「県犬養橘三千代」(⇒県犬養三千代(あがたのいぬかいの-みちよ))について

「県犬養橘三千代」(⇒県犬養三千代(あがたのいぬかいの-みちよ))について

県犬養橘三千代の生涯

県犬養橘三千代の生涯

県犬養橘三千代の生涯

県犬養橘三千代は、1896年(明治29年)9月1日、香川県綾歌郡羽床村(現・丸亀市)に生まれた。父は県犬養毅、母は県犬養千代。3人姉妹の長女であった。

1913年(大正2年)、香川県立丸亀高等女学校を卒業。その後、東京女子高等師範学校に進学し、1917年(大正6年)に卒業した。

卒業後は、香川県の小学校で教員として勤務。1922年(大正11年)、県犬養毅が第19代内閣総理大臣に就任すると、総理大臣官邸で秘書官を務めた。

1925年(大正14年)、県犬養毅が暗殺されると、三千代は政界を引退し、郷里の香川県に戻った。その後は、社会福祉事業に従事し、1970年(昭和45年)に死去した。

県犬養橘三千代は、女性として初めて総理大臣官邸で秘書官を務めた人物であり、日本の女性史において重要な人物である。

県犬養橘三千代の功績

県犬養橘三千代の功績

-県犬養橘三千代の功績-

県犬養橘三千代は、1877年(明治10年)に群馬県邑楽郡館林町(現・館林市)で生まれ、1968年(昭和43年)に東京都で亡くなった日本の政治家、医師である。夫は第29代内閣総理大臣の犬養毅で、3男2女をもうけた。

県犬養橘三千代は、1925年(大正14年)に群馬県初の女性県会議員に当選し、1936年(昭和11年)まで3期務めた。県会議員時代には、母子保護法の制定や、県内初の県立女子専門学校(現・群馬県立女子大学)の設立に尽力した。

1946年(昭和21年)、県犬養橘三千代は第22回衆議院議員総選挙で群馬県第1区から出馬し、当選した。衆議院議員時代には、女性初の厚生大臣に任命され、母子福祉法の制定や、児童福祉法の改正に尽力した。また、1955年(昭和30年)には、夫の犬養毅とともに勲一等宝冠章を受章した。

県犬養橘三千代は、女性初の県会議員、女性初の衆議院議員、女性初の厚生大臣を歴任した日本の女性政治家の先駆者である。母子福祉や児童福祉の分野で大きな功績を残し、その功績は現在でも高く評価されている。

県犬養橘三千代のエピソード

県犬養橘三千代のエピソード

-県犬養橘三千代のエピソード-

* -下総国で流刑に-

県犬養橘三千代は、下総国(現在の千葉県)に流刑された。流刑の原因は、橘三千代が朝廷に対して批判的な言動を行ったためである。橘三千代は、流刑先の下総国で、地元の住民と交流を深めた。また、歌や和歌を詠み、その才能を発揮した。

* -橘三千代が詠んだ歌-

橘三千代は、流刑先の下総国で、多くの歌を詠んだ。その中には、流刑先の生活を詠んだ歌や、故郷を懐かしむ歌がある。橘三千代の歌は、その率直な表現と豊かな感情で知られている。

* -流刑先で死去-

県犬養橘三千代は、流刑先の下総国で死去した。橘三千代の死因は、流刑地の過酷な環境によるものだった。橘三千代の死後、その遺体は故郷の摂津国(現在の大阪府)に葬られた。

* -橘三千代の墓-

橘三千代の墓は、大阪府寝屋川市にある。橘三千代の墓は、橘三千代の功績を称えるために建てられたものである。橘三千代の墓は、今も多くの人々に参拝されている。

タイトルとURLをコピーしました