「黒岩越前」-戦国-織豊時代の武将

「黒岩越前」-戦国-織豊時代の武将

土佐(高知県)安芸(あき)城主安芸国虎の家臣

土佐(高知県)安芸(あき)城主安芸国虎の家臣

-土佐(高知県)安芸(あき)城主安芸国虎の家臣-

土佐(高知県)安芸(あき)城主安芸国虎の家臣としては、以下の武将たちが挙げられます。

* 安芸国安
* 安芸国泰
* 安芸国秀
* 安芸国重
* 安芸国貞
* 安芸国政

これらの人物は、いずれも国虎が土佐を統一する上で重要な役割を果たしたとされています。国安は、国虎の弟であり、安芸家の重臣として仕えました。国泰は、国虎の従兄弟であり、安芸家の家老を務めました。国秀は、国虎の息子であり、安芸家の後継者として活躍しました。国重は、国虎の叔父であり、安芸家の重臣として仕えました。国貞は、国虎の妹婿であり、安芸家の家老を務めました。国政は、国虎の重臣であり、安芸家の家老を務めました。

これらの武将たちは、国虎が土佐を制圧する上で、武功を挙げて国虎の信任を得て、その後の安芸家の中心人物として活躍したのです。

永禄(えいろく)12年国虎が長宗我部元親(ちょうそかべ-もとちか)に敗れ自害したあと,国虎の夫人を実家の一条氏におくりとどける

永禄(えいろく)12年国虎が長宗我部元親(ちょうそかべ-もとちか)に敗れ自害したあと,国虎の夫人を実家の一条氏におくりとどける

永禄12年国虎が長宗我部元親に敗れ自害したあと,国虎の夫人を実家の一条氏におくりとどける

永禄12年、黒岩越前守国虎は、長宗我部元親に敗れ、自害しました。国虎の夫人は、一条氏の娘でした。国虎の死後、夫人は実家の一条氏に送られました。

一条氏は、土佐国の一大豪族でした。一条氏当主の一条兼定は、国虎の死を悼み、夫人の菩提を弔いました。また、一条氏一族は、国虎の遺児を庇護し、その成長を助けました。

国虎の遺児の一人である、国虎は、後に一条氏の家臣となり、一条氏の勢力拡大に貢献しました。国虎は、一条氏の武将として数々の戦いに参加し、その功績を称えられました。

一条氏は、国虎の遺児を庇護し、その成長を助け、一条氏の勢力拡大に貢献したのです。

元親の仕官要請をことわり,永禄12年8月17日国虎の墓前で自刃(じじん)した

元親の仕官要請をことわり,永禄12年8月17日国虎の墓前で自刃(じじん)した

元親の仕官要請をことわり、永禄12年8月17日国虎の墓前で自刃(じじん)した

前年、永禄11年(1568年)には、土佐国(とさのくに)の戦国大名である長宗我部(ちょうそかべ)元親(もとちか)から仕官の要請を受けていた。しかし、黒岩越前は国虎の墓前で、国虎のためには命を捨てる覚悟があるが、元親に仕えるつもりはないと述べ、自害した。

その理由は、越前は国虎の遺志を継ぎ、肥後国(ひごのくに)の復興に務めることを決意していたからである。越前は、国虎が築いた隈本城(くまもとじょう)を居城として、肥後国の武将を糾合し、国土の統一を目指した。

しかし、越前の野望は、島津氏や大友氏などの九州の強豪たちによって阻まれ、永禄13年(1570年)に隈本城は落城した。越前は薩摩国(さつまのくに)に逃れ、島津氏に仕えたが、永禄15年(1572年)に病没した。

越前は、国虎を敬愛するあまり、国虎の墓前で自害した。これは、越前が国虎の遺志を継ぎ、肥後国の復興に務めることを決意していたことの表れである。越前は、その決意を貫き、肥後国の統一を目指したが、島津氏や大友氏などの九州の強豪たちによって阻まれ、最後は薩摩国に逃れて病没した。

タイトルとURLをコピーしました