– 赤田百久

– 赤田百久

宮城流の和算をおさめた暦算家

宮城流の和算をおさめた暦算家

宮城流の和算をおさめた暦算家

赤田百久は、18世紀の日本の暦算家です。宮城流の和算を学び、天体観測や暦の作成を行いました。特に、1771年に作成した「皇都暦」は、当時としては非常に正確で、広く使用されました。

赤田百久は、1725年に仙台藩の士分の子として生まれました。幼少の頃から数学の才能を発揮し、15歳のときに宮城流の和算を学び始めました。宮城流は、江戸時代初期に仙台藩士の宮城知周が創始した和算の一派です。赤田百久は、宮城流の奥義を極め、やがて師匠の知周を越えるほどの和算家となりました。

赤田百久は、和算の研究だけでなく、天体観測にも熱心に取り組みました。彼は、自宅に観測所を設け、夜通し天体を観測しました。その結果、彼は多くの新発見を行い、和算を使って天体の運行を予測することができるようになりました。

赤田百久は、1771年に「皇都暦」を作成しました。「皇都暦」は、それまでの暦よりもはるかに正確で、広く使用されました。この功績により、赤田百久は「暦算家」として名声を博しました。

赤田百久は、1783年に59歳で亡くなりました。しかし、彼の残した和算の知識と天体観測の成果は、後の世の人々に大きな影響を与えました。赤田百久は、日本の科学史上を代表する偉大な暦算家の一人です。

宝暦13年(1763)に「補数授時暦」をあらわす

宝暦13年(1763)に「補数授時暦」をあらわす

-宝暦13年(1763)に「補数授時暦」をあらわす-

赤田百久 は、江戸時代中期の日本の天文学者、暦学者である。

宝暦13年(1763)に、従来の授時暦の欠陥を補う「補数授時暦」をあらわして、幕府の採用するところとなった。この暦は、安永8年(1779)に廃止されるまで使用された。

補数授時暦は、授時暦の欠陥を補うために、以下の点で改良が加えられた。

* 日食、月食の食分の計算方法の改良
* 歳差の計算方法の改良
* 交点の計算方法の改良
* 季節の始まりの日の計算方法の改良

これらの改良により、補数授時暦は授時暦よりも精度が高く、使いやすくなった。

補数授時暦は、赤田百久の最も重要な業績の一つである。この暦は、日本の暦学の発展に貢献し、日本人の生活に大きな影響を与えた。

信濃(長野県)出身

信濃(長野県)出身

-信濃(長野県)出身-

大見出し「 – 赤田百久」の下に作られた小見出しの「信濃(長野県)出身」は、赤田百久の出身地である長野県について説明しています。

長野県は、日本の本州の中部に位置する県です。面積は13,562平方キロメートルで、人口は約204万人です。県庁所在地は長野市です。

長野県は、北アルプス、中央アルプス、南アルプスに囲まれた山岳地帯であり、県土の約7割が森林で覆われています。県内には、富士山に次ぐ標高3,193メートルの北岳をはじめ、多くの高峰が聳えています。

長野県は、また、豊富な水資源にも恵まれています。県内には、千曲川、信濃川、木曾川など、多くの河川が流れています。また、県内には、諏訪湖、野尻湖、白馬湖など、多くの湖沼もあります。

長野県の気候は、内陸性気候で、夏は暑く、冬は寒くなります。県内には、標高の高い地域が多いため、冬は積雪が多くなります。

長野県は、農業が盛んな県です。県内では、米、野菜、果物などが栽培されています。また、長野県は、畜産業も盛んで、県内には、乳牛や肉牛などが飼育されています。

長野県は、観光地としても人気があります。県内には、北アルプス、中央アルプス、南アルプスなどの山岳地帯があり、多くの登山客が訪れます。また、県内には、諏訪湖、野尻湖、白馬湖などの湖沼があり、多くの観光客が訪れます。

長野県は、自然豊かで、歴史と伝統のある県です。県内には、多くの観光地があり、毎年多くの観光客が訪れます。

タイトルとURLをコピーしました