指南は、石清水八幡宮の再興に大きく貢献した。石清水八幡宮は、兼頼の指南を受けてから、再び朝廷や貴族の崇敬を集めるようになり、その勢力を回復した。また、石清水八幡宮は、室町時代には、足利将軍家の崇敬を受け、その権威を高めていった。

兼頼は、石清水八幡宮の再興に貢献しただけでなく、卜部氏の権威を高めた。卜部氏は、兼頼の指南を受けてから、朝廷や石清水八幡宮から厚遇を受け、その勢力を強めた。卜部氏は、室町時代には、朝廷の勘申役を務め、その権威を高めていった。

兼頼が石清水八幡宮に対して行った指南は、石清水八幡宮の再興と卜部氏の権威を高めることに大きく貢献した。兼頼の指南は、日本の宗教史において重要な出来事である。

タイトルとURLをコピーしました