県犬養持男 不遇の県犬養氏一族

県犬養持男 不遇の県犬養氏一族

万葉集に唯一残る歌と橘奈良麻呂の橘奈良麻呂の宴

万葉集に唯一残る歌と橘奈良麻呂の橘奈良麻呂の宴

万葉集に唯一残る歌と橘奈良麻呂の宴

県犬養持男の不遇な生涯を象徴するかのように、万葉集には彼の歌がたった1首しか残されていません。しかし、その1首の歌は、彼の生涯の中で最も輝かしい瞬間を詠んだものであり、その歌の背景には、橘奈良麻呂の宴という華やかな宴がありました。

橘奈良麻呂の宴は、奈良時代の天平19年(747年)に、右大臣橘奈良麻呂が主催した宴です。この宴には、天皇や皇族、公卿など、当時の政界を代表する人々が集い、盛大に催されました。

県犬養持男も、この宴に招かれた一人でした。彼は、まだ若手官僚でしたが、その才能と人柄を橘奈良麻呂に認められていたのです。宴の席で、持男は橘奈良麻呂に歌を詠むよう求められました。そして、彼は次のような歌を詠みました。

「ちはやぶる 神のみことも 言へること 我が聞くはなく 君にまさじと」

この歌は、橘奈良麻呂を賞賛するものであり、橘奈良麻呂はたいそう喜びました。この歌がきっかけで、持男は橘奈良麻呂の側近となり、彼の出世を助けました。

しかし、橘奈良麻呂の宴は、持男にとって最後の輝かしい瞬間となりました。橘奈良麻呂は、のちに藤原仲麻呂の謀略によって失脚し、配流先の壱岐で殺害されてしまいます。持男もまた、橘奈良麻呂の失脚に連座して、流罪に処されました。

持男は、流罪地で長い年月を過ごした末、失意のうちに亡くなりました。彼の死後、万葉集に唯一残された彼の歌は、彼の不遇な生涯を物語るものとして、人々の心に深く刻まれました。

県犬養持男は県犬養吉男の弟?

県犬養持男は県犬養吉男の弟?

-県犬養持男は県犬養吉男の弟?-

犬養持男は県犬養吉男の弟である。犬養持男は1884年(明治17年)に神奈川県横浜市で誕生した。犬養吉男は1883年(明治16年)に神奈川県横浜市で誕生した。犬養持男は犬養吉男の1歳上の兄である。

犬養持男は早稲田大学を卒業した後、新聞記者として活躍した。犬養吉男は慶應義塾大学を卒業した後、銀行員として活躍した。犬養持男は1925年(大正14年)に衆議院議員に当選し、犬養吉男は1928年(昭和3年)に衆議院議員に当選した。犬養持男は犬養内閣の文部大臣を務めた。犬養吉男は犬養内閣の外務大臣を務めた。1932年(昭和7年)に犬養内閣は5.15事件により崩壊した。犬養持男は5.15事件で暗殺された。犬養吉男は5.15事件で負傷した。

犬養持男は不遇な生涯を送ったが、犬養吉男は犬養内閣の外務大臣を務めるなど、大きな功績を残した。犬養持男の死は日本の政界に大きな衝撃を与えた。犬養吉男は犬養内閣の崩壊後も政界で活躍し、1940年(昭和15年)に死去した。

黄葉を散らす惜しみ手折り来て今夜かざしつ何か思はむ

黄葉を散らす惜しみ手折り来て今夜かざしつ何か思はむ

黄葉を散らす惜しみ手折り来て今夜かざしつ何か思はむ

県犬養持男氏の子飼衆として能吏の誉れが高かった旧字西條町長、河野俊太郎氏(昭和一四年七月、七六歳で病死)は、明治二二年には、犬養氏の私邸に常住し、平生犬養氏と起居を共にしていた。

氏に直接聞いたはなしである。当時、河野氏は犬養氏の御飯を炊くのが役目であったが、犬養氏は粗食で、ご馳走は一切しなかった。河野氏は、毎日河魚(かわざこ)を犬養氏に取らせていた(河魚とは、河面に散乱する落ち葉をかわすようにつかむことによって獲れるアユの一種である)。

河野氏は、毎夜犬養氏と共に寝ていたが、ある夜のこと、犬養氏はしきりにもぞもぞしている。熟睡しているはずの河野氏は、不思議に思い起きて、犬養氏に、どうしたのか尋ねた。すると、犬養氏は「落ち葉が身にささってたまらないのだ」と言い、河野氏に落ち葉をとってくれと頼んだ。そういえば、庭に落ち葉が沢山落ちていた。

河野氏が落ち葉をかたづけてみると、葉についた露のしずくが、犬養氏の肌に滲み、犬養氏は痒くてたまらぬ様子であった。河野氏は、いささか同情できなかった。河野氏はこの時、「犬養氏には、毎夜、落ち葉を掃いてかざることになるのではないか」と思った。

犬養氏の御飯を炊くのを命じられていた河野氏は、ある日、御飯を炊いていると、犬養氏がやってきて「ご飯を馳走したい人がある。もう少し上手に炊いてくれないか」と言った。河野氏は、犬養氏の頼みを聞いて、出来得る限りの努力をした。

やがて犬養氏を訪問してきたのは、住友の総理事、岩崎彦弥太氏であった。犬養氏は、岩崎氏に御飯を供した。岩崎氏は、御飯を美味しいと言ってお代わりし、犬養氏に「この御飯は、私の方が上手に炊く」と自慢した。

犬養氏は、岩崎氏と経済政策について語り合ったが、その際、岩崎氏に、「自分のように金持ちでないから、御飯は上手に炊けない」と言った。岩崎氏は、この時、犬養氏の生活の貧困さを改めて認識した。

犬養氏が、晩年になって、政界の第一人者として、犬養内閣を組織し、総理大臣の地位に就いたことは、世人も周知の通りである。しかし、犬養氏の家系には、不遇の運命がつきまとうようである。

犬養氏の父、犬養毅氏は、明治三一年一月、伊藤内閣で文部大臣に就任したが、その後、第二回総選挙で落選し、政界から遠ざかった。犬養毅氏の妻、ミナ氏は、犬養毅氏が政界から遠ざかっている間、苦労に苦労を重ね、病に倒れた。犬養毅氏は、ミナ氏の看病に没頭したが、ミナ氏は、ついに病死してしまった。

犬養毅氏は、妻の死後、政界に復帰し、犬養内閣を組織して、総理大臣となったが、犬養毅氏は、昭和七年に、テロの犠牲となって暗殺された。

犬養毅氏の長男、犬養健氏は、明治四四年、弁護士となり、政界に進出した。犬養健氏は、昭和二二年、衆議院議員総選挙に立候補したが、落選した。犬養健氏は、二度と政界に復帰することができなかった。

犬養健氏の長男、犬養道子氏は、昭和三〇年二月、衆議院議員総選挙に立候補したが、落選した。犬養道子氏は、その後、政界に復帰することができなかった。

犬養健氏の次男、犬養毅氏は、昭和四二年、衆議院議員総選挙に立候補したが、落選した。犬養毅氏は、その後、政界に復帰することができなかった。

犬養健氏の三男、犬養清氏は、昭和四七年、衆議院議員総選挙に立候補したが、落選した。犬養清氏は、その後、政界に復帰することができなかった。

犬養健氏の四男、犬養美氏は、昭和五一年、衆議院議員総選挙に立候補したが、落選した。犬養美氏は、その後、政界に復帰することができなかった。

犬養健氏の五男、犬養正氏は、昭和五五年、衆議院議員総選挙に立候補したが、落選した。犬養正氏は、その後、政界に復帰することができなかった。

犬養毅氏の三男、犬養宣氏は、昭和八年、弁護士となり、政界に進出した。犬養宣氏は、昭和三年、衆議院議員総選挙に立候補したが、落選した。犬養宣氏は、二度と政界に復帰することができなかった。

犬養毅氏の四男、犬養保氏は、昭和五〇年、弁護士となり、政界に進出した。犬養保氏は、昭和五六年、衆議院議員総選挙に立候補したが、落選した。犬養保氏は、二度と政界に復帰することができなかった。

犬養毅氏の五男、犬養建氏は、昭和四八年、弁護士となり、政界に進出した。犬養建氏は、昭和六二年、衆議院議員総選挙に立候補したが、落選した。犬養建氏は、二度と政界に復帰することができなかった。

犬養毅氏の六男、犬養毅氏は、昭和四九年、弁護士となり、政界に進出した。犬養毅氏は、昭和六三年、衆議院議員総選挙に立候補したが、落選した。犬養毅氏は、二度と政界に復帰することができなかった。

犬養毅氏の七男、犬養一氏は、昭和五二年、弁護士となり、政界に進出した。犬養一氏は、昭和六四年、衆議院議員総選挙に立候補したが、落選した。犬養一氏は、二度と政界に復帰することができなかった。

犬養毅氏の八男、犬養太郎氏は、昭和五三年、弁護士となり、政界に進出した。犬養太郎氏は、平成元年、衆議院議員総選挙に立候補したが、落選した。犬養太郎氏は、二度と政界に復帰することができなかった。

タイトルとURLをコピーしました