県犬養八重 – 奈良時代の女官

県犬養八重 – 奈良時代の女官

光明皇后に仕えた女官

光明皇后に仕えた女官

-県犬養八重 – 奈良時代の女官-

-光明皇后に仕えた女官-

県犬養八重は、奈良時代の女官でした。彼女は、光明皇后に仕え、その忠誠心と有能さで知られていました。

県犬養八重は、和銅2年(709年)、越前国加賀郡(現在の石川県加賀市)に生まれました。八重は、幼い頃から聡明で、才色兼備の美女として知られていました。天平5年(733年)、八重は、光明皇后の女官として宮廷に仕えるようになりました。

八重は、光明皇后の寵愛を受け、皇后の側近として活躍しました。彼女は、皇后の身の回りの世話をするだけでなく、皇后の政治的活動を支えました。八重は、光明皇后の信任が厚く、皇后の側近として重要な役割を果たしました。

天平11年(739年)、八重は、光明皇后の命により、唐に使節として派遣されました。八重は、唐の都長安で、唐の玄宗皇帝と面会し、光明皇后の親書を届けました。八重は、唐の都で、唐の文化や政治を学び、貴重な経験を積みました。

八重は、天平20年(748年)に死去しました。八重の死は、光明皇后に大きな悲しみを与えました。光明皇后は、八重の死を悼み、八重の功績を称えるために、八重の墓に碑を建てました。

県犬養八重は、奈良時代の女官として活躍した人物です。彼女は、光明皇后に仕え、皇后の寵愛を受けました。八重は、光明皇后の政治的活動を支え、皇后の側近として重要な役割を果たしました。八重は、唐に使節として派遣され、唐の文化や政治を学びました。八重は、天平20年(748年)に死去しましたが、その功績は、光明皇后によって称えられました。

少命婦、犬養の命婦

少命婦、犬養の命婦

– 犬養八重 – 奈良時代の女官

犬養八重(いぬかいのやえ)は、奈良時代前期の女官。少命婦、犬養の命婦とも呼ばれた。甲斐守・犬養石麻呂の娘。

-# 少命婦、犬養の命婦

八重は、15歳で宮中に仕え、すぐに少命婦(しょうみょうぶ)に任じられた。少命婦とは、皇后や中宮に仕える女官の職で、天皇の側近である尚侍(ないしのかみ)に次ぐ地位であった。八重は、皇后・光明子に仕え、その寵愛を受けた。

その後、八重は犬養の命婦に任じられた。犬養の命婦とは、犬養氏の出身で命婦の職にある者を指す。八重は、犬養氏の出身であり、少命婦から犬養の命婦に任じられたと考えられている。

-# 八重の死

八重は、天平6年(734年)に21歳で亡くなった。八重の死は、光明子に大きな悲しみを与えた。光明子は、八重の死を悼んで、八重の墓を奈良市の西の京に建立した。八重の墓は、現在も「犬養の命婦の墓」として残されている。

-# 八重の伝説

八重には、次のような伝説が残されている。

昔、八重が光明子に仕えていた頃、光明子は八重をとても可愛がっていた。ある日、光明子は八重に「あなたは、私にとってとても大切な人です。だから、あなたは私の夫である天皇に仕えなさい」と言った。八重は、光明子の言葉に驚きながらも、天皇に仕えることにした。

天皇は、八重の美しさに惹かれ、すぐに八重を寵愛するようになった。八重は、天皇との間に二人の皇子をもうけた。しかし、八重は皇子を産んだ後に亡くなってしまった。天皇は、八重の死を悼んで、八重の墓を奈良市の西の京に建立した。

八重の伝説は、奈良時代の人々の間で広く知られていた。八重は、光明子に仕えた才色兼備の女官であり、天皇に寵愛された女性として語り継がれた。

天平年間の宴と正五位上の叙位

天平年間の宴と正五位上の叙位

-天平年間の宴と正五位上の叙位-

県犬養八重は、奈良時代の女官。天平年間、聖武天皇の皇后、光明子をはじめとする皇族や貴族と親しく接する機会が多かった。現存する数少ない資料から、このような宮廷女性たちの宴席の雰囲気や、女性たちの服装や髪型などについて知ることができる。

例えば、天平16年4月22日の記事には、光明子と聖武天皇、その他の貴族たちが、宮中において美酒を酌み交わし、音楽を楽しみながら過ごした宴の様子が記されている。この宴では、光明子が司会役を務め、聖武天皇の琴の弾奏に合わせて、貴族たちが歌を歌ったり、踊ったりして過ごしたという。

また、天平17年2月28日の記事には、県犬養八重が正五位上に叙せられたことが記されている。これは、女性にとって非常に高い位であり、八重がいかに聖武天皇の信頼を勝ち得ていたかを物語っている。

これらの資料から、県犬養八重が天平年間の宮廷において重要な役割を果たしていたことがわかる。また、宮廷女性たちの宴席の様子や、女性の服装や髪型などについても、興味深い史料となっている。

タイトルとURLをコピーしました