円雅:室町時代の僧侶・歌人

円雅:室町時代の僧侶・歌人

円雅の生涯と功績

円雅の生涯と功績

– 円雅の生涯と功績

円雅は、室町時代の僧侶・歌人です。円雅は、1358年に京都で生まれました。17歳の時、建仁寺の徳誉宗俊に入門し、出家しました。その後、諸国を巡り、歌の修行を積みました。1400年には、歌集『新古今和歌集』を編纂しました。この歌集は、室町時代の歌壇に大きな影響を与えました。円雅は、1428年に亡くなりました。

円雅は、師匠である徳誉宗俊から、歌の奥義を学びました。徳誉宗俊は、新古今和歌集の撰者の一人であり、円雅もまた、歌の才能を発揮し、多くの優れた和歌を残しました。円雅は、歌集『円雅集』を著しました。この歌集には、円雅の和歌1,000首以上が収録されています。円雅の歌は、自然の美しさや人情の機微を詠んだものが多く、その清澄な文体は、室町時代の歌壇に大きな影響を与えました。

円雅は、歌人としてだけでなく、僧侶としても活躍しました。円雅は、建仁寺塔頭である寿徳院の住職を務めました。円雅は、寿徳院で、多くの弟子を育て、歌の教えを伝えました。円雅の弟子の中には、後世に著名な歌人となった人物も少なくありません。円雅は、室町時代の歌壇に大きな功績を残した僧侶・歌人です。

円雅の歌風と作品

円雅の歌風と作品

円雅の歌風と作品

円雅の歌風は、幽玄さと華麗さを兼ね備えたもので、当時の歌壇において高い評価を得ていました。彼の歌は、自然の美しさや人生の無常、そして恋の喜びや悲しみなど、さまざまなテーマを題材としています。円雅の歌には、彼の豊かな教養と人生経験が反映されており、読者に深い感動を与えます。

円雅の歌の中で、最も有名なものの1つは「おくやまに紅葉ふみわけなく鹿の恋うる声聞くぞ哀しき」という歌です。この歌は、深山で紅葉を踏み分けて鳴いている鹿の歌であり、その声に鹿の恋の哀しさを聞きとっています。この歌は、自然の美しさと動物の愛らしさを巧みに表現しており、円雅の歌風の代表作として知られています。

また、円雅は「新古今和歌集」の撰集者としても知られており、この歌集には円雅の歌が多数収められています。「新古今和歌集」は、日本の和歌史上において重要な歌集であり、円雅の歌もまた、日本歌壇の発展に大きな影響を与えました。

円雅は、室町時代の僧侶・歌人として、日本の歌壇に大きな足跡を残しました。彼の歌は、優美さと深遠さを兼ね備えており、読者に深い感動を与えます。円雅の歌は、現代においても多くの人々に愛されており、日本の和歌史において重要な位置を占めています。

円雅の伝説と逸話

円雅の伝説と逸話

-# 円雅の伝説と逸話 -#

円雅は、室町時代に活躍した僧侶・歌人である。和歌の才能に優れ、多くの優れた和歌を残したことで知られている。また、円雅には数多くの伝説や逸話が伝わっており、その人柄や生き様を窺い知ることができる。

— 狐と円雅 —

円雅の伝説の中で最も有名なもののひとつが、狐と円雅の逸話である。

あるとき、円雅が山道を歩いていると、傷ついた狐に出会った。円雅は狐を哀れに思い、自分の衣で傷の手当てをしてやった。狐は円雅の親切に感謝し、円雅に和歌を授けた。その和歌は、

> -世の中に まことの道は ひとつのみ 道を踏み行く 人は其の道-

というものである。円雅はこの和歌を聞いて、悟りを開いたという。

— 円雅と後鳥羽院 —

円雅は、後鳥羽院とも親交があった。後鳥羽院は、円雅の和歌の才能を高く評価しており、円雅を宮中に招いて歌会を催した。円雅は後鳥羽院の歌会で、数々の優れた和歌を残した。

— 円雅と法然 —

円雅は、浄土宗の祖である法然とも交流があった。円雅は法然の教えに感銘を受け、法然の門下に入った。円雅は法然から浄土教の教えを学び、浄土教の普及に努めた。

— 円雅の死 —

円雅は、建保7年(1219年)に亡くなった。円雅の死後、円雅の遺徳を偲んで、円雅の墓所である円雅寺が建立された。円雅寺は、現在も京都市左京区にある。

円雅は、和歌の才能に優れ、数々の優れた和歌を残した。また、円雅には数多くの伝説や逸話が伝わっており、その人柄や生き様を窺い知ることができる。円雅は、室町時代の代表的な僧侶・歌人である。

タイトルとURLをコピーしました