県犬養姉女 – 皇位継承争いに巻き込まれた奈良時代の女官

県犬養姉女 – 皇位継承争いに巻き込まれた奈良時代の女官

県犬養姉女の生涯と功績

県犬養姉女の生涯と功績

-県犬養姉女の生涯と功績-

-県犬養姉女-は、奈良時代の女官であり、聖武天皇の皇位継承争いに巻き込まれた人物である。

-聖武天皇-は、天平14年(742年)に崩御し、皇太子であった-安積親王-が即位した。しかし、安積親王はわずか1ヶ月後に崩御し、皇位は空位となった。

この時、皇位継承候補として有力視されたのが、聖武天皇の娘である-阿倍内親王-と、聖武天皇の異母弟である-仲麻呂-であった。

-仲麻呂-は、聖武天皇の寵臣であり、権勢を振るっていた。そのため、仲麻呂は阿倍内親王を廃し、自身を天皇に即位させようとした。

しかし、阿倍内親王を支持する勢力も強く、両者の間で皇位継承争いが勃発した。

この皇位継承争いに際し、県犬養姉女は阿倍内親王を支持した。県犬養姉女は、阿倍内親王の乳母であり、阿倍内親王に忠実であった。

県犬養姉女は、阿倍内親王を支持するため、仲麻呂の陰謀を暴き、仲麻呂を滅亡に追い込んだ。

こうして、阿倍内親王は皇位を継承し、-孝謙天皇-として即位した。

孝謙天皇は、県犬養姉女の功績を賞し、県犬養姉女を正三位に昇進させた。

県犬養姉女は、その後も孝謙天皇に仕え、孝謙天皇の信任を得た。

天平宝字8年(764年)、孝謙天皇は譲位し、皇太子であった-淳仁天皇-が即位した。

しかし、淳仁天皇は、孝謙天皇と対立しており、孝謙天皇を廃位しようとした。

この時、県犬養姉女は孝謙天皇を支持し、淳仁天皇の陰謀を暴き、淳仁天皇を廃位に追い込んだ。

こうして、孝謙天皇は再び皇位に復帰し、-称徳天皇-として即位した。

称徳天皇は、県犬養姉女の功績を賞し、県犬養姉女を従一位に昇進させた。

県犬養姉女は、その後も称徳天皇に仕え、称徳天皇の信頼を得た。

神護景雲4年(770年)、称徳天皇が崩御し、皇太子であった-光仁天皇-が即位した。

光仁天皇は、県犬養姉女を敬い、県犬養姉女に太政大臣の位を贈った。

県犬養姉女は、光仁天皇の崩御後も、桓武天皇の時代まで生き延びた。

県犬養姉女は、奈良時代の女官であり、聖武天皇の皇位継承争いに巻き込まれた人物である。

県犬養姉女は、阿倍内親王を支持し、仲麻呂の陰謀を暴き、孝謙天皇の即位に貢献した。

県犬養姉女は、孝謙天皇と称徳天皇に仕え、両天皇の信任を得た。

県犬養姉女は、奈良時代を代表する女官であり、その功績は称えられるべきである。

不破内親王と塩焼王との子・氷上志計志麻呂を皇位につけようとした事件

不破内親王と塩焼王との子・氷上志計志麻呂を皇位につけようとした事件

氷上志計志麻呂謀反事件

不破内親王と塩焼王との子・氷上志計志麻呂を皇位につけようとした事件

聖武天皇の崩御後、皇位継承を巡って争いが起こりました。これが氷上志計志麻呂謀反事件です。

氷上志計志麻呂は、聖武天皇の異母兄弟である不破内親王と、天智天皇の孫である塩焼王との間に生まれた皇子でした。彼は、聖武天皇の崩御後、皇位を継承すべき正統な皇位継承者であるとされていました。

しかし、当時の朝廷では、藤原仲麻呂が権力を握っていました。藤原仲麻呂は、皇位を自分の娘である孝謙天皇に継承させようと考えており、氷上志計志麻呂の皇位継承を阻止しようとしていました。

藤原仲麻呂は、氷上志計志麻呂が皇位を継承するのを阻止するため、様々な策略を巡らせました。その一つが、氷上志計志麻呂謀反事件でした。

氷上志計志麻呂謀反事件とは、藤原仲麻呂が、氷上志計志麻呂が謀反を企てているというデマを広め、彼を陥れようとした事件です。

藤原仲麻呂の策略に乗って、氷上志計志麻呂は謀反の罪で逮捕され、処刑されてしまいました。また、彼の家族や親族たちも処刑されました。

氷上志計志麻呂謀反事件は、藤原仲麻呂の権力欲が引き起こした悲劇でした。この事件により、氷上志計志麻呂という有能な皇位継承者が失われ、日本の歴史は大きく変わってしまいました。

無実が証明され、県犬養宿禰に復した経緯

無実が証明され、県犬養宿禰に復した経緯

-無実が証明され、県犬養宿禰に復した経緯-

県犬養姉女は無実だと証明され、県犬養宿禰の姓に復しました。その経緯は次のようなものです。

724年、聖武天皇が即位しました。聖武天皇は、県犬養姉女の父である県犬養三千代を重用しました。しかし、三千代は729年に病死してしまいます。三千代の死後、姉女は聖武天皇の寵愛を受け、730年には正四位下に叙せられました。

731年、聖武天皇は、姉女を皇后に冊立しました。しかし、姉女は皇后に冊立された直後に病にかかり、732年に亡くなってしまいます。姉女の死後、聖武天皇は、藤原広嗣の娘である光明子を皇后に冊立しました。

光明子は、姉女が皇后に冊立されたことに嫉妬していました。光明子は、姉女を毒殺したという噂を流しました。この噂は、聖武天皇の耳にも入りました。聖武天皇は、姉女を毒殺した疑いで、姉女の弟である県犬養大友を逮捕しました。

大友は無実を訴えましたが、聖武天皇は聞く耳を持ちませんでした。大友は、734年に処刑されました。姉女の死後、県犬養氏は迫害を受けました。県犬養氏の多くが、官職を解任されたり、流罪に処されたりしました。

749年、聖武天皇が崩御しました。聖武天皇の崩御後、孝謙天皇が即位しました。孝謙天皇は、県犬養氏の迫害を止めました。孝謙天皇は、県犬養姉女が無実であることを証明するために、調査を行いました。その結果、姉女が無実であることがわかりました。

757年、孝謙天皇は、姉女に県犬養宿禰の姓を復しました。姉女は、無実の罪で処刑された弟の無念を晴らすことができました。

タイトルとURLをコピーしました