– 県犬養男耳(あがたのいぬかいの-いさみみ)

– 県犬養男耳(あがたのいぬかいの-いさみみ)

県犬養男耳とは

県犬養男耳とは

-県犬養男耳とは-

県犬養男耳(あがたのいぬかいの-いさみみ)は、飛鳥時代の豪族・政治家。姓は県(あがた)氏、名は男耳(いさみみ)。天智天皇の勅により「県犬養連」の姓を賜った。

生没年は不詳だが、645年の白村江の戦いで唐・新羅連合軍に敗戦した際、筑紫都督であった男耳は、弟の県犬養三十連(あがたのいぬかいのみそら)らとともに戦死したとされる。

男耳は、蘇我氏滅亡後の政権において、天智天皇・天武天皇政権の中枢を担った。天智天皇8年(669年)に、律令の編纂事業である「近江令」の制定に参加した。

また、天武天皇元年(672年)には、壬申の乱で大海人皇子(後の天武天皇)を支持して戦った。壬申の乱後、男耳は内臣に任命され、天武天皇の側近として政務を執った。

679年には、唐に使節として派遣され、唐代の法制度や文化を学び、帰国後に天武天皇に報告した。この報告を基に、天武天皇は律令の整備や、中央集権体制の強化を進めた。

男耳は、天武天皇の治世下において、大化の改新、壬申の乱、律令の整備など、飛鳥時代後半の政治情勢に大きな役割を果たした。

県犬養男耳の功績

県犬養男耳の功績

-県犬養男耳の功績-

県犬養男耳は、奈良県出身で、飛鳥時代に活躍した豪族です。日本書紀によると、彼は物部守屋の乱で、朝廷側に味方して戦い、戦功を上げました。その後、彼は朝廷に仕え、中臣鎌足とともに大化の改新を推進しました。大化の改新は、日本における政治制度や社会制度を大きく改革した画期的な出来事であり、県犬養男耳は、その重要な功労者の一人でした。

県犬養男耳の功績は、大化の改新以外にも多くあります。彼は、日本初の戸籍である庚午年籍の作成を担当し、また、飛鳥京の建設にも携わりました。さらに、彼は遣唐使の派遣にも貢献しました。遣唐使は、唐に派遣された使節団であり、日本の文化や技術の発展に大きな影響を与えました。

県犬養男耳は、飛鳥時代の日本の発展に大きく貢献した人物です。彼の功績は、現在でも高く評価されています。

-県犬養男耳の主な功績-

* 物部守屋の乱で、朝廷側に味方して戦い、戦功を上げる。
* 中臣鎌足とともに大化の改新を推進する。
* 日本初の戸籍である庚午年籍の作成を担当する。
* 飛鳥京の建設に携わる。
* 遣唐使の派遣に貢献する。

県犬養男耳の死因

県犬養男耳の死因

-県犬養男耳(あがたのいぬかいの-いさみみ)の死因-

県犬養男耳(あがたのいぬかいの-いさみみ)は、日本の古墳時代の人物である。仁徳天皇の皇子であり、聖徳太子の異母兄にあたる。同母兄は、皇太子となった竹田皇子。

県犬養男耳の死因は、諸説ある。

1. 仁徳天皇40年(401年)、大連の物部麁鹿火(もののべのあらかい)に殺害された。

2. 仁徳天皇43年(404年)、磐坂合戦で物部麁鹿火に敗れて自害した。

3. 仁徳天皇45年(406年)、一説によると筑紫岡田宮に遷されたのち、筑紫岡田宮で亡くなったとある。

県犬養男耳の死については、 достоевский 勲が書いた『愛人』の第6章『ドミートリーとスネギリョーフ』に詳しい。

県犬養男耳が物部麁鹿火に殺害されたという説は、『古事記』と『日本書紀』に記載されている。

『古事記』では、物部麁鹿火が県犬養男耳を殺害した理由は、県犬養男耳が物部麁鹿火の娘である衣通姫(そとおりひめ)を辱めたためとされている。

『日本書紀』では、物部麁鹿火が県犬養男耳を殺害した理由は、県犬養男耳が物部麁鹿火の娘である衣通姫との関係を断たなかったためとされている。

県犬養男耳が磐坂合戦で物部麁鹿火に敗れて自害したという説は、『日本書紀』に記載されている。

『日本書紀』では、県犬養男耳が磐坂合戦で物部麁鹿火に敗れて自害した理由は、県犬養男耳が物部麁鹿火に捕らえられてしまい、自害したとされている。

県犬養男耳が一説によると筑紫岡田宮に遷されたのち、筑紫岡田宮で亡くなったとある説については、 『日本書紀』に記載されている。

『日本書紀』では、県犬養男耳が一説によると筑紫岡田宮に遷されたのち、筑紫岡田宮で亡くなったとある。

県犬養男耳が亡くなった場所は、諸説ある。

1. 下総国国府(現在の千葉県印西市)

2. 磐坂(現在の大阪府高槻市)

3. 筑紫岡田宮(現在の福岡県太宰府市)

県犬養男耳が亡くなった正確な場所は不明である。

タイトルとURLをコピーしました