– 黒岩撰之助(⇒中居屋重兵衛について)

– 黒岩撰之助(⇒中居屋重兵衛について)

黒岩撰之助とは?

黒岩撰之助とは?

-黒岩撰之助とは?-

黒岩撰之助(1833年-1895年)は、幕末から明治時代にかけて活躍した実業家です。中居屋重兵衛としても知られており、日本最初の百貨店「松坂屋」の創業者として知られています。

黒岩撰之助は、1833年に和泉国泉北郡宮ノ上村(現在の大阪府岸和田市)に生まれました。幼い頃から商売に興味があり、15歳のときに大阪に出て、呉服店に丁稚奉公しました。その後、独立して呉服店を経営し、成功を収めました。

1872年(明治5年)、黒岩撰之助は名古屋に移り住み、呉服店「松坂屋」を開業しました。松坂屋は、呉服だけでなく、雑貨や食料品など様々な商品を取り扱う百貨店として、名古屋の人々に愛されました。また、黒岩撰之助は、松坂屋に日本で初めてエスカレーターを設置するなど、数々の新しい試みを行いました。

黒岩撰之助は、1895年(明治28年)に62歳で亡くなりましたが、松坂屋はその後も発展を続け、現在では日本を代表する百貨店の一つとなっています。黒岩撰之助は、日本の百貨店業界のパイオニアとして、現在も人々に敬愛されています。

-黒岩撰之助の功績-

* 日本最初の百貨店「松坂屋」を創設した
* 松坂屋に日本で初めてエスカレーターを設置した
* 名古屋の経済発展に貢献した
* 日本の百貨店業界のパイオニアとして、現在も人々に敬愛されている

黒岩撰之助の功績

黒岩撰之助の功績

-黒岩撰之助の功績-
黒岩撰之助(1867-1946)は、明治・大正・昭和期に活躍した日本の実業家、政治家です。中居屋重兵衛の名前でも知られており、日本の実業界で大きな功績を残しました。

-事業家としての功績-
黒岩撰之助は、1896年に中居屋商店を創業し、呉服や雑貨の卸売業を始めました。その後、事業を拡大し、1905年に日本初のデパートである白木屋を創業しました。白木屋は、当時としては画期的な業態のデパートで、多くの人々に親しまれました。

また、黒岩撰之助は、1910年に東京商工会議所の会頭になりました。東京商工会議所の会頭として、日本の経済発展に貢献しました。

-政治家としての功績-
黒岩撰之助は、1915年に貴族院議員に勅選されました。貴族院議員として、日本の政治に貢献しました。

また、黒岩撰之助は、1924年に東京市長になりました。東京市長として、東京の街の発展に貢献しました。

-功績のまとめ-
黒岩撰之助は、実業家として、日本の経済発展に貢献しました。政治家として、日本の政治に貢献しました。また、東京市長として、東京の街の発展に貢献しました。黒岩撰之助は、日本の近代化に大きな貢献をした人物です。

黒岩撰之助と中居屋重兵衛の関係

黒岩撰之助と中居屋重兵衛の関係

– 黒岩撰之助と中居屋重兵衛の関係

黒岩撰之助と中居屋重兵衛は、江戸時代後期に活躍した豪商である。黒岩撰之助は、現在の新潟県長岡市に生まれ、中居屋重兵衛は、現在の群馬県高崎市に生まれた。両者は、ともに江戸で活躍し、ともに巨万の富を築いた。

黒岩撰之助は、越後屋呉服店で丁稚奉公を始め、やがて独立して呉服店を開いた。その後、両替商や米穀商などを営み、大いに成功した。中居屋重兵衛も、呉服店で丁稚奉公を始め、やがて独立して呉服店を開いた。その後、両替商や米穀商などを営み、大いに成功した。

黒岩撰之助と中居屋重兵衛は、ともに豪商として知られていたが、両者の関係は必ずしも良好ではなかった。黒岩撰之助は、中居屋重兵衛のことを「田舎者」と呼んで軽蔑していた。一方、中居屋重兵衛は、黒岩撰之助のことを「成金」と呼んで軽蔑していた。

しかし、両者は取引関係を持ち、ときには協力することもあった。例えば、黒岩撰之助は、中居屋重兵衛の両替商で両替を行うことがあった。また、中居屋重兵衛は、黒岩撰之助の米穀商から米を購入することがあった。

黒岩撰之助と中居屋重兵衛は、江戸時代後期を代表する豪商である。両者は、ともに巨万の富を築き、ともに社会に大きな影響を与えた。しかし、両者の関係は必ずしも良好ではなかった。両者は、互いに軽蔑し合っていたが、ときには協力することもあった。

タイトルとURLをコピーしました