奥宮衛(1860-1933) – 明治に活躍した海軍軍人

奥宮衛(1860-1933) – 明治に活躍した海軍軍人

日露戦争における活躍

日露戦争における活躍

-日露戦争における活躍-

奥宮衛は、日露戦争の際には連合艦隊司令長官として従軍し、数多くの作戦を成功に導いた。中でも、以下の2つの作戦は、彼の名声を高めることとなった。

* -旅順口閉塞作戦- (1904年)

旅順口は、ロシア太平洋艦隊の拠点であり、日本海軍にとって大きな脅威となっていた。奥宮衛は、旅順口に停泊するロシア艦艇を封鎖するため、旅順口に石炭船やタンカーを沈めて閉塞する作戦を立案した。この作戦は成功し、ロシア艦艇は旅順口から出ることができなくなった。

* -日本海海戦- (1905年)

日本海海戦は、日露戦争最大の海戦であり、この海戦で日本海軍はロシア太平洋艦隊を完全に撃破した。奥宮衛は、この海戦で連合艦隊を指揮し、ロシア艦隊を撃破する決定的な勝利を収めた。日本海海戦は、日本の勝利に終わり、日露戦争は日本の勝利で終結した。

奥宮衛は、日露戦争における活躍により、海軍大佐に昇進し、勲一等功三級旭日章を受章した。また、1912年には、海軍大臣に任命された。奥宮衛は、1933年に73歳で死去した。

退役後の功績

退役後の功績

-退役後の功績-

奥宮衛氏は、海軍を退役した後も、日本の海軍の発展に貢献し続けました。1913年(大正2年)には、海軍協会の会長に就任し、海軍の広報活動や海軍士官の教育などに尽力しました。また、1918年(大正7年)には、海軍省の顧問官に就任し、海軍の軍備や戦術に関する助言を行いました。

さらに、奥宮衛氏は、軍人としてだけでなく、政治家としても活躍しました。1920年(大正9年)には、貴族院議員に勅選され、海軍に関する法律や条例の制定に尽力しました。また、1924年(大正13年)には、海軍大臣に就任し、海軍の軍備増強や海軍士官の教育などに尽力しました。

奥宮衛氏は、海軍の軍人としてだけでなく、政治家としても、日本の海軍の発展に貢献し、日本の近代化に貢献した人物でした。

偉大な足跡

偉大な足跡

-# 偉大な足跡

奥宮衛は1860年、現在の山口県長門市に生まれた。1879年に海軍兵学校に入学し、1893年に卒業。日清戦争では魚雷艇隊長として活躍し、1898年には海軍大尉に昇進した。

1904年に始まった日露戦争では、旅順口攻撃に参加。旅順口のロシア艦隊を撃破し、日本の勝利に貢献した。この功績により、1905年に海軍少将に昇進した。

1910年には海軍中将に昇進し、1914年に海軍大将に昇進した。1918年から1920年まで海軍大臣を務めた。

海軍大臣在任中、奥宮衛は八八艦隊計画を推進した。八八艦隊計画は、海軍の艦艇を88隻にする計画である。この計画は日本海軍の近代化を図るものであり、日本の海軍力を大幅に強化した。

奥宮衛は1933年に73歳で死去した。奥宮衛は日本の海軍近代化に貢献した偉大な海軍軍人である。

タイトルとURLをコピーしました