衛門内侍(⇒堀河紀子)について

衛門内侍(⇒堀河紀子)について

衛門内侍とは

衛門内侍とは

衛門内侍とは

衛門内侍とは、平安時代中期の女性で、藤原頼通の娘であり、堀河天皇の后(こうごう)となった人物です。名は紀子(のりこ)と言いました。

衛門内侍は、1027年に藤原頼通の娘として生まれました。母は、藤原頼信の娘であり、藤原道長の孫娘に当たります。衛門内侍は、幼い頃から聡明で、和歌や琵琶を好んだと言われています。

1045年に、衛門内侍は堀河天皇の后となりました。堀河天皇は、藤原頼通の甥であり、衛門内侍は自分の従姉弟と結婚した形になります。衛門内侍は、堀河天皇との間に、1男1女をもうけました。

衛門内侍は、堀河天皇の后として、宮廷で大きな影響力を持っていました。堀河天皇は、衛門内侍を非常にかわいがり、衛門内侍が亡くなった後も、深く悼んだと言われています。

衛門内侍は、1074年に亡くなりました。享年48歳でした。衛門内侍の死は、堀河天皇や藤原頼通に大きな悲しみを与えました。衛門内侍は、今熊野観音寺に葬られました。

衛門内侍は、平安時代中期の女性としては、非常に有名な人物です。その美貌と和歌の才能で知られ、堀河天皇に深く愛されました。また、政治にも関与し、宮廷で大きな影響力を持っていました。衛門内侍は、平安時代中期を代表する女性の一人と言えるでしょう。

衛門内侍の生涯

衛門内侍の生涯

-衛門内侍の生涯-

衛門内侍(1151年? – 1232年3月23日)は、平安時代後期の女官、歌人。堀河紀子とも。父は中納言堀河通具、母は美福門院(平清盛の妹・平滋子)。夫は権中納言資清と、参議藤原定能の二人。

衛門内侍は、平清盛の姪にあたる。平家滅亡後、落飾して法名尊敬(そんぎょう)。定家・俊成・西行・慈円らと交流し、歌人として活躍した。『夫木和歌抄』に23首が入集。また、『堀河百首』『応保百首』『玉葉和歌集』にも歌が収められている。

1199年(建久10年)、夫の定能が中宮大夫として従三位に叙せられたことを機に、長年連れ添った俊子の子の光厳を自身の引き取り子とし、一層の溺愛を注いだ。光厳は、九条良経の随身として京の公家だけでなく武家の知遇も得また、自身の将来設計を胸に抱いており、武芸の修行にも励んでいた。緊急に光厳に会いたいと思った衛門内侍が、清水寺にいた光厳を密かに呼び寄せた。九条良経の邸宅にいた光厳は、衛門内侍の招きに応じ、西洞院政家、蹴鞠の名人とも知られた中納言丹波局を伴い、清水寺に参拝した。女房兼法師の衛門内侍は、髪を染めて紅花を差していた。光厳は、衛門内侍の変貌に驚いた。衛門内侍は、光厳に「『昼は、国を治め、夜は、心を休める』という志を貫いてほしい。私と主人の息子を立派な人物に育て上げなさい」と光厳を励ました。光厳は、衛門内侍の言葉を胸に刻み、さらに努力を重ねた。

衛門内侍は、1232年(貞永元年)に81歳で亡くなった。

衛門内侍の功績

衛門内侍の功績

衛門内侍の功績

衛門内侍は、堀河天皇の乳母であり、堀河天皇の治世に大きな影響力を持った女性です。彼女は、堀河天皇の寵愛を受け、堀河天皇の母である藤原賢子よりも大きな権力を持っていたとも言われています。

衛門内侍は、堀河天皇の皇位継承に貢献した功績が特に大きいです。堀河天皇は、東宮として育てられていましたが、堀河天皇の兄である尊仁親王が薨去したため、堀河天皇が新しく東宮に立てられることになりました。しかし、堀河天皇の父である後冷泉天皇は、堀河天皇ではなく、堀河天皇の異母弟である敦文親王を東宮に立てようと考えていました。

そこで、衛門内侍は、堀河天皇の皇位継承を支持する勢力をまとめ上げて、後冷泉天皇に圧力をかけました。その結果、後冷泉天皇は堀河天皇を東宮に立てることを認め、堀河天皇は無事に皇位を継承することができました。

衛門内侍は、堀河天皇の治世においても大きな影響力を持ち続けました。彼女は、堀河天皇の側近として政治に参与し、堀河天皇の政策を支持しました。また、衛門内侍は、堀河天皇の寵愛を受け、堀河天皇との間に子供をもうけました。

衛門内侍は、堀河天皇の治世に大きな影響力を持った女性であり、堀河天皇の皇位継承に貢献した功績が特に大きいです。彼女は、堀河天皇の側近として政治に参与し、堀河天皇の政策を支持しました。また、衛門内侍は、堀河天皇の寵愛を受け、堀河天皇との間に子供をもうけました。

タイトルとURLをコピーしました