エルギン卿 – 幕末に来日したイギリス外交官

エルギン卿 – 幕末に来日したイギリス外交官

エルギン卿の生涯

エルギン卿の生涯

-エルギン卿の生涯-

エルギン卿(本名 ジェームズ・ブルース)、1811年7月20日にロンドンで生まれました。父親は、第8代エルギン伯爵だったトーマス・ブルースです。ブルースは、イートン・カレッジ、オックスフォード大学クライスト・チャーチに進学し、そこで古典文学を学びました。

ブルースは、1835年に外務大臣を務めていた父親の秘書官として外交官生活を始めました。1842年に、中国の香港総督に任命され、1846年に初代香港知事に昇進しました。香港知事として、ブルースは、香港のインフラ整備や貿易振興に尽力しました。

1857年、ブルースは、幕末の日本で初代駐日英国公使に任命されました。ブルースは、1858年に、日本の全権代表である井伊直弼と日英修好通商条約を締結しました。この条約により、日本は、イギリスに開国し、両国間の貿易が自由化されました。

ブルースは、1859年に駐日英国公使を辞任し、イギリスに帰国しました。ブルースは、1860年に父が亡くなった後、第9代エルギン伯爵を継承しました。1861年からは、インド総督を務めました。

ブルースは、1863年にインドで死去しました。享年52歳でした。ブルースは、イギリスの外交官として、中国や日本との関係を改善し、両国との貿易振興に貢献しました。

エルギン卿の来日

エルギン卿の来日

-エルギン卿の来日-

エルギン卿は、1858(安政5)年にイギリス外交官として来日しました。彼は、イギリス政府の要請を受けて、日英修好通商条約を締結するため来日したのです。

エルギン卿は、1858(安政5)年8月に長崎に到着しました。彼は、長崎奉行所と交渉を行い、日英修好通商条約の締結に成功しました。この条約は、イギリスの商人や外交官が日本に住み、貿易を行うことを認めるものでした。

エルギン卿は、日英修好通商条約の締結後、江戸に向かいました。彼は、江戸城で江戸幕府の老中と会談し、日本の開国を促しました。エルギン卿は、日本の開国に成功し、イギリスの利益を拡大することに貢献しました。

エルギン卿は、1859(安政6)年に帰国しました。彼は、日本での功績を認められ、爵位を授与されました。エルギン卿は、イギリスの外交官として活躍し、イギリスの利益を拡大することに貢献しました。

エルギン卿の功績

エルギン卿の功績

-エルギン卿の功績-

エルギン卿は、幕末に来日したイギリス外交官であり、日本とイギリスの国交樹立に大きく貢献しました。

1858年、エルギン卿はイギリス全権大使として来日し、江戸幕府と日英修好通商条約を締結しました。この条約は、日本とイギリスの間で初めて結ばれた近代的な通商条約であり、日本を世界に開放する画期的な出来事でした。

エルギン卿は、また、日本におけるキリスト教の布教にも尽力しました。1860年、エルギン卿は江戸幕府にキリスト教布教の自由を認めさせ、日本のキリスト教徒は初めて公然と信仰を告白することができるようになりました。

エルギン卿の功績は、日本とイギリスの国交樹立、日本の近代化、そしてキリスト教の布教など、多岐にわたります。エルギン卿は、近代日本の発展に大きく貢献した偉大な外交官でした。

-以下は、エルギン卿の功績の具体例です。-

* 日英修好通商条約の締結(1858年)
* 日本のキリスト教布教の自由の獲得(1860年)
* イギリス商人の横浜居留地の獲得(1862年)
* 日本の関税自主権の獲得(1866年)
* 日本の近代化への貢献(1868年)

エルギン卿の功績は、日本とイギリスの国交樹立、日本の近代化、そしてキリスト教の布教など、多岐にわたります。エルギン卿は、近代日本の発展に大きく貢献した偉大な外交官でした。

タイトルとURLをコピーしました