艶-南部行信の側室

艶-南部行信の側室

艶の生い立ちとキリシタン弾圧

艶の生い立ちとキリシタン弾圧

艶の生い立ちとキリシタン弾圧

艶は、1547年に肥後国(現・熊本県)のキリスト教徒の家に生まれた。幼い頃からキリシタンとして育てられ、信仰に厚い女性であった。1565年、18歳のとき、キリシタン大名として知られる大友宗麟の側室となった。

大友宗麟は、キリスト教を庇護した大名として知られており、その妻である菊姫も熱心なキリシタンであった。艶は、大友宗麟と菊姫の間に生まれ、幼い頃からキリスト教の教えを受けて育った。

1587年、豊臣秀吉が九州を平定し、大友宗麟は改易された。これにより、艶は夫と離れ、幽閉されることとなった。幽閉中も、艶はキリスト教の信仰を貫き続け、キリシタンの迫害に抵抗した。

1597年、艶は京都で処刑された。享年50歳。艶の死は、キリシタンにとって大きな衝撃を与えた。しかし、艶の信仰は、その後もキリシタンの間で受け継がれ、日本のキリスト教の発展に貢献した。

艶の生い立ちとキリシタン弾圧は、日本のキリスト教の歴史における重要な出来事である。艶の信仰は、キリシタンに勇気を与え、日本のキリスト教の発展に貢献した。

父がキリシタンとして処刑されたときの艶の行動

父がキリシタンとして処刑されたときの艶の行動

-艶-南部行信の側室-

-父がキリシタンとして処刑されたときの艶の行動-

艶の父である片山重定は、キリシタン大名として知られる大村純忠の部下でした。1614年、大村純忠がキリシタンであったことを理由に改易されると、片山重定は処刑されました。

艶は、父の死後、南部行信の側室となりました。南部行信は、大村純忠の弟であり、大村藩の藩主でした。艶は、南部行信との間に、長男の南部光行をはじめ、数人の子供をもうけました。

艶は、南部行信の側室として、大村藩の政務に参与しました。彼女は、南部行信の政策を支持し、藩の安定に貢献しました。また、彼女は、キリシタンの保護にも努めました。

1637年、島原の乱が勃発しました。島原の乱は、キリシタンによる蜂起でした。艶は、島原の乱の鎮圧に協力しました。彼女は、南部行信とともに、キリシタンの弾圧を行いました。

艶は、1640年に亡くなりました。彼女は、南部行信の側室として、大村藩の政務に貢献しました。また、彼女は、キリシタンの保護にも努めました。艶は、大村藩の繁栄に貢献した人物として、現在でも人々に敬愛されています。

岩井艶はなぜ処罰されなかったのか

岩井艶はなぜ処罰されなかったのか

-# 岩井艶はなぜ処罰されなかったのか

岩井艶は、江戸時代の旗本である南部行信の側室でした。彼女は元々は行信の奉公人でしたが、行信に気に入られ側室となりました。艶は行信との間に3人の子供を儲け、行信の妻の死後には正室となりました。

しかし、艶は行信に対して謀反を起こし、行信を裏切ったとして、行信の藩である南部藩から追放されました。しかし、艶は行信の子供たちを連れて、京都で暮らし始めました。

艶が処罰されなかったのは、いくつかの理由があります。

第一に、艶は行信の子供たちの母親でした。行信の子供たちは、南部藩の世継ぎであり、艶が処罰されれば、子供たちの将来も危ぶまれていたでしょう。

第二に、艶は行信の妻であり、行信と正式な夫婦関係にあったため、処罰するのが難しい状況でした。

第三に、艶が処罰されれば、南部藩に大きな混乱が生じる恐れがありました。艶は南部藩の家臣たちの多くから信頼されており、彼女の処罰は、藩の結束を乱す要因となっていたのです。

これらの理由から、艶は処罰されませんでした。しかし、彼女は行信の藩を追放され、京都で暮らし始めました。

艶は、京都で、行信の子供たちを育て上げました。子供たちは、それぞれに成長し、社会で活躍しました。艶は、彼らの成長を見守りながら、幸せに暮らしたと言われています。

タイトルとURLをコピーしました