県犬養人上-奈良時代の官吏

県犬養人上-奈良時代の官吏

天平3年(731)勅命によって病気の大伴旅人を看護

天平3年(731)勅命によって病気の大伴旅人を看護

天平3年(731)勅命によって病気の大伴旅人を看護

天平3年(731)8月、大伴旅人は病気のために京の邸宅で寝たきりになっていた。病状の悪化が心配されたため、聖武天皇は勅命を下し、県犬養人上を派遣して旅人の看護にあたらせた。県犬養人上は、旅人の邸宅に滞在し、旅人に薬を煎じて飲ませたり、食事を介助したりするなど、献身的に看護を行った。旅人の病状は徐々に回復し、9月には病床を離れることができた。旅人は、県犬養人上の看護に深く感謝し、自宅から贈り物を送った。

旅人は、714年に下野守として、717年には周防守として、720年には但馬守として、723年には紀伊守として任に就いている。また、729年には大納言に任命され、734年には右大臣に任命されている。旅人は、政治家として活躍する一方、万葉集に数多くの歌を残している。旅人の歌は、自然の美しさや人生の喜びを詠んだものが多く、万葉集の中でも屈指の名歌とされている。

県犬養人上は、旅人の邸宅に滞在している間に、旅人の和歌を収集した。旅人の和歌は、県犬養人上の手によって万葉集に編纂され、後世に伝えられることとなった。県犬養人上の献身的な看護と、和歌の収集は、旅人の命を救い、万葉集の成立に貢献した。

大伴旅人の死後によんだ哀悼の歌が「万葉集」巻3におさめられている

大伴旅人の死後によんだ哀悼の歌が「万葉集」巻3におさめられている

大伴旅人の死後によんだ哀悼の歌が「万葉集」巻3におさめられている

県犬養人上(あがたぬしのかいひとのかみ)は、奈良時代の官吏です。越中国守や遠江国守を歴任し、正四位下まで昇進しました。大伴旅人の死後、その哀悼の歌が「万葉集」巻3におさめられています。

県犬養人上は、大伴旅人と親しい間柄でした。旅人が亡くなったとき、人上は深く悲しみ、その死を悼んで歌を詠みました。その歌が「万葉集」巻3に収められています。

「万葉集」巻3に収められている県犬養人上の歌は、旅人の死を悼むとともに、旅人の功績を称える内容となっています。人上は、旅人が越中国守として在任中、国政を正し、民衆を慈しんだことを讃えています。また、旅人が遠江国守として在任中、国境を警備し、蝦夷の侵入を防いだことを称えています。

県犬養人上の歌は、旅人の死を悼むとともに、旅人の功績を称える内容となっています。この歌は、旅人の人となりや功績を知る上で貴重な資料となっています。

また、県犬養人上の歌は、「万葉集」巻3に収められている他の歌とともに、奈良時代の貴族の生活や文化を垣間見ることができます。この歌は、奈良時代の貴族の生活や文化を知る上で貴重な資料となっています。

「見れど飽かず座(いま)しし君が黄葉(もみちば)の移りいぬれば悲しくもあるか(「万葉集」)

「見れど飽かず座(いま)しし君が黄葉(もみちば)の移りいぬれば悲しくもあるか(「万葉集」)

「県犬養人上-奈良時代の官吏」

「見れど飽かず座(いま)しし君が黄葉(もみちば)の移りいぬれば悲しくもあるか(「万葉集」)」

県犬養人上(あがたぬいのおひとがみ、生没年不詳)は奈良時代の日本の官吏、歌人。万葉集に一首の歌が伝わっている。

天平宝字元年(757年)従八位下、左京亮[1]。
天平宝字2年(758年)尾張介。
天平宝字8年(764年)阿波介。
天平神護元年(765年)正八位下。
天平神護2年(766年)従七位下。
神護景雲2年(768年)の称徳天皇崩御により喪に服し出家剃髪。同年、木津寺主。

県犬養人上は万葉集に一首の歌を遺している。

見れど飽かず座(いま)しし君が黄葉(もみちば)の移りいぬれば悲しくもあるか(「万葉集」巻19-4283)

この歌は、奈良市西大寺にある木津寺境内の木々を詠んだものとされる。木津寺は、県犬養人上が晩年に住んだ場所である。

県犬養人上の歌は、秋の紅葉の美しさを見事に表現している。紅葉は、誰もがその美しさに惹かれるものだが、県犬養人上は、紅葉の移り変わりを「悲しく」と感じている。これは、紅葉の美しさが、はかないものであることを意識しているからである。

紅葉は、やがて散り落ちてしまう。それは、人生の無常を象徴している。県犬養人上の歌は、人生の無常観を詠んだ歌である。

県犬養人上の歌は、万葉集に収められている数多くの紅葉の歌の中でも、特に秀逸な歌として知られている。

タイトルとURLをコピーしました