「円我」-江戸後・明治の僧

「円我」-江戸後・明治の僧

円我の生涯

円我の生涯

円我の生涯

円我は、文化5年(1808年)、播磨国姫路藩で生まれた。俗名は、長尾甚右衛門。幼い頃から仏教に親しみ、15歳の時に出家して、浄土宗の僧侶となった。

円我は、若くして学問に秀でており、江戸の增上寺で学び、17歳の時には総本山知恩院で得度した。その後、各地を巡錫し、仏教の教えを広めた。

円我が、広く知られるようになったのは、ペリーの来航以後である。円我は、ペリーとの交渉に尽力し、日米修好通商条約の締結にも関与した。また、幕府の外交顧問として、外国使節団の接待にも当たった。

円我は、明治維新後も、引き続き仏教界の発展に尽力した。明治4年(1871年)、東京の芝増上寺に浄土宗大学を開設し、明治13年(1880年)には、浄土宗の管長に就任した。

円我は、明治19年(1886年)、80歳で死去した。円我が果たした功績は大きく、明治天皇から、正四位に叙せられた。また、円我が開設した浄土宗大学は、現在でも、浄土宗の僧侶を養成する重要な機関として、その役割を果たしている。

円我の業績

円我の業績

– 円我の業績

円我は、江戸後・明治の僧として広く知られています。彼は、曹洞宗の僧侶として、多くの業績を残しました。

その中でも、特に有名なのが、曹洞宗の黄檗派の復興です。黄檗派は、江戸時代初期に衰退してしまいましたが、円我は、この黄檗派を復興させました。円我は、黄檗派の教えを説き、多くの弟子を育てました。そして、黄檗派は、再び曹洞宗の中で重要な位置を占めるようになりました。

また、円我は、曹洞宗の僧侶として、多くの書物を著しました。その代表作としては、『円我全集』があります。円我全集は、円我が生涯にわたって書き残した書物を集めたものです。円我全集には、円我が説いた教えや、黄檗派の歴史などについて記されています。円我全集は、曹洞宗の僧侶にとって、重要な文献となっています。

さらに、円我は、曹洞宗の僧侶として、多くの寺院を建立しました。その代表作としては、總持寺があります。總持寺は、江の島にある曹洞宗の寺院です。總持寺は、円我によって開山されました。総持寺は、曹洞宗の総本山として知られています。總持寺は、多くの参拝者が訪れる有名な寺院です。

円我は、曹洞宗の僧侶として、多くの業績を残しました。円我の業績は、曹洞宗の発展に大きく貢献しています。円我は、曹洞宗の歴史上、重要な人物です。

円我の思想

円我の思想

円我の思想

円我は江戸時代後期の禅僧です。近江国(現在の滋賀県)に生まれ、京都の建仁寺で修行した後、江戸に出て、芝の増上寺で住職を務めました。円我は、坐禅や念仏などの伝統的な禅の修行に加えて、儒学や洋学も学び、幅広い知識を有していました。

円我の思想は、儒教と仏教を融合させたもので、世の中を調和させ、人々を救うことを目指したものでした。円我は、人間は生来善であり、仏性を持っていると主張しました。そして、その仏性を発揮するためには、儒教の五常(仁・義・礼・智・信)の実践が必要であると説きました。

また、円我は、浄土真宗の開祖である親鸞の思想にも影響を受け、念仏の重要性を説きました。円我は、念仏を唱えることで、阿弥陀如来の救いにあずかり、浄土に往生することができると説きました。

円我の思想は、多くの人々に受け入れられ、大いに広まりました。円我は、「円我和尚語録」などの著作をのこし、江戸時代の思想界に大きな影響を与えました。

円我の思想の特徴の一つは、儒教と仏教を融合させた点です。儒教は、人間関係や社会秩序を重視する思想であり、仏教は、人間の内面や救済を重視する思想です。円我は、この両者を融合させることで、世の中を調和させ、人々を救うことを目指しました。

円我の思想の特徴のもう一つは、念仏の重要性を説いた点です。念仏は、阿弥陀如来の名前を唱えることによって、阿弥陀如来の救いにあずかり、浄土に往生することができるという教えです。円我は、念仏を唱えることで、人々が救われると説きました。

タイトルとURLをコピーしました