慧琳尼 (1718年~1789年)

慧琳尼 (1718年~1789年)

生い立ちと出家

生い立ちと出家

生い立ちと出家

慧琳尼は延享5年(1748年)、美濃国安八郡加納村(現在の岐阜県岐阜市)の庄屋加納惣蔵の娘として生まれました。幼い頃から聡明で、10歳の時にはすでに漢籍に通じていました。15歳の時、父を亡くし、家督を継ぎますが、2年後に江戸に出て、西本願寺の僧侶である蓮如上人について仏教を学びます。

19歳の時、蓮如上人に剃髪を許され、慧琳尼と名を改めます。その後、京都の光明寺で修行し、22歳の時には、西本願寺の法主である顕如上人の側近として仕えます。

慧琳尼は、顕如上人の寵愛を受け、やがて彼の妾となりました。顕如上人には多くの側室がいましたが、慧琳尼はとりわけ寵愛され、顕如上人の息子である准如上人の教育係を務めました。

准如上人は、後に西本願寺の法主となり、慧琳尼は准如上人の母として西本願寺で大きな権力を持ちました。慧琳尼は、西本願寺の寺領を拡大し、また、西本願寺の僧侶の教育にも力を入れ、西本願寺の発展に貢献しました。

慧琳尼は、安永8年(1779年)、62歳の時に京都で亡くなりました。

真言宗で活躍

真言宗で活躍

-真言宗で活躍-

慧琳尼は、真言宗の尼僧であり、真言密教の研究者として知られています。彼女は1718年に京都に生まれ、10代の頃から真言密教を学び始めました。1738年に得度し、法名を慧琳としました。1744年に京都の仁和寺で密教の修行を始め、1751年に密教の伝法灌頂を受けました。

慧琳尼は、密教の研究者として多くの著作を残しています。その中で特に有名なのが、『真言秘密宝記』です。『真言秘密宝記』は、真言密教の教義や修行方法について解説した書物であり、真言密教を学ぶための基本的なテキストとして使用されています。

慧琳尼は、真言宗の僧侶として多くの弟子を育て上げました。その中には、後に真言宗の管長となった僧侶もいます。慧琳尼は、真言密教の研究者としてだけでなく、真言宗の発展に貢献した人物としても知られています。

慧琳尼は、1789年に72歳で亡くなりました。彼女の墓所は、京都の仁和寺にあります。慧琳尼は、真言密教の研究者として、また真言宗の発展に貢献した人物として、現在もなお尊敬されています。

天明4年に長福寺再興

天明4年に長福寺再興

-天明4年に長福寺再興-

慧琳尼(1718年~1789年)は、江戸時代中期の尼僧です。

天明4年(1784年)に、慧琳尼は長福寺を再興しました。長福寺は、慧琳尼の師匠である浄土真宗の僧侶・廓山了聞が創建した寺でしたが、廓山了聞の死後、荒廃していました。

慧琳尼は、長福寺を再興するために、自ら資金を集めて、寺を修復しました。また、慧琳尼は、長福寺に多くの僧侶を招いて、説法を行いました。

慧琳尼の努力により、長福寺は、再び繁栄する寺となりました。

慧琳尼は、長福寺を再興しただけでなく、多くの社会事業にも尽力しました。

慧琳尼は、貧しい人々を救済するために、施粥を行ったり、孤児を養育したりしました。また、慧琳尼は、寺子屋を開設して、子供たちに教育を施しました。

慧琳尼は、その功績により、人々から尊敬されました。

慧琳尼は、天明7年(1787年)に、亡くなりました。慧琳尼の死後、長福寺は、慧琳尼の弟子たちによって守られ、今日まで続いています。

タイトルとURLをコピーしました