円胤 – 悲しき最後の南朝皇族

円胤 – 悲しき最後の南朝皇族

円胤の生涯

円胤の生涯

-円胤の生涯-

円胤は、1359年、南朝最後の皇太子・懐良親王の三男として、吉野で誕生した。母は、楠木正成の娘・楠木正儀の娘である。幼名は、元良。

1368年、懐良親王が九州に下向した際に、円胤も同行した。九州では、菊池武光らと協力して、北朝軍と戦ったが、やがて、南朝は衰退し、円胤は、1374年に、九州を出奔して、吉野に戻った。

吉野に戻った円胤は、南朝の復興を志し、各地を転々として、挙兵を繰り返したが、いずれも失敗に終わった。1392年、円胤は、吉野を離れて、諸国を放浪し、1408年に、肥後国で捕縛された。

円胤は、肥後国で幽閉され、1414年に、56歳で病死した。

円胤は、南朝最後の皇族であり、その生涯は、悲劇的なものであった。しかし、円胤の南朝復興への志は、今もなお、人々に語り継がれている。

南朝の再興をめざして

南朝の再興をめざして

-南朝の再興をめざして-

円胤は、後亀山天皇の皇子であり、南朝の最後の皇族でした。1467年に生まれ、幼少の頃から学問に励み、優れた才能を発揮しました。しかし、1477年に父である後亀山天皇が崩御すると、南朝は衰退の一途をたどり、円胤も京都を逃れて各地を転々とするようになりました。

1485年、円胤は九州に渡り、肥後国人一揆の首領である菊池武朝と合流しました。菊池武朝は、円胤を南朝の後継者として擁立し、南朝の再興を掲げて挙兵しました。円胤も菊池武朝に協力し、肥後国を中心に転戦しました。しかし、菊池武朝の軍は、薩摩国の大隅忠尚に敗れ、円胤も捕らえられてしまいました。

その後、円胤は京都に送られ、室町幕府によって幽閉されました。円胤は幽閉生活の中で、南朝の再興を諦めず、密かに挙兵の機会を伺っていました。1493年、円胤は幽閉先を脱出し、再び九州に渡りました。しかし、円胤の挙兵計画は露見し、大隅忠尚に追討されてしまいました。円胤は、薩摩国で捕らえられて処刑されました。享年27歳でした。

円胤の死をもって、南朝は完全に滅亡しました。しかし、円胤が南朝の再興を掲げて戦ったことは、南朝の精神が決して滅びなかったことを示しています。円胤の死は、南朝滅亡の悲しみとともに、南朝の不屈の精神を伝えるものとして、後世に語り継がれています。

悲劇の最期

悲劇の最期

悲劇の最期

円胤は、南朝最後の皇族として、悲劇の最期を遂げました。

1392年(明徳3年)、足利義満は、円胤を京都に呼び寄せ、南朝の皇位を剥奪しました。円胤は、剃髪させられ、奈良の興福寺に幽閉されました。

1394年(明徳5年)、円胤は、興福寺から脱出し、吉野に逃れました。しかし、足利軍に追われ、1395年(明徳6年)、吉野で捕らえられました。

円胤は、京都に連行され、六条河原で処刑されました。享年28歳でした。

円胤の死は、南朝の滅亡を意味しました。南朝は、1336年(建武3年)に、後醍醐天皇が鎌倉幕府を倒し、建武の新政を樹立したことから始まりました。しかし、1338年(建武5年)、足利尊氏が、後醍醐天皇を京都から追放し、室町幕府を開きました。

南朝は、その後も吉野に拠点を置いて、室町幕府と戦いを続けましたが、1392年(明徳3年)に、足利義満が南朝の皇位を剥奪し、円胤を京都に呼び寄せました。

円胤は、南朝の最後の皇族として、悲劇の最期を遂げましたが、その死は、南朝の滅亡を意味するものでした。

タイトルとURLをコピーしました